fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての中部地方、初めてのA市、驚きの実態(2)暗闇の怖さと美しさを知る

今日のタイ語

ความมืดมิด クワーム・ムート・ミット=まっ暗、暗闇

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

問題事項も半分ほど取り除かれて光が見えてきたので、書き溜めておいた記事のUPを再開する。

***

これから書くことは、初めての中部地方の超ド級の田舎A市に住んだ10月中旬から12月下旬に起きた、知った、体験したことを順不同に書き綴った物です。

すでに生活環境(店舗)については以下で書いたので、それ以外のことを書いておく。

初めての中部地方、初めてのA市、驚きの実態(1)生活環境編、ショック!バゲットが食べられない!

注意:これを読んで市町村が特定できたとしてもコメント等に市町村名そのもの、または市町村を容易に推定できる内容、略語を記載しないでください。記載してあった場合、そのコメントは承認しません。

前回紹介した会社の寮(アパート)は夜暗くなってから表通りから寮へ行く道を曲がったとたんこんな感じなのだ。。。

これが某土曜日の19:30頃の”表通り”。
IMG_3584-1231m.jpg
街灯がほとんどなく、何かしらの看板の明かりだけが頼り。。。
この時間帯にして車が皆無って所が超ド級の田舎の証明。

そして路地に入ると・・・
IMG_3542-1231.jpg

IMG_3543-1231.jpg

なにこれ〜(°⊿°)?でしょ?
月明かりがないと足元も全く見えず。。。
どこからどこまでが道なのかも分からない。
この時はスマホのライトでようやく道が判別しどうにか寮にたどり着いたが、それ以降必ずライト(自転車の場合は自転車のライト)が必須だということを悟った。

自転車ライトで照らすと・・・
IMG_3585-1231.jpg
どうにか分かるよね?

近くに一軒だけある居酒屋のカウンター
IMG_3667-1231m.jpg
このお客さんは懐中電灯持参。

この居酒屋、歩いてくる人がほとんどおらず9割以上が車でやってくる。
駐車場も3箇所ある。

理由は歩いてこられる範囲に家がほとんどなく、皆車で来て代行で帰っているようだ。
みんなそうかどうかは知らないけどね┐(´д`)┌

居酒屋近くの交差点で信号待ちの老婆ももちろん懐中電灯持ち。
IMG_3726-1231.jpg
暗すぎてピントが合わず。。。

上の写真は交差点だからかなり明るいけど、一歩引いて足元を見ると。。。
IMG_3672-1231.jpg

人間の屍体が2-3体転がっていても全然気が付かずに踏んでしまう暗さ。

もう一つの怖さが、この農業用水?小川?
IMG_3735-1231.jpg
IMG_3964-1231.jpg
IMG_3636-0101.jpg

街中いたるところに流れているのだが、水はきれいで昼間見ている分には良いんだよ。

でもね、この川べりに何の柵もガードレールも無いでしょ?
昼は良いけど、街灯も皆無なので夜懐中電灯持たずに歩いたらドボ〜ン間違いなし。。。
月明かりが無いと暗黒、漆黒の世界。
知らない道なら足が踏み出せないくらい暗い。

車が来て慌ててよけたら・・・
怖くて歩けないよ。。。

まあ、朝も昼も夜も歩いているのはオレと小中学生と老人と外人だけ。
朝の通勤時間に小学生数人と、近くの工場に行く外人(言葉からフィリピン、ベトナム系かな?)2-3人とたまーに会う散歩の老人だけ。

20-50代の日本男女で歩いているのを見るのは非常に稀。
ここ2ヶ月半で見たのは全部でも20-30人くらいかな?
ほんとだよ。

人がいないのではなく、皆車で移動しているから。
ここはアメリカか〜?と突っ込みたくなるよ(゚∀゚)

歩行者もいない、街灯も無いような街なので、車は皆ハイビームで眩しいし、歩行者がいることなど全く考えずにいきなり右折左折してきて轢かれかけたのは2ヶ月半で3度もある。

そんな真っ暗闇の怖さを十分知ったよ。

でもね、この暗闇一つだけ良いことがあった。
真っ暗な中、空を見上げると満天の星が見えるんだよね〜
IMG_4002-1231.jpg

スマホカメラじゃ無理は承知で撮ったのだが、ほんと「うわ〜!」というほど綺麗な星空が見えるよ。
北斗七星もプラネタリュウムのように完璧に見えるし、うわー星ってこんなにあったの〜って久々に感動したよ。

写真に撮れないのが残念だけど。
満天の星1231

暗闇の美しさに感動したのは30年前のエジプトの星空と、10年前のやはりエジプトのシナイ山に登った時以来だね。
【16】いざ、シナイ山へ

ダントツに美しかったのはシナイ山だけど、ここA市の夜空もそんなに負けていなかった。

まあ、何事も悪い面もあれば良い面もあるってことだ。。。と納得している。。。

***

でもね、暗闇は良い面もあったけど、やっぱり悪い面しか無いケースの方が多かったかな?

続く・・・

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2018日本・中部地方(A市)短期滞在記 | 09:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

真っ暗闇

居酒屋のお客さんが、懐中電灯持参は思わず
笑ってしまいました!私はここ数年では沖縄の波照間島で夜、
街灯もほとんどなく、スマホの明かりを頼りに歩いたことが有りました。最近よく離島に泊りますが、街灯も増えて真っ暗闇というのは
最近体験してないです!市と言っても確かに陸の孤島なのかも知れませんね(笑)!

| asian night`s | 2019/01/16 01:13 | URL |

Re: 真っ暗闇

asian night`sさん
月明かりがないとホントに暗闇。
電気消されたプレハブ倉庫に押し込まれたような感覚で、目が慣れてもなーんにも見えず手探り状態です。
日本にまだこんなところがあったなんて・・・参りました・・・

| Damascus | 2019/01/16 09:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1459-834564f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT