fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイのカオピアックの中では一番美味しいカオピアック・ウドン

今日のタイ語

ามล้อサムロー=三輪車のこと、タイヤが三つある乗り物の総称で自転車型、バイク型、車型(俗にいうTUK-TUK)も全てサムロー
TUK-TUKでも通じるが、タイの人(特に地方)は99%サムローという。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ウドンmap作りました♪

まだまだ未完成なので写真も含め情報追加していきます♪

***

さて、話は少し戻ってウドンターニ空港からタクシーに乗って旧バスターミナルへ移動した時の話

当初は旧バスターミナルからサムローに乗って行こうと思っていた店がある。
が、せっかくタクシーに乗ったので運ちゃんに「バスターミナルに行かず、カオピアックウドンの店」に行ってほしいと伝えた。

運ちゃんはしきりに「1メーター1か所なのでそこに寄ったらバスターミナルには行かないよ(行くなら+200バーツという意味だと思う)」と。。。
店からバスターミナルへは歩いて行ける距離なので了解した。

が、店の近くまで行っても店が見つけられず。
運ちゃんもあれ〜?ってな感じだったが、その周辺にはGrabのバイクがいっぱいいたので多分この辺りにあるはずと交差点近くで降りた。

車の陰で見えにくいがGrabバイクがタムロしていた場所
IMG_4995-0606.jpeg

周りを眺めていると道の反対にこんな看板が
IMG_4987-0606.jpeg

店名は同じくラーン・カオピアック
まあ、ここでもいいや・・・と近づくと・・・
IMG_4987-1-0606.jpeg
「5/7から11/1まで一時移転します」との表示が。

なるほどー道の反対側に移転してきたのね〜
儲かりすぎて店舗拡大するのかね?

相当儲かっているんだろうね〜
サムローやタクシーの運ちゃんに聞けば一発でわかるような店だしね〜

運ちゃんもオレも店のあった方を見ていたのでこっちにあるのを見逃していたようだ。

早速入店
IMG_4992-0606.jpeg

店の作りは旧店舗と似たようなもんだが・・・

IMG_4989-0606.jpeg

メ、メニューが・・・・
IMG_4993-0606.jpeg
まるで高級レストラン並み・・・

2016年当時の記事の写真↓を見て貰えばわかるが「ร้านอาหารラーン・アハーン =食堂」→「ภัตตาคารパッターカーン=レストラン」に昇格した感じ。

ウドンターニの名店を訪ねる「カオピアック・ウドン」

このメニューを見る前に「カオピアック」と言って注文してしまったのだが、129バーツのプレミアム・カオピアックを注文すればよかった〜と後悔
IMG_4990-0606.jpeg

まあ、麺とスープは同じで具材がプレミアムなんだろうけど。。。

来ました〜、カオピアック・ウドン
IMG_4991-0606.jpeg
ここウドンターニでしか食べられない(はず)ご当地カオピアック

やっぱりどう見ても「うどん」だよね〜( ̄皿 ̄)
IMG_4994-0606.jpeg

ちなみにここウドンターニは地元民には「ウドン」と省略されます。

どろっとして芳香なスープ
麺はもちろん太麺でモチモチ

肉がちょっと硬いけど、地元民も手で摘んでカジカジしてます。

***

タイにはカオピアック(イサーン北部での呼び)やクワイジャップユアン(ウボンラチャタニでの呼び)があるけど、基本は同じもの。
店による違いの方が大きい。

下記記事を参照
「クワイジャップ・ユアン」と「カオ・ピアック」は本当に同じものなのか?(1)ウドン出身の一般人の証言
「クワイジャップ・ユアン」と「カオ・ピアック」は本当に同じものなのか?(2)ウドン出身のプロの証言を加味 《付録:タイの麺類》

ラオスのカオピアックと比べるとタイのカオピアックはかなり落ちるが、ここウドンのカオピアック・ウドンだけはかなり違う=美味い!

ラオスを100点としたらウドンは75点くらい、他は55-60点レベルかな?

***

久しぶりに食べたカオピアック・ウドン、
満足してサムロー拾って旧バスターミナルに向かう。

センタン前に移動してロットトゥでノンカーイの国境検問所まで。
この移動は↓参照

ウドン⇔ノンカーイ⇔ビエンチャン、今時の公共交通機関事情(1)ウドン→ノンカーイ編

さて、いよいよ国境を渡ってビエンチャンに行こう!

つづく


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1948-7d87031e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT