FC2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ駐在編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員として再出発します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

美味いビールはこれだ!(ビール編)

今日のタイ語

คราฟต์เบียร์ クラーフッビアー=クラフトビール(大雑把にいうと地ビール)

ต์ท์と書く場合あり。英語なので人によって様々。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓参照

久々のヨーロッパ行きを強行予約、BKK→LHR→MAD→NRT 25,000バーツ!
イギリスへ行く前に、Bromptonをしっかり梱包しなくちゃ VINCITAで準備編
オレがサイクリストになったきっかけの地、イギリスへGO!with Brompton
久々のヨーロッパのエアライン、初めてのBritish Airways
3度目のイギリスはあっさり入国、名誉白人(゚∀゚)
ロンドンでマック、パブもマックもクレカで簡単決済
早速Bromptonでポタリング&フィッシュ アンド チップス
今回のトラブル第一弾、戦車博物館に到達せず・・・
ロンドン中心部ポタリング(1)自転車先進国イギリス!
ロンドン中心部ポタリング(2)ロンドンでは唯一Bromptonだけがサマになる(私見)
Bromptonの生まれ故郷までポタリング、道に迷いうのもまた楽し♪

余った写真で今回のイギリス滞在で発見したことやふーんと思ったことなどをバラバラと書いておく。

ビールは上面発酵がうまい

以前の会社で5回くらいアメリカへ出張をしたことがある。
大概、東部に入ってから中部を周り西海岸から日本に戻るコースだった。

初めてニューヨークに行った際、現地のサプライヤーの社長Rに色々とご馳走になったのだが、今でも憶えているのは「サミュエルアダムス」というボストンのビールと、本場フィラデルフィアで何度も食べたフィラデルフィアステーキだけ( ̄皿 ̄)

このサミュエルアダムス、今でこそ日本にも輸入されているようだけど、1990年代初頭には日本では見かけなかった。

オレが「これ、日本に持って帰りたいー!」と言ったら、社長のRが「じゃあ3ケースほど送りましょうか?」と冗談を飛ばしていたがオレは真剣だった(°皿°;)

それほどうまいビールだった。
美味いというか、日本にはない濃い味で旨味があった。
日本にはない味だったから新鮮だったのかもしれない。

***

今回、ヘイズの街のホテルに泊まったが、すぐ近くにあるThe Botwell Innというパブに毎日通った。

ホテルについては2年前散々書いたのでここを参照↓
ロンドンの超おすすめホテルとHaysの街、ロンドン在住の気分に浸れるかも?(1)BWA Hotel

正面
IMG_7681-1210.jpg


IMG_7800-1210.jpg

初日こそGuinnessとStellaという誰でも知ってるオーソドックスなビールを飲んだ。
IMG_7601-1210.jpg
IMG_7618-1210.jpg

が、地元民が飲んでるビールを観察していると、黒ビールほど黒くはないが普通のビールほど色が薄くない「茶色」というか「赤味がかった色」のビールを飲んでいる人が多かった。

なんていう銘柄だろう?
地元民が注文するタイミングを観察しているとAbbotという銘柄が比較的多いことが分かった。

2日目に早速注文してみる。
IMG_7624-1210.jpg

キンキンに冷えたビールサーバーではなく、なんだかクラシックなビールサーバから注がれたAbbot。
一口飲んでみて、あっ!これだー!と唸ってしまった。

そう、20年以上前に飲んだあのサミュエルアダムスを彷彿させる味だった。
現実にはサミュエルアダムスの正確な味は忘れてしまっているのだが、こんな感じの味だった、か???
多分今飲み比べたら「違う」ってことになるんだろうけどオレの好みの味だった。

ちなみにAbbotは上面発酵ビール(Ale)、サミュエルアダムスは「上面発酵でありながら下面発酵と同じ低温で熟成させ、飲みやすく、バランスの良いエールに仕上げてあります(日本ビールの宣伝文句)」で同じではないのだが似てる?

ビールの種類や製法についてはここを読むとよーくわかる。

味を文字で表現するのは難しく、また感じ方は人それぞれなんであくまでもオレの感じは

・少し酸味というかフルーティーさがあるかな?
・色と同じで深みというか味があって、何かつまみを食べながら飲むというより、ビールだけを舐めるように飲むのが合ってる。

ちなみに、提供される温度は一般的なビールと比べると高め。

本当に舐めるようにじっくり飲むのがおすすめだ。

***

最近は日本でもクラフトビールが流行っている(随分前から?)ようで、うちの近所にもクラフトビール専門店があるようなので、次回日本に行った時に寄ってみようと思う。

もちろんバンコクにもアイリッシュパブはゴマンとあるし、ドイツビール系の店もあるので高いとは思うけど是非Abbotを探しに行ってみようと思う。

多分Ale系のビールなら同じような味わいなんじゃないかな?

ちなみにこのThe Botwell InnではAbbotは確か1パイントで£2.79(うろ覚えです)と激安だった。
浴びるように飲むにはイギリスに行くに限る。

ナニナニ?飛行機代がかかるって?
それは別腹だ!!!(°ロ°;)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2019年イギリス | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1642-734290dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT