fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウドン⇔ノンカーイ⇔ビエンチャン、今時の公共交通機関事情(4)ビエンチャン→ノンカーイ編②

今日のタイ語

อัตรา アットラー=率、レート
อัตราค่าโดยสาร アットラー・カー・ドーイサーン=乗客の料金レート=料金表

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

11:00少し過ぎにタラートサオにあるセントラルバスステーションを出発。
IMG_5075-0612.jpeg

運賃は12,000キープ(24バーツ)だったが、チケットは8,000キープ(16バーツ)を訂正してあったので最近上がったのだろう。。。

30分くらいでラオス側イミグレ着。
イミグレはガラガラそうだったので先に免税店に寄ってみたが・・・

今時の免税店事情@友好橋ラオス側

IMG_5082-0613.jpeg
IMG_5084-0613.jpeg
IMG_5085-0613.jpeg

少量のアルコールとタバコだけ。。。
3年前に既に寂れてはいたが、今ではまるで廃墟。

裏にあった闇市場も解体、その奥のモール(緑の看板)も閉鎖されている様子。
IMG_5083-0613.jpeg

タバコはあるか?と見て見たら、メビウスが25ドルでまともそうだったけど高すぎ。
このマルボロは超怪しい???

IMG_5086-0613.jpeg

そもそもマルボロのロゴが違うような気がする。

IMG_5086-0613-1.jpeg

200バーツ?値段も安過ぎ?

以前ミャンマー(タチレク)でこれと同じようなタバコを買ったことがあるけど、タバコの葉の代わりにオガ屑でも詰めてんじゃないの?ってな代物だったことを思い出した。

一箱吸ったら肺がん間違いなし(。>д<)

今時のタイ側イミグレ事情@ノンカーイ入国

ラオス側イミグレは相変わらずガラガラ
IMG_5087-0613.jpeg

イミグレでは当然Thailandpassの提示を求められる。

橋専用のバスは京都市バス
IMG_5088-0613.jpeg

3年前はビエンチャン市内でもいっぱい見かけたが今回は初めて見た。
すでにエアコンは効かずメンテナンスダメダメ度合いはタイと同じ(。>д<)

***

タイ側に到着するとまず検疫ブースを通る

これ以降ステップは以下の通り

1、検疫所でパスポートとThailandpassを提示

2、質問表を受け取る
全てThailandpassに登録されている内容が印字されているので最下段にサインするだけで良い。空欄もあるが気にしないで良い。

IMG_5090-5090.jpeg

3、イミグレ手前でTM-6入国カードを受け取る。
以前はテーブル横にいっぱいあり「ご自由に」状態だったが、今回はイミグレ入り口横の⑮の中でもらう(書いている人に聞いた)
IMG_5089-0615.jpeg

4、TM-6に必要事項を書いたらイミグレの担当官に
(1)パスポート
(2)TM-6
(3)Thailandpass
(4)質問票
を渡す。

5、スタンプ押されて返されたら必ず滞在期限を確認する。←超重要

IMG_5167-0618.jpeg

ちなみに(1)〜(4)全て返却された。

帰ってきました〜
IMG_5091-0613.jpeg

友好橋からノンカーイ市内へ

イミグレを出たあたりからサムロー(Tuk-Tuk)の勧誘を受ける。
ここ2-3年仕事にあぶれたサムローはほぼ復活していて、いっぱい待機している。

市内への足はこのサムローしかないので乗るしかないのだが料金に注意

IMG_5093-0613.jpeg

拡大して見てください。

参考
友好橋→バスターミナル:80バーツ(1人)、50バーツ(2人以上の場合の1人あたり)
友好橋→駅:30バーツ(1人)、20バーツ(2人以上の場合の1人あたり)

なので市内中心部へは60バーツ前後になると思う。

さて今日の宿を探そう!


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022ビエンチャン【1】6月 | 02:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/1953-0de37bde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT