fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年もメーサーローンで寒さを味わうのだ(学習能力なし)

今日のタイ語

แม่ฟ้าหลวง メェーファールワン=チェンライ市の北西に位置するミャンマーと国境を接する郡名で主要な観光地としてメーサーローンがある。

メーファールアン-0103

メェーファールアンはラーマ9世(プミポン前国王)の母のシーナカリン王太后の通称名から。
タイ北部を愛し、頻繁に訪れたことから、北部の特に山岳民族からソムデット・ヤー(สมเด็จย่า, 「祖母陛下」程度の意味)と呼ばれ、親しまれた。また、タイでは一般にメーファールワン(แม่ฟ้าหลวง、Princess Motherの意)と呼ばれる。

wikipedia

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

今回のチェンライ・メーサーローンへの旅の主目的は「寒さ」を味わうこと。

基本的にオレは寒さは嫌いなのだが、長い間味わっていないとな「たまには」という気が起きてくる。

これは食べ物でも同じ
■ハノイの牛ステーキ、一回食べれば十分(というか牛肉の味がしない)なのだが、しばらく食べていないと「たまにはいいかー」と喉元過ぎればなんとやら・・・ってことを繰り返し毎回後悔している。

■ハノイのブンチャ、甘過ぎてダメなのだが、甘くないブンチャを求めてついつい食べて後悔する。

■台湾料理:味なしか八角味しかしないのは分かっているのについつい行って後悔する。

まあ、学習能力がないのだろうが、青龍ラーメン(トンロー)と天スタ(トンロー)は2度と訪れていないので学習能力が全くないというわけではなさそうだ・・・( ̄皿 ̄)

さて、その寒さであるがこれはチェンライの予想気温
IMG_7961-0101-2.jpeg

明日19日の最低気温は11℃、ってことは標高1300m超のメーサロンでは間違いなく10℃未満になる。

メージャンへ

12月18日(日)
サハロットで満腹になりバスターミナルへ

IMG_7973-0101.jpeg
IMG_7971-0101.jpeg

いつものメーサイ行きオンボロバスが停まっていたので運転手に出発時間を聞いてみると「9:50」とのこと。
今の時刻は8:00を少し過ぎたところ・・・

うーん、と唸っているとバスターミナルの隅にメーサイと書かれたロットトゥを発見。
聞いてみると8:30出発とのこと。
なので今回はこれに乗ってメージャン(メーチャン)まで行くことに。
35バーツ

IMG_7970-0101.jpeg

客が誰もいないので特等席ゲット
IMG_7976-0101.jpeg

最終的にはあと2人くらい乗ってきたが・・・

30分ほど乗ってメージャン着。

途中若い(高校生くらい?)カップルが乗ってきたが、検問で警官にいじめられていた。
多分ミャンマーの人なのだろう・・・

メーサーローン行きのソンテオは復活しているか?

キュウサタイ・メーサーローン行きソンテオ乗り場には緑のソンテオが2台。
IMG_7977-0101.jpeg

運転手らしきおっちゃんに聞いてみると

「メーサローン行きはないよ。キュウサタイまでは行くけどその先は走ってない」

うーん、去年に続き今年もまだ復活していなかった。。。
今の状況だと運休というよりは「廃止」に近いのかもねえ?
残念・・・

昨年とは違う運ちゃんなのだが、今回はここで会話が止まってしまった。

「どうやったらメーサーローンへ行ける?」

運ちゃん沈黙・・・

しょうがないので「じゃあ貸切เหมารถできる?」
と聞いてやっと「いいよ、片道600バーツだよ」と。

料金自体は昨年末と変わっていなかったが、昨年の運ちゃんは「500で良い」と言ってくれたのだが・・・
まあ、昨今の値上がりでそこまで出来ないのだろう・・・と思い合意して出発!

すでに乗っていた乗客は全部降ろされていた。ごめんね(。>д<)

みるみるうちに体感気温が下がっていく

スタートしてから最初は平地を進む。
IMG_7978-0102.jpeg

車も少ないし80km/hは出せそうなんだけどオンボロだからか?全然スピードが出ない。
何キロ出してるのかメーターを見たら針が動いていなかった(。>д<)
IMG_7979-0102.jpeg

多分40キロくらいかな?

キュウサタイの検問所
IMG_7980-0102.jpeg
メーサーローンへはここを右に曲がる、ここからが本格的な山道だ。

IMG_7987-0103.jpeg
IMG_7989-0103.jpeg
IMG_7984-0103.jpeg
IMG_7993-0103.jpeg

すごいアップダウンを繰り返しながら山を登っていく。
途中下ってくるサイクリスト発見!
下ってくるってことは上ったってこと。

この先の標高は1300m前後
箱根駅伝で選手が上るのは900m程度(標高)だからそれよりキツいはず。
スゴイ!

唸りを上げて進むソンテウがようやくメーサーローンの中心部に上りついた
IMG_7995-0103.jpeg
IMG_7996-0103.jpeg

***

途中から気温の低下を感じていたし、足元(素足にサンダル)がモーレツに冷たくなっていくのが分かっていた。
今日泊まる予定(未予約)のシンセンゲストハウスに到着しソンテオを降りると震える寒さだった。

IMG_8004-0103.jpeg

数値的には今朝のチェンライ地方の早朝より1℃程度低いだけだったが、厚い雲に覆われ山の風に当たると体感温度は12-13℃またはそれ以下にも感じ早くも後悔し始めた(本当のことを言うと「小雪でも舞うんじゃ?」と思ったほど寒さを感じたのだよ(。>д<))

しかし、本格的に後悔するにはまだ早かった。
これから夜〜翌朝にかけての最低気温予想は8℃を表示していた。
IMG_8004-0103-2.jpeg

暖房設備皆無の寂しいメーサーローンの山の中で一晩過ごすことを考えると、装備の貧弱さに恐れを抱き始めたのだった。

もう遅いよ(。>д<)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2022タイ旅【4】メーサローン 12月 | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2063-effb36e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT