fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての海外勤務(2)タイの会社の福利厚生①社員旅行

今日のタイ語

บะจ่างバジャーン=ちまき

結構好きです。最近テスコロータス内の常設売店で売っているので週イチくらいで食べてるかな?
チマキ-1201

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓を参照

思い出のシーラチャ生活(1)中途半端で不便な田舎街、シーラチャ
思い出のシーラチャ生活(2)恐怖の闇貸し?
思い出のシーラチャ生活(3)行動範囲は徒歩1-2分のコックピット生活
思い出のシーラチャ生活(4)その他の行ったお店
思い出のシーラチャ生活(5)バンコク↔︎シーラチャ往復生活
初めての海外勤務(1)思い出の従業員との交流

2019年1月末から10月末までの9ヶ月間、シーラチャに住みながらR県にあるA-T社に駐在員として勤務していた。
注:日本の本社をA社、そのタイ現地法人をA-T社としておく。

***

タイの会社の福利厚生は日本とは比べものにならないくらい’充実している。

食事会、旅行、車内イベントの費用は全て会社負担。
従業員は1バーツも払わずに出席できる。

まあ、日本からの出張者が個人的な飲み食いやゴルフも会社負担でやっているようなので同じか?

A-T社でも例に漏れず色々あった。
いくつか記録に残しておこう。

社員旅行

1泊2日でチャンタブリーへ
大型バス1台+ロットトゥ2台で出発。
ロットトゥ1台はVIP車(事務所のスタッフ)だと聞いたが、せっかくなので大型バスに乗り込む。
IMG_5173-1108.jpg

この手の爆音バス、走っているのを見たことはあるが乗ったのは初めて。
車内の爆音はまだ理解できるが(会話は不可能なレベル)、なぜスピーカーを外に付けて爆音を流しながら走るのかは理解不能(。>д<)



車内はMAXボリュームで音楽を流し、ビール・ウイスキーを飲み、皆踊りながら移動していく。
ウイスキーは薄めずにそのまま。。。
IMG_5189-1129.jpeg

どんどん注がれるので流石に気持ち悪くなってきた。。。

宴の後・・・
IMG_5183-1129.jpeg
IMG_5182-1129.jpeg

***

宿泊先は池のほとりのバンガロー
IMG_5200-1129.jpeg
IMG_5197-1129.jpeg

この池は、元はエビの養殖池だったのだと思う。

着いて少し休憩の後どこかへツアーに行くと言っていたが、酔っぱらって寝落ちしてしまい目が覚めたら誰もいなかった
ちなみにオレはバンガロー一部屋をあてがわれた。

***

夜は併設の食堂で宴会。
いきなり最初の挨拶をさせられ焦る。

オレが席に着こうとすると、前の記事で書いたF、A、Xに手招きされて同じテーブルへ
IMG_5191-1129.jpeg

Fの隣に手招きされ、料理の取り分けやカニの身をほじくるのまでやってくれ、至れり尽くせりだった。

オレは朝からの飲み過ぎで早めに就寝したが、若者はここでも歌いまくり&踊りまくりで、翌日聞いたら0:00am過ぎまで楽しんだらしい。
IMG_5192-1129.jpeg

***

翌日はチャンタブリー市内散策。
Fから誘われて大型バスからロットトゥへ乗り換える。
このもう一台のロットトゥは前の記事で書いた一緒に食事に行った5人組が乗っていた。
車内でも「ナーイ、これ食べなさい!これ飲みなさい!」と
IMG_5201-1129.jpeg

バスを降りてFのグループと一緒に有名な教会や100年市場散策。
IMG_5204-1129.jpeg

IMG_5217-1129.jpeg
左が最年少で可愛いF、右が本格的な美女のA

途中休憩中、隣にいたFからスマホを見せられ「これ、私の子。旦那(正式には結婚していない)とはこの前けんかして別れたの・・・」と。

帰りの車内
最初は比較的静かだった社内だが、アルコールが入ってくると「音楽のボリューム上げて!」と運転手に言うと、皆立ち上がり踊りだす。


「ナーイも踊って~!楽しいよ~!」と言われたが流石にムリ・・・

夕方会社に到着し散会。

楽しかったなー
Fには世話になりっぱなしだった。
もう一度あのFのグループと旅行したい・・・ >_<

***

日本では会社の宴会や社員旅行は若者に極度に嫌われる傾向にある。
オレも大嫌いだった。

理由は「無礼講などと言われているが、実は仕事の延長で主役は年長者または役職」だから。。。
だが、タイの社員旅行の主役はあくまでも若者。
1-2万バーツの給料ではなかなかいけない場所に行け、なかなか食べられないシーフードなんかを食べられるから。

だと思う。。

***

チャンタブリーの100年市場で買ったお土産
IMG_5233-1129.jpeg

超激甘のラスクガーリックトーストで食べられなかったよ(°皿°;)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ■タイ駐在員生活2019 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1759-0fddd556

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT