fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルアンパバーン準名店ファイル【1】タイミングが悪かっただけで味はまあまあよかった

今日のラオ語&タイ語

ຂາ/ขา カー=足、脚
ຕີນ/ตีนティーン=(主に動物の)足

ຕີນຫມູ ティーンムー=豚足

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。



今回の滞在で最初に食べたカオピアックが世界一の味だったので、その後に食べた2店には不運だった。

名店ファイルに書いた2店舗はそれぞれ12:00までの営業と16:00からの営業なので、その空白を埋めるべく新規開拓してみた。

総じてルアンパバーンのカオピアックは旨い

ບ້ານຈູ່ລີ/ジュリー

3月24日
まず行ったのがข้าวเปียกหมูกรอบ หลังวัดเชียงทอง/店名なし?google map上ではワットシェントーン裏のカオピアックムークロープの店)(上記map食堂⑦)

「ルアンパバーン カオピアック」で検索すると上位に表示される店。
宿からも近いので歩いていく

が、それらしい店は発見できず。。。

近くに食堂があってそこかな?と入りかけたが客が全くいなかったのですぐに出た。
その時、店主らしきおばさんに「カオピアックの店探してるの?」とズバリ聞かれたので「そ、そうです」と答えると・・・
「次の角を左に曲がったところにあるよ」と言われた。。。

Google mapの位置とあまりにも違うのだが、この辺りでカオピアック屋と言えばここなんだろう・・・と行ってみる。

ບ້ານຈູ່ລີ/ジュリー(上記map食堂⑦)
新規開拓-0403-1

店の前には人民を乗せた多くのロットトゥが停まっていて、店の近くのソイに吸い込まれていく。
IMG_9204-0403.jpeg

後からそのソイに入ってみたらワット・シェントーンという有名寺院だったのだが(入場料20,000キープ)、寺には興味が無いので写真一枚撮っただけで中には入らず。

これが店の全景
IMG_9198-0403.jpeg
IMG_9197-0403.jpeg

奥に厨房がある。
IMG_9196-0403.jpeg

思いっきり不審そうな目で見られるが、タイ語を話し始めると皆の表情が緩んだ気がしたw

最初ຕີນ/ตีนが分からなかった(読めたけど意味が分からなかった)ので聞いてみるとขาหมูとタイ語で丁寧に教えてくれた。
カオソーイ、カオピアック各種あるが、ここはシンプルに煮豚のカオピアックを選択

IMG_9193-0403.jpeg

上段はカオピアック(豚足+卵、豚足、煮豚、値段の違いは器の大きさ)
中断はフー
下段左にカオソーイもある。
Google レンズなど使わなくてもこの程度のラオス語はタイ語の知識で読める

値段は強気

具は豚足がメインなのはなんだかウドンターニのカオピアックに似てる。

来ましたー
IMG_9194-0403.jpeg

普通に旨い
しかし前日に世界一旨いカオピアックを食べてしまった余韻があり、評価自体は中の上レベルかな?

なんの先入観も持たずに行けば十分美味しいレベルだった。
食べ歩きするならこの店も加えるべし!

Nang Tao

翌3月25日
帰りのフライトまでは時間があるのでブランチでもう一軒!
これもネット情報で探した店(上記map食堂⑥)

宿からごく近い場所にあり難なく到着
IMG_9266-0403.jpeg

中途半端な時間だったためか?客は地元民2名と日本人みたいな恰好の女性が1人

メニューも見ずにカオピアックを注文
IMG_9264-0403.jpeg

超シンプル
一口スープをすすってみるとかなり塩辛い。
カオピアックはスープで麵を煮込む料理なので、長時間煮込んでいると味が濃くなる傾向がある。
これをきちんと管理できるか否かが名店の分岐点だと思う。

麺は正統派カオピアックで合格
IMG_9265-0403.jpeg

味は悪くないのだが塩味がきつい場合の対処方法

ライムを絞る

基本、オレは調味料の類は最小限しか入れないのだが、この塩っ辛さを和らげるのはライムしかない。

結果
うん、ちょうど良い味になったねー

一回だけで店の評価をするのはチト酷かなとは思うが中の中かな?
もう少し塩気が少ないと絶品に近づくだけのレベルではあるので惜しいね?
朝早く来ればちょうどいいのかもね?

次回も行ってみようと思う店だった。

***

上の1軒目に行った際、近くを歩いていたらこの看板が目に入った。
IMG_9202-0405-1.jpeg

あれ~?この店知っているけどこんなところだったっけか???
IMG_9202-0405.jpeg

この店、7年前に記事にしたのだが、日本人には大評判の店なのだがオレが入ったこの看板を出した店のカオピアックはひどい味だった。

ルアンパバーン”迷店”ファイル【1】日本語"広告”のあるカオピアック屋・ワットシェントーン近く・・・カオピアック・セン・シェントーン

なぜ、これほどまでに評判がいいのか?全く理解できなかった。

同じような日本語の呼び込み看板があるのだが、記憶での場所の違いと、他人とオレとの味の評価の違いがあまりにも大きすぎるので、オレの行った店とこの店とは違うのではないか?という疑問が湧いてきた。

まあ、次回以降にもう一度行ってみる価値はあるかもしれない。

優先順位は低いが試してみようと思う。

***

今回の2泊3日(実質48時間滞在)で食べた麺類は6食
そのほか後で記事にするが夜は普通のレストランで食事をした(2回)のと、空港に行く直前の昼に同じレストランで軽食を食べたので全部で9回の食事だった。

48時間で9回は少し多いか?とも思うが、短期決戦ではこの位のペースが必要だな( ̄皿 ̄)


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2023ルアンパバーン【1】3月 | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2084-d59eb490

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT