fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton

今日のタイ語

ไม่จำกัด マイ ジャムガット=無制限の

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

既報の通り、今回は25000バーツというかなりの格安でBKK→LHR→MAD→NRTというチケットを確保した。

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!

後日談
あとで請求内容をもう一度見てみると、いつの間にかカード手数料489.40バーツが加算されていたー
pricesummary-1119.png

まあ、それにしてもこのルートからすると格安だと思う。。。

今回の旅程

10月31日
BKK 11:25→BA10→17:40 LHR(13h15m)
ロンドンに5泊

11月5日
LHR 12:55→BA460→16:15 MAD(2h20m)
マドリードに3泊

11月8日
MAD 12:30→IB6801→10:10(+1day) NRT(13h40m)

エコノミーで13時間超という拷問のようなフライト。
特にMAD→NRTは日本発着の最長フライトらしい(°皿°;)

荷物サイズ&重量規定

一番気になっていたのは荷物。
Brompton本体だけで11kgはあるし、その他着替え等を含めてどれくらい荷物が積めるのか?

発券まえにブリティッシュエアウエイズ(BA)とイベリアエア(IB)の荷物について調べた結果がこれだった。
(もちろん発券クラスにより違いはあるが、オレの発券クラスはほぼ最低クラス)

ブリティッシュエア

■預け荷物
サイズ:90 x 75 x 43cm
重量:23kg x 1個

babaggage-1120.png

23kgと重量は少なめだがサイズがデカイ

■機内持ち込み
キャビンバッグ
サイズ:56 x 45 x 25cm
重量:23kg x 1個



ハンドバッグ/ラップトップバッグ
サイズ:40 x 30 x 15cm
重量:23kg x 1個

babaggage-1120-2.png

とサイズ制限はあるものの2個で合計46kgまで持ち込める。
これは特筆もの!

だいたいラップトップバッグで23kgなんてありえないのだが・・・

参考:デルタやユナイテッドの米系の重量は無制限。

でも、さすがに紳士の国イギリスの方々は皆スマートで、オレのように最大サイズの荷物を持ち込む人は稀で、本当に小さめのキャリーバッグの人が大多数だった。
また、チェックイン時や搭乗時にどこかの国のエアラインのように「サイズ・重量を計らせてください」など野暮なことは一切言われない。

イベリアエア

■預け荷物
サイズ:158cm(三辺の和)
重量:23kg x 2個
ibbaggage-1120-3.png

■機内持ち込み
キャビンバッグ
サイズ:56 x 45 x 25 cm .
重量:無制限(?)x 1個



ハンドバッグ/ラップトップバッグ
サイズ:40 x 30 x 15cm
重量:無制限(?) x 1個

ibbaggage-1120-2.png

なお、HP上それぞれの個数についてはクラスごとに検索しないと出てこない。
オレの場合はこれだった。
ibbaggage-1120-4.png

素晴らしい!
機内持ち込みの制限重量の記載がない。
基本的に米系と同様、収納場所に収納できれば良いという合理的な考え方。

もちろんチェックインや搭乗時に確認されることはない。

ヨーロッパ、いやBA&IBスバラシ

完璧な梱包で出発〜

10月31日(木)

8:30ごろにアパートを出る。
荷物はこんな感じ。
IMG_7542-1119.jpg
基本的に着替え等日用品の多くは一昨日買ったばかりのBrompton用バッグ(VINCITA)に入れ、中型のキャリーバッグにはBromptonのフロントバッグ(S-Bag)、日本からタイに戻る際の資材購入品用バッグ(両方とも空)とヘルメット+すぐに使う日用品等のみ入れていたので軽い。

それにドイターの小型ザック、これはmacbook-air+α。

9:20過ぎスワンナプーム に到着しすぐにチェックイン。
IMG_7543-1119.jpg
3時間も前だったからかガラガラだった。。。

一番重いVINCITAバッグは規定通りの23.5kg。完璧( ^ω^ )
IMG_7544-1119.jpg

が、カウンターのお姉さん「オーバーサイズなのであちらでチェックインを」とオーバーサイズチェックインカウンターを指差す。
なんで〜?BAの許容サイズなのにねー?

すると「私がご案内します」と後ろにいた美女が笑顔でエスコートしてくれたので快く従った(^∇^)
IMG_7545-1119.jpg
IMG_7546-1119.jpg

***

出発前には定番のこれ
IMG_7551-1120.jpg
タイを半月超離れることになるのでしばらくは食べることのできないタイ料理。
味わって食べました。

それでは出発しましょうか〜
IMG_7553-1120.jpg

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

| 2019年イギリス | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1630-0bf62457

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT