脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

避暑旅・ニッポン(6)「自費」は無「慈悲」・・・

4月18日(土)

実は日本に来てから体調がすぐれない・・・
寒さからかな〜?とも思ったが、どうもあの4/9の朝の激痛以降お腹の調子が悪いのだ。。。

症状は
・お腹が張った状態・・・でも下痢気味
・食欲不振

オレって結構臆病だから、体調悪い時はすぐに病院に行っていた。
仕事なんか放っておいても自分の体調管理を常に優先していた。当たり前だけど。。。

もう、来週火曜日にはバンコクに帰るので、それまで我慢してバンコクの病院に行こうか?とも思っていたけど、どうせなら日本にいる間のほうがいいかな。。。

バンコクに戻ってからっていうと海外旅行保険(クレカ付帯)が使えるのだが、厳密に言えば出発前から症状があるのでまともに申告すればダメだろう。。。

後で面倒なことに巻き込まれるのも嫌だったので、今日午前中近所の総合病院へ

オレ、健康保険証持っていないので一体いくらかかるんだろう?
これが唯一の心配だった・・・

でも、今までの例からいって、いろいろ検査した時でも3割負担で4−5,000円程度だったかな?
問診だけだと数百円。。。

単純に3.3倍しても20,000円持ってけば安心かな?

9:00am受付
病院の問診票に最近海外に行ったことがありますか?国は?期間は?とあったので、正直に書いた

『あり、行き先:タイ、12月末〜4/13』


最近の症状欄には
『4/9朝方、キリキリ痛むような腹痛あり。薬局で購入した薬2種類を服用。夕方までには激しい腹痛治る。
4/10以降激しい痛みはないが、腹部の違和感(張り?)が現在まで続く。下痢も治らない。』


まあ、こう書けばどうせ「あぁ〜、タイで食あたりですか?ハハハ正露丸でも飲んでおきなさい♪」で終わっちゃうかも55

内科の前で待っていたら看護婦から更に
・前日食べたもの
・服用した薬名
を聞かれた。。。

その時ふと「そういえば、2日前に生カキ食べたな〜」って思い出したけど、2日後に発症するのも遅すぎる?
薬名は撮った写真を見せて、こっちが腹痛止め、こっちが下痢止めって看護婦に説明したけど「これタイ語ですよね?ハハハ」で終わってしまった。。。

さて、医者の問診
この医者めちゃくちゃ丁寧でオレの言ったこと(問診票に書いた内容)を丁寧にパソコンに入力している。
いろんな可能性を提示してくれて「じゃあ、まず血液検査と尿検査で肝炎や肝臓の数値、白血球なんかを調べましょう。
ウイルスや炎症の可能性はこれでほぼ分かりますから。ついでに腹部エコーと腹部CTもやっておいたほうがいいかな?」って。。。

まあ、血液検査くらいはやっておいたほうがいいとは思ったけど、エコーとかCTやられたらいくら診察費がかかるか???やばいな〜
結局、予約取ったり結果は一週間後という話だったので、バンコクに帰らなきゃいけないので無しになってちょっとホッとした55

で、血液検査と尿検査が終わって検査結果を聞きに再度診察室に・・・
入った時、医者がパソコンモニターに表示された結果データをじぃ〜っと見つめて深刻な顔・・・

えっ?何かやばい???

ドキドキしながら入室

医者は開口一番「えぇ〜、ひとつ問題が発見されましたね〜」

えぇ〜、やっぱり何かウイルスに感染していた?それとももっとやばいやつ???
もう、ドキドキ。。。

医者「あぁ、今回の腹痛とはあまり関係ないど、尿酸値が高いね。。。
って・・・

555555

そりゃあ、先生!わかっていますよ。。。
なんてったって痛風発作経験3回ですから555


いろんな話をしたけど、この尿酸値を抑える薬やっぱりタイでも飲んでおいたほうが良いっていうアドバイスを丁寧にもらう。

結局、腹痛に直結するようなデータは何もなく、腹部触診でも「問題なし」で終わった。

あと、心配ならバンコクで腹部CTと腹部エコーを受けなさいとか、いろいろ丁寧にアドバイスをいただいた。

最後に、「そうそうあなた血圧も高めですね〜?薬処方しましょうか?」と。。。

腹痛で診察してもらって「尿酸値と血圧の高さ」を指摘されて診察終了しました555

で、最後の会計。。。
これもドキドキでした。。。

で結果は・・・
IMG_3570-1.jpg

初めての「負担10割」
IMG_3570-2.jpg

して、請求額は・・・
IMG_3570-3.jpg
保険効いても3000円強かな?
久々だったので初診料もかかったんだろう。。。

まあ、これくらいでよかったけど、
やっぱり全額「自費」の10割負担は無「慈悲」だな〜

タメになった♪面白かった♪と思ったら
ぽちっとお願いします♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

タイ・ブログランキング

| 2015日本【2】神奈川 | 15:17 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
1年間位は、海外旅行保険の最低保証に加入された方が、安心だと思います。後、感染症の予防接種は必ず。

| ベン | 2015/04/18 19:07 | URL |

Re: タイトルなし

ベンさん
助言ありがとうございます♪

最初、そう思って長期の旅行保険・留学保険をいろいろ探しました。
だいたい1万円弱/月からあるようですが、やっぱり10万円超/年となると二の足を踏んでしまいました。。。

今はクレカの付帯保険だけでどうにかやっていますが、今年一年はこれで我慢しようか?と思っています。
理由は
①日本の国民健康保険は退職した翌年は高すぎる。翌々年以降だったら、今年無収入だった分かなり下がるので再検討の余地あり。本当に大きな病気や怪我の場合は帰国して保険で対応するしかないかな?と思っています。

②今のところ、怪我や病気の際のシュミレーション費用と保険料では保険料のほうが高いと思っています。
もちろんシュミレーションには限界がありますし、確率の問題なんですが。。。
死亡保険は本人がもらえないので全く意味なく、死にぞこなった時の生きる費用をいくらシュミレーションしても「最悪のケース」か「最善のケース」しか想定出来ませんので、もう運を天に任せるしかありませんね。。。

なので、最近タイで「仏教徒」になりつつある自分がいます555

加齢とともに、今後いろんなリスクが高まるのは理解しているんですが、最終結論はいまだ出ていません。。。
ギリギリまで待つ性格なので555

| Damascus | 2015/04/18 19:35 | URL |

医療保険

Damascusさん

またまた参考になります。ありがとうございます。

実は、私も日本で全く医療保険に入っていません。って言うか住所も10年前にアメリカへ転出し、そこから今年タイです。
アメリカでの医療保険は昨年10月に切ったし、考えると今は何も入ってないですねぇ~ 考えないと・・・

いずれにせよ、お大事に!

| ALSTER | 2015/04/18 22:51 | URL |

Re: 医療保険

ALSTERさん

タイでの保険は何かしら考えたほうがいいですかね〜?
あと、定期的な健康診断も。。。

| Damascus | 2015/04/19 09:12 | URL |

やはり老人(失礼)にとって深刻な問題ですね。
私は、今年初めに吐血、知り合いの医師が務める国立病院に入院したのですが、検査機器もなく不安で私立病院に医カメラ検査に行きました。やはり医療機器も腕も雲泥の差、まあ国立病院は先生の家族扱いで半額と安かったですが、胃カメラ30000バーツにはちょっとびっくりしました。
タイの医療保険もいろいろ検討していますが、高い割に保証は手薄い、のど元過ぎれば・・・・。
重病になったら帰国、国民健康保健かな???
帰国申請で即日ないし翌日には公布されるようですが、退院後すぐの転出はどうなのかな???

| alfa | 2015/04/19 09:57 | URL |

Re: タイトルなし

alfaさん

若干50歳7ヶ月なので、まだ青年と自覚しています55

ところで、医療保険、私もタイの保険を調べたことあります。
おっしゃる通りで日本と比べるとコストパフォーマンスが悪いですね。
補償金額なんてほんと「えっ?たったこれだけ?」ってのが実感です。。。

何か重大なことが起これば日本に戻るのが一番かな?と私も思います。
退院後すぐに解約(転出)しても制度上問題はないと思いますよ。後ろめたさはあるかもしれませんが55

使えるものはなんでも使う!という強い意志で自分の健康と財産を守りましょう♪

| Damascus | 2015/04/19 10:51 | URL |

クレカ海外旅行保険

この前9ヶ月滞在で6回病院にお世話になりました
全部クレカの保険で処理全額返ってきました
裏技教えます・・・ブログでもアップします(^_-)-☆

| Marky | 2015/04/19 11:57 | URL |

Re: クレカ海外旅行保険

Markyさん
ぜひその裏ワザ教えてください♪

| Damascus | 2015/04/19 16:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/189-22196360

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT