fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅というのは時間を贅沢に使うこと@ハノイ

今日のタイ語

ป้านชา パーンチャ=急須(いわゆる日本や人民が使っている陶器製の急須)
กาน้ำชา ガーナムチャ=急須(陶器やガラス製のポット)

どちらでも通じるはず。

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

23日のW杯日本xドイツは信じられない瞬間に立ち会った。
2時間前からスタンバイしてビールを飲みすぎ、試合開始時点では結構酔っていた。

そして試合終了!
歓喜の中で何度も祝杯をあげて翌日は完璧二日酔い。。。
なので2-3日記事のアップが遅れました(。>д<)

***

ここまでの話↓

ベトナム航空VN311でハノイへの道/今の季節サンダルではちょっと厳しかったw
ハノイのお宿ハノイ・エルピスホテル/あぁ〜コロナよもう一度w
世界三大麺(焼きそば部門)のダントツ且つ不動のNo,1はやっぱりこれだ!@ハノイ
何度でも言うよ!フォーティン本店のフォーを食べずして麺類を語るなかれ!
バインミーは街角の屋台が一番美味しいかも?
おっちゃんの「名無しのビアホイ屋」が営業方針変更か?

バンコク楽宮ホテルの一節

(渋滞や遅延での待ち時間の)一時間ぐらい辛抱できなければ、旅をする資格はないと狂犬病氏はいう。

旅というのは時間を贅沢に使うこと。
納得



***

今回の4泊5日のハノイは「滞在」であって「旅」ではない。

パタヤで出会った老ファランと旅の話(2)旅とは

しかし、オレの「滞在」は旅の変則系。
大きな括りでは「旅」なのだ。

だから時間は贅沢に使いますよ。
せっかく来たのだからとあちこち時間いっぱい「観光」して時間を無駄にしない「旅行」とは一線を画す。

すでに8割方記事にしたので残りは贅沢に使った時間の話を少し。。。

どこに行くにもバスと徒歩

旅の基本は歩きか公共交通機関を利用、これ最低条件ですよ!
IMG_7206-1125.jpeg
IMG_7195-1118.jpeg

道路事情を熟知した車掌
IMG_7244-1125.jpeg
IMG_7244-1125-1.jpg

この車掌はプラコップのお茶に全く視線を注がない。
急カーブでも気にするそぶりを見せない。

だが、とある道に入った途端このカップを左手で持ち上げたのだ。。。
するとその直後に・・・

ガタガタガター
バスが揺れ始めた

素晴らしいー(。>д<)

ハノイの人にはお茶が欠かせない
IMG_7404-1125.jpeg
IMG_7404-1125-1.jpg

ティッシュ、スマホ、タバコ、急須、カップ、布巾

まるで自分の家のテーブルセット
これがハノイ人の基本です(°皿°;)

***

ハノイのバスは老人は無料というのは知っていた(IDを提示する)。
しかし、若い女の子も何やらIDのようなものを提示していた。
学生も無料なのかも?

そもそもバスに乗るのは経済的弱者。
見ていると半分以上はそうした無賃乗車の人だった。

車掌は楽ちんだね〜

こうやって運転手・車掌・乗客を観察してるととっても楽しい。

注意:ハノイバスは動物の持ち込み禁止です。
犬を抱えて乗ってきた女性に車掌が罵声を浴びせて追い出していた(°皿°;)

お茶もいいけどベトナムコーヒーでゆったりした時間を過ごす

ハノイの人は基本的にはお茶を好む
が、コーヒー好きでもある。

東京の人は蕎麦を食べるがたまにはうどんを食べるのと同じか?(。>д<)

ハノイでは2軒のカフェがお気に入り

貴重!笑顔の奥様のカフェ

外人に対しては滅多なことでは笑顔にならないハノイ人にあって、ここの奥様は大概笑顔で迎えてくれる貴重な店。
フォーティン近くの5叉路にあるのでここに居座って道ゆく車やバイクをボーっと眺めて時間を過ごす。

IMG_7201-1126.jpeg

IMG_7325-1126.jpeg

この五叉路を眺めていると「ニッポンってなんであんなに信号が多いのだろう?」と思わずにいられない。
ニッポンの人は信号がないと事故が起こるほど譲り合いの精神がないのか?



他人(信号機含む)に指示されないと何もできない人間を量産しているようにしか思えない。

コーヒーの旨さではこちら

IMG_7311-1126.jpeg

宿近くのこちらも変則五叉路にある。
アイスコーヒーの値段は前の店=30,000ドン、こっちは35,000ドンと5,000ドン高いが味はこちらに軍配が上がる。

ここでもボ~っとして時間を過ごす。
IMG_7193-1126.jpeg

ハノイ的ファッション

数年前にも書いた記憶があるが、ハノイの女性のバイクの服装がかなり個性的。
ぼーっとしているようでよく観察している( ̄皿 ̄)

フード付きの薄手のパーカーで全身を覆う
サングラス
マスク

hanoi-3-1126.jpg
hanoi-2-1126.jpg
hanoi-1-1126.jpg

要するに日焼け対策だと思われる
肌の白いハノイの人、女性にとって肌の白さは命?

昼間はまだまだ30℃を越すハノイ、暑くないのかねー?
まるでムスリムのような格好だ。

ちなみにマスク、これは中共ウイルス対策とは無関係で、以前から日焼&排気ガス対策で男女とも装着率がかなり高い。
歩いている人の装着率は5%未満だが、ライダーは95%以上だ。

***

こういう時間が旅には必要だ!

まあ、稀にこんな格好の人もいますが・・・
IMG_7299-1126-a.jpeg

おまけ
前見えてますか〜?(。>д<)
IMG_7343-1126-a.jpeg

こういう人はタイにも多いです(°ロ°;)

***

フォーやワンタンメンを食べに行くときはセットでカフェにも寄る

ハノイの1日
何か食べてる時間(移動時間含む)=2時間
カフェでボ~っと通りを眺めている時間=2時間
適当にぶらついている時間=3時間
宿のテラスから道行く人を眺めている時間=3時間
ビアホイ屋でまったり=2時間

寝ている時間を除くとこんな感じかな?

わざわざハノイに何しに行ってんの?って?
そりゃぁフォーを食べて違う環境で( ゚ ρ ゚ )ボーッとしているんだよ、それだけの価値があるから

次回は「適当にぶらついている時間」をまとめてみます。




なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


| 2022ハノイ【2】10月 | 14:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハノイの一日の過ごし方がおもしろいです~
次の適当にぶらついてる時間も期待♪ ←何に?(笑)
旅先でも日常でもわたしはカフェにはほとんど行かなく、旅先ではその分ぶらついている気がします。
真夏に長袖パーカー+フード&手袋は、日焼け対策のため日本にいるわたしも同じです (゚∀゚)

| 貝 ぬ し | 2022/11/27 14:41 | URL |

Re: タイトルなし

貝ぬしさん
真夏の日本でムスリム風の女性を見たら貝ぬしさんと思えばいいですね〜w

| Damascus | 2022/11/28 21:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2041-2f89c156

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT