fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

再・50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す2019(4)A社を辞めたワケ

今日のタイ語

ผิดหวัง ピット・ワン=失望する

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ここまでの記事は↓を参照

思い出のシーラチャ生活(1)中途半端で不便な田舎街、シーラチャ
思い出のシーラチャ生活(2)恐怖の闇貸し?
思い出のシーラチャ生活(3)行動範囲は徒歩1-2分のコックピット生活
思い出のシーラチャ生活(4)その他の行ったお店
思い出のシーラチャ生活(5)バンコク↔︎シーラチャ往復生活
初めての海外勤務(1)思い出の従業員との交流
初めての海外勤務(2)タイの会社の福利厚生①社員旅行
初めての海外勤務(3)タイの会社の福利厚生②食事会
初めての海外勤務(4)別れ・・・
再・50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す2019(1)振り出しに、1社目面接
再・50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す2019(2)2社目一次面接
再・50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す2019(3)2社目であっさり決まった、現地採用決定

このシリーズは2019年にR県にあったAT社(日本のA社のタイ現地法人)を辞めて転職活動した2019/9-10月の記録です

A社:退職した日本の会社
AT社:A社のタイ現地法人

ついにA社およびAT社のことについて書くことになってしまった。
これはあまり思い出したくない、オレの人生の汚点なのだ。。。

A社とはどんな会社だったのか?

以前このシリーズでA社のことについては書いたが、あらためてこの山間部のど田舎にあるこの百姓が作った零細企業について書いておく。

【経営者】
■零細企業は皆そうだが、ここもオーナー企業

■創業者が会長、その息子が社長

■会長、社長は不可侵の神=会社ではなく宗教法人、軍隊または共産党に近い

■会長は社員に尊敬されているが、社長は内心馬鹿にされている(まるでどこかの国の9番目と10番目と同じ)

■会長が非常勤なのは理解するが、社長もオレがいた3か月間で1-2度しか出社しない
 どうも家でのんびりしているか、旅行でもしているようだ。
 以前、会社の稼働日にプーケットへ女と旅行した写真をFacebookに投稿して、社員の不評を買ったこともあるらしい。

■基本副社長(非創業家)=AT社の社長兼務が陣頭指揮を執っているが、副社長も週に1-2度しか出社しない
 忙しい忙しいと言っているが、半分旅行のような出張が多いと聞いた

■会議室には頭の悪い社長がよくやる「むつかしい漢字を使った四文字熟語」(ヤクザの事務所と同じ)が貼りだされている

■いろんな行動指針も貼りだされているが、よくある「言ってることは分かるけどね・・・」という標語が多い。
正範語録、XXの精神、禁句とか・・・
超寒村の百姓出の地元民でも分かるような分かりやすい言葉とか、自分の言葉で表現できないのかねー

正範語録-1228
こういうのはそれにふさわしい人が言うから言葉に重みが出てくるのであって、遊んでばかりの経営者が言ってもなんの重みも価値もない

■決断力がない、些細なことに時間をかける
これはなんでかと思ったが、要するにほぼすべての事項は経営者が決済する仕組みで、その経営者がなかなか出社してこないから全てにおいて時間がかかるということだった。

ちなみに、50,000円以上の購入は経営者の決済が必要(°皿°;)
購買部長に5万円ぽっちの決裁権もないとは・・・

注意:超寒村出身でも、百姓の出でも素晴らしい経営者は少なくない
そういう人はもともと頭が良いのだ(勉強ができるのとは違う)

が、おそらく9割以上はこんな感じの経営者なのではないだろうか?

***

まとめると、経営者完全独裁経営で部長と言えども社員を一切信用していないということ。

【社員】
そんな、信用されていない社員とはどんな人たちなのか?

■基本的に社員に大卒はいない(1-2人いるかどうか)

■社員は全員山と畑しかない超寒村の地元民

■現場に入りそこからたたき上げられた者が管理職となっている

■新入社員(多分入社1-2年目?)は朝、他の社員が通るところで直立し、前を通る社員に大きな声で挨拶する。
まるで軍隊?共産党?

【方針】
■社内の原価管理の諸元は販売金額と部材の購入金額のみ
 要するに実際原価や利益は社員(管理職含む)にも非公開、利益がいくらあったのかはトップシークレット

■対外的には売り上げ金額、従業員数といった主要情報も非公開

■大型高額設備でもポンと買う。ある管理職の言葉「ウチは金だけは持ってるんだよなー」

■下請法に明らかに違反している行為あり(ただし、A社自体が零細企業なので非対象なのかもしれないが)

■ISOも持っているが、基本的に取得するために作っただけで運用はされていない。

■結果が全てで、経緯が全く残らない仕事のやり方(ひとの技を盗め的)
 おそらく教えることができないのだと思う。

■社内の規定はそれなりにあるが、規定番号も取られておらず、内容が現実と全く合っていない。
でも、総務部長は「そーなんですよねー」で終わり。社員に聞くと「ウチは社長の言葉が法律で、文書に記しても仕方がない」とも。。。

まさに中国や北朝鮮の様に「ウチは法治国家」と言いながら、法を超越する共産党や労働党が存在しているのと同じ。

***

A社に入社する前から不信感が募っていたのだが、それは以下のシリーズで書いたのでこれ以上書かない。

50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(6)応募書類は送ったがなしのつぶて・1社目
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(7)やっと電話が来て面接、意外な反応が・1社目
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(9)ついに「採用連絡」♪それにしても反応が遅いA社&ブラック系疑惑
50代半ばのロクデナシがタイで仕事を探す(10)入社を決断する前に細部確認してみたら「えぇ〜???」ってことばかりだった

また、入社してからも「経営者からの指示が来なくて何もやれない総務部長に怒り爆発した」し、いい加減な書類でビザ申請不受理にされた総務課長。
もうこの会社ダメだな・・・と入社直後から感じていた。

詳細はこのシリーズ参照
NON-B VISAへの道(1)申請条件で大きな落とし穴にハマる

***

つまり、実質入社3ヶ月で完全に嫌気がさしていたのだが、3ヶ月我慢すればタイで働ける!という希望に一縷いちるの望みを託たくしていたのだが・・・

次はA社のタイ現地法人AT社とAT社のMD(社長)について書いて、このシリーズを終わりにしたい。。。

つづく・・・


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ■50代のロクデナシがタイで仕事を探す | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1766-86bfc49e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT