fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイの会社の”実質”年間休日は意外に多い

今日のタイ語

พักร้อน パックローン=避暑休暇、ニュアンス的にはバケーションだが、単なる休暇(特に有給休暇)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

以前書いたようにタイ企業のカレンダー上の休日は少ない(日本と比べ)。
今の年間休日はわずか100日程度。

休日が少なくてもポジティブになれるワケ

これは、隔週土曜日休日が多い製造会社(工場)では平均的なのではないか?と思う。

しかし、タイでは年度途中で突然休日が増えるケースがままある。
王室関係の不幸な出来事とか、なにかしら新たな出来事が起きた場合突然休日になる。

***

これとは別にタイの労働法に基づく各種有給休暇は充実している。
以下は現在の会社の休日だが、基本どこも同じだと思う。

■有給休暇:勤務1年後に6日、それ以降1日追加

■傷病休暇(有給):年間30日、これは病気怪我が理由の休暇で、長期連続の場合は医師の診断書が要求されるが、1-2日の程度の場合診断書は不要
二日酔いで目が覚めたら頭が痛かった・・・などという場合も使えるかも?1-2日の程度の場合基本は自己申告なので自由度は高い(笑)。

■用事休暇(有給):年間3日、これは特別な用事(用事の種類は限定されていない)の場合3日まで有給で休めるというもの。実質的に有給休暇+3日休めるという便利なもの

ここまでは全社員共通
以下はその人の属性により取得できる

■出産休暇(有給):取得は98日まで可能だが、有給は45日まで。もちろん日本同様出産前から使える

■兵役休暇(有給):60日。タイは徴兵制度がある。兵役に付けば軍から給与が支給されるが、
この兵役休暇は予備役軍人が招集された場合に使うらしい(60日は二重取り?)。

■出家休暇(無給):1か月未満、まあタイらしい

■不妊手術休暇(有給):医師の診断により指示された期間。どうも過去の多産傾向から「人口抑制」のため制定された経緯があるようだ。

日本なら出産休暇以外は「通常の有給休暇」で処理すべき案件でも、個別に細かく規定されている。
つまり、年間6日+αの有給休暇だけじゃ少ない!というわけではなく、いろんな理由を付ければ40日近い有給の休暇を付与されるので結構多いと思う。

以前勤めてた会社(日本)では年間休日125日くらい+有給20日(繰り越しによる)=145日
今の会社は年間休日100日くらい+有給6日+用事休暇3日+傷病休暇30日=139日
ほぼ同じだね

ということで、カレンダー上の休暇は少なく見えるが、有給休暇の使い方次第で日本並みの休日数が確保できるというもの。
ただし、傷病休暇を毎年満額で使っていると会社から疑惑の目を向けられるかも?



なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 現地採用生活2021 | 22:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2021/02/19 21:07 | |

Re: 年間休日日数

k7さん
コメントありがとうございます。
年間84日、月1回土曜日休暇はちょっと厳しいですねー
私の勤め先は数年前まで90日/年程度だったようですが、経営者が変わって今では100日/年(隔週土曜日出勤)です。
日本で長年働いた身としてはかなり厳しいのです。
若い頃なら全然平気でしょうが。。。
私の年齢(50代半ば)では正直チト厳しいです。。。

ただし、会社の雰囲気(または経営者の度量)にもよりますが、週休2日でやることなくてパチンコしている日本のサラリーマンより、タイで年間休日84日で仕事をする方が充実すると思います、無責任な発言ですがご容赦を(。>д<)

| Damascus | 2021/02/19 23:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1772-ac23e305

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT