fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハノイへGO !タイ→ベトナム・ノービザ入国(まとめ)2022年4月現在の必要書類・条件

今日のベトナム語

trà チャー=茶

英語 tea、フランス語 thé、ドイツ語 tee、スペイン語 té、アラビア語 شاي‎(シャーイ)、タイ語 ชา(チャー)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

注意:4/27をもってオンライン医療申告制度は廃止(中断)されたため必要なくなりました。

以下の条件での実績です。
1、バンコクからハノイ・ノイバイ空港へ空路で入国
2、4月28日の午後

ノービザ入国マニュアル(バンコク→ハノイ)

以下黒字は在ベトナム日本大使館HPでの情報(4/28時点)=大使館情報通り
赤字は違った(実態)箇所、青字はその解説
【概要】
●日本人の入国については、旅券の種類及び入国目的にかかわらず、入国日から15日間の滞在については査証免除。

●ベトナム入国に先立ち、以下のいずれかの方法で実施した検査の陰性証明書を取得・持参。
 PCR検査等及び陰性証明書の要件は、以下のとおり。
(1)証明書の発行機関:証明書は在ベトナム日本国大使館からベトナム政府当局に通報した日本の医療機関で取得

➡︎何度か書いたが、闇医者の病院以外だったらどこでも大丈夫だと思う

(2)検査形式:RT- PCR検査、RT-LAMP、クイックテスト(抗原定性検査のこと)のいずれか
(3)検体採取方式:鼻咽頭ぬぐい液方式(唾液は認められていない)
(4)証明書の媒体:紙
(5)証明書のフォーマット:あり(在ベトナム日本大使館作成)
(6)ベトナム政府当局が求める事項:
 ➀証明書は、英語又はベトナム語。
 ➁証明書には、渡航者氏名、年齢(生年月日)、性別、国籍、パスポート番号、日本での住所、ベトナムでの住所、医療機関名、検体接種日、検査日、検査法(「PCR、LAMPまたは抗原定性検査」を選択)、検査結果、入国予定日、陰性証明書の発行日が必要。
 ➂証明書には、検査を受けた医療機関の有効な印鑑と署名が必要。

●入国24時間前以降にオンライン医療申告を実施。画面に表示されるQRコードをスクショし保存。

➡︎万が一の為にスクショしいておいた方が良いが、出発空港、到着空港ともに確認されなかった。

●ワクチン接種の有無や回数は入国の条件としては規定されていない。
 しかし、オンライン医療申告には接種記録を登録するため、接種証明書を持参したほうが良い。

➡︎オンライン医療申告で必要なだけで、出発空港、到着空港ともに確認されなかった。

観光目的での入国に際しては,新型コロナウイルスの治療費をカバーするため最低10,000USD以上の保険加入が要件

➡︎「要件」になっているのは間違い無いのだろうが、出発空港、到着空港ともに確認されなかったし、オンライン医療申告でも申告対象外なので無くても問題ない。しかし、現実問題旅では不測の事態が起きる可能性があるので、一般論として付保することは大切である

●ベトナム滞在中、オンライン医療申告アプリ(PC―COVID)を使用。

➡︎何もしなくても問題ない。何かあったら使用する程度

●入国後の隔離期間はなくなりました。

やるべきことと解説

1、72時間前までのPCR検査または24時間前までのATK検査とその証明書取得&持参

出発空港(スワンナプーム )でチェックインの際確認されるのは上記の陰性証明書のみ。その他は一切確認しなかった。
確認された書類は日本大使館作成のフォーマットではなく、病院発行の検査レポートだった(詳細はここ)。

2、ベトナム入国24時間前まで24時間前からのオンライン医療申告

個人情報を入力するのだが、添付すべきデータは以下の通り

(1)日本大使館作成のフォーマット通りの陰性証明書
(2)ワクチン接種証明書(必須要件ではないと書かれてはいるが、入力&接種証明書データ添付することになっているのであった方が無難。なくても良いと思われる)

ベトナムへのノービザ入力では、このオンライン医療申告が一番重要で、この申告がされていて申告内容がベトナム政府の条件に合致していれば、入国時の検疫が省略される(一切の書類・データの提出・提示が不要)。

タイのThailandpassと同じようなシステムだが、Thailandpassでは必要なQRコードの提示すら不要だった。
おそらく、申請・承認されていれば入国審査で個人照会されているのだと思う。
もし、無申告や申告内容に疑義があれば入国審査で止められるのでは?と思う。

ただ、申告期限がベトナム入国24時間前からなので、極論すれば空港到着後入国審査の直前で申請しても良いことになっているので、本当に照会しているのかは疑問がある。

入国者の個人データを蓄積しておくだけが目的なのかもしれない。
その個人に何か問題が発生した際に初めて日の目をみるのか?w

未申告だった場合は出国時に何らかのトラブルに巻き込まれるのは必至なので、変な気は起こさぬように。

注意事項

このマニュアルは2022/4/28にバンコク・スワンナプーム 空港を出発し、ハノイ・ノイバイ空港に到着した際の実績を記しただけです。

上記の日以外、出発空港が違う、到着空港が違う場合には適応されない可能性があります。

常に日本大使館のHPを注視し、要すればベトナム大使館、ベトナム入国管理担当官から情報を入手することを強くお勧めします。

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ハノイ【1】4月 | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1925-d9d86af7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT