fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メーサローンで雲南麺と餃子と言えばここ

今日のタイ語

ท้องถิ่น トーン ティン=ローカル、現地

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

一番最初にも書いたが、今回ここメーサローンに来た目的は
・雲南麺を食べる
・冷たい空気に触れる
この二つ。

到着と同時にバンコクよりは10℃、チェンライ市内よりは3-4℃低い空気に触れられて満足。

では雲南麺を食べに行きましょう

メーサローンで雲南麺といえば雲南麵餃舘

13年前は日帰りだったこと、事前調査不足で食べなかった。

ここメーサローンには雲南麺の店がいっぱいある(というか基本雲南料理店が中心)なのだが、オレが目を付けたのはここ「雲南麵餃舘」
メーサローン&雲南麺で検索すると必ずヒットする店

シンセンゲストハウスに泊っているのもこの店とセブンイレブンが徒歩圏内だから

場所はここ


***

この辺りは山の斜面なのですごい坂道を下る。
IMG_3380−0110

サンダルだと怖いくらいの下り坂

セブンイレブンの先を更に下った途中にある。
IMG_3382-0110.jpeg
IMG_3392-0110.jpeg

帰り道が少し不安になる

IMG_3390-0110.jpeg

正面の看板にはこう書かれている
IMG_3391-0110.jpeg

中国風の字体は少し読みにくいね(以下直訳)

เชิญแวชมและชิม立ち寄って見て食べてください
บะหมี่ยูนนานバーミーウンナン(雲南中華麺)
วัฒนธรรมอาหารท้องถิ่นローカル料理の文化

店自体はそんなに狭くないのだが店内4-5席+外2席の余裕の配置

メニュは柱に貼ってある。
IMG_3386-0110.jpeg

基本「雲南麺(バーミ―ギアオ=ワンタン入り中華麺)と餃子(ギョ―サー)の2種類のみ

雲南麺:普通40バーツ、大盛り50バーツ
餃子:小40バーツ、大80バーツ

もちろんこの2品を注文

5分ほどで出てきたのがこれ
IMG_3384-0110.jpeg

麵はいかにも中国麵でバーミ―と言っても白っぽい
細い平麵で稲庭うどんを薄くした感じだが、もちろんコシはない中華麺
スープに入っているのだが、麵が絡み合って非常に食べにくいのが特徴

お味は?
うん、これぞ中華麺の王道!

どことなく、以前東京で食べた馬子禄の蘭州拉麺を思い出す。
この時にも書いたのだが、本場中国の麵料理は素朴でシンプルで薄味が基本

日本で言うと素うどんっぽいやつ?
味や系統は全然違うが、平塚にある老郷(ラオシャン)ラーメン?ここも麵が白っぽい
ラー油を入れて食べるところが蘭州拉麺にも似てる

ミッションの合間に食べ歩き♪

この雲南麺も上に載せてある辛みを混ぜて初めてスープとしての旨味が出る

更に辛味をマシマシにすると更に美味い!
IMG_3387-0110.jpeg

旨い!と叫ぶほどではないが中華麺の基本中の基本の味がしっかりした料理だと思う。

中華麺はここからラオス、ベトナム、日本に広がり様々な味に変化しながら各国の食文化に影響を与えている。
偉大な料理だ。
IMG_3389-0110.jpeg


一方、餃子
IMG_3385-0110.jpeg

10個で40バーツ
旨い!

雲南麺より餃子のほうが断然日本人受けする味だと思う
少なくとも餃子の王将よりはこっちの方が好きだ

IMG_3388-0110.jpeg
タイ語も英語も中国語も読める( ̄皿 ̄)

日本人はあまり意識していなけど、漢字が読めるって素晴らしいことだよ!

ここには28日の昼と29日の朝の2回来た。

満足です♪

***

これで「雲南麺を食べる」と「冷たい空気に触れる」の2つのミッションコンプリート

次回はもう一軒の食堂のことも書いておきます。

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| タイ2021/旅【1】メーサローン | 09:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1883-8ad78c17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT