fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初めての海外勤務(3)タイの会社の福利厚生②食事会

今日のタイ語

บังกะโล バンガロー=バンガロー
เต็นท์ テン=テント

最近タイではテントが流行っているらしい・・・

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。


ここまでの記事は↓を参照

思い出のシーラチャ生活(1)中途半端で不便な田舎街、シーラチャ
思い出のシーラチャ生活(2)恐怖の闇貸し?
思い出のシーラチャ生活(3)行動範囲は徒歩1-2分のコックピット生活
思い出のシーラチャ生活(4)その他の行ったお店
思い出のシーラチャ生活(5)バンコク↔︎シーラチャ往復生活
初めての海外勤務(1)思い出の従業員との交流
初めての海外勤務(2)タイの会社の福利厚生①社員旅行

2019年1月末から10月末までの9ヶ月間、シーラチャに住みながらR県にあるA-T社に駐在員として勤務していた。
注:日本の本社をA社、そのタイ現地法人をA-T社としておく。

***

充実しているタイの会社の福利厚生

第二弾は食事会

歓送迎会

オレと前任者の歓送迎会1回、事務所スタッフだけの歓迎会1回、やはり事務所スタッフだけのオレの送別会1回と3回あった。

この時は近くのゴルフコースのパーティ会場を貸し切っての歓送迎会
IMG_5006-1127.jpeg
安っぽい料理ばかりだったがそれなりの体裁を整えていた。

タイではお決まりのダンサー(コンパニオン)によるダンス付き٩( ᐛ )و
IMG_5012-1127M.jpg

従業員によるタイ舞踊
IMG_5015-1127M.jpg

食事会

A-T社の社長は2か月に一度程度タイに来て1週間程度滞在する。

この滞在中に「社員との親睦を深める」という目的で食事会を開催している。
それなりの人数がいるので、今月は「〇〇グループ」、次回は「△△」グループといった具合で1回につき10人程度の従業員を誘っている。

こういった食事会の費用も全て会社持ちで、従業員は1バーツも払う必要がなく、移動も全て会社手配のタクシー(バン)

社員旅行同様、日本では上司に誘われても行かない、または嫌々行く場合がほとんどだろう。
しかし、タイの従業員たちは結構心待ちにしている。

普段、40-50バーツの食事(日本の感覚では400-500円)だが、社長の食事会だと一皿200-300バーツ

2月の食事会
IMG_4304-1206.jpg

5月の食事会(社長抜き)
IMG_5048-1206.jpg

すでにこの頃から社長とは険悪な状態になっていた。
零細企業の社長にありがちなのだが、頭が悪くてとにかく子供。
少しでも意見を言おうものなら一瞬にして不機嫌になる、どーしようもない低レベルな人間だった。

他にも写真はあるが、どれも代わり映えしないのでこの辺で。。。

次回はオレの送別会。


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ■タイ駐在員生活2019 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1760-c1361562

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT