fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チェンライ驚き第二弾/サハロット

今日のタイ語

แนะนําネェナム=勧める、推薦する

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

ちなみに「第一弾」は昨年知ったスクニランホテルの大変貌

チェンライで平家物語、新旧高級ホテルの栄枯盛衰

***

12月18日(日)
今日はメーサローンへ行くので6:30位に朝飯を食べに出る。

気温はちょっと低いがまだ大丈夫
IMG_7961-1231.jpeg


行き先はもちろんガオラオの名店สหรสサハロット
チェンライに来るたびに朝は100%ここで食べるほどのお気に入り店。

もちろん地元民(タイの旅行客も含む)にも大人気の店で、朝は遅く行くと満席で外に出しているテーブルも満席なんてのはいつものこと。

タイのガオラオの中では比較的熱めのスープで具がたっぷりなところがお気に入りの理由。

いつものように時計台を右に曲がりスクニランホテルを横目に見ながら歩いていたが、いつもは店の前に人がいっぱいなのだがそれが無い・・・???

あれ〜?
と思っているとなんだか新しくて巨大な店が出来ているのを横目で見ながら、サハロットがあった場所を目で追うが「ない」!

えぇ〜???まさか・・・

ふと新しく出来た巨大な店をチラッと見てみると、ガオラオらしきものを食べている客が・・・

???

顔を上げてみるとそこには真新しい看板が(°皿°;)

んん???

えぇ〜(°皿°;)(°皿°;)(°皿°;)
IMG_7966-1231.jpeg

去年の12月、スクニランホテルの大変貌に腰を抜かしたのだが、今回も多分2-3秒は看板を眺めて唖然呆然とした顔をしていたと思う。

これが今までの店
IMG_3343-0114.jpeg
IMG_3342-0114.jpeg
初めてチェンライに来た10数年前から、間口は狭く奥に長い店だった。
テーブルは外も含めて8-10程度。

朝の混雑時はあっという間に満席になってしまう。

新店舗は間口は3倍、奥行きは2倍くらいありそうで収容人数は4倍超(厨房も広くなっているので単純に6倍ではない)。
驚きましたよ

あれだけの人気店だから相当儲かっていたんだろうし、客席数が少ないという機会損失を補填する意味で店舗拡大したんだろう。

すごい!

メニュー
IMG_7963-1231.jpeg

IMG_7965-1231.jpeg

ガオラオの値段は昨年と同じ

この具(豚の内臓系が主)のボリュームは以前と同じ
IMG_7964-1231.jpeg
ただ、少しスープがヌルくなったような気がする。

ちなみに手前の小皿はツケタレを入れるもの
基本はナンプラー+砂糖+唐辛子
IMG_8162-1231.jpeg

オレの場合はこんな感じ
もちろんこれを丼の中に入れて混ぜて食べてもいいが、多くの人はこうやってツケタレを作っているよ。

■注意事項
1、店員は子供、無愛想でも気にしない。

チェンライでは山から降りてきた人、隣国から国境を渡ってきた人が多く働いている(多分)
彼らは別に悪意があるということでは全くなく、まだ何もわかっていない子供(中学生くらい?)なのだ。

だから無愛想というか聞いても返事もしない店員がいっぱいいる(特に外人相手では)のだが、そういった背景があるということを理解してあげたほうがいい、かも?

2、注文は紙に書く
IMG_8161-1231.jpeg

大人数の場合は店員が聞きに来てくれるけど、一人の場合はこの紙に注文を書いて店員に渡す。

忙しそうに歩き回る店員のことを思って日本人感覚で躊躇しているといつまで経っても注文を取りに来ない(紙を受け取りに来ない)ので半ば強引に呼び止めて渡すこと。

飲み物は写真の筒の後ろ側にある紙にかく(メニューが書いてあるので注文数だけを書く)
食べ物は手前の白紙に書く

ちなみに・・・
ガオラオ=เกาเหลาเลือดหมูガオラオ・ルアットムー
ご飯=ข้าวสวยカオスワイ

書く練習をしてから行ったほうが良いよ(。>д<)

この料理は店によってはต้มเลือดหมูトムルアットムーとも言い、厳密な定義はともかく店によって呼び名が違う

โจ๊ก(ジョーク=お粥)もある
おすすめです。

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022タイ旅【4】メーサローン 12月 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2060-30be8f58

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT