fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2023年版/中共ウイルスの爪痕、崩壊した安宿の今@クアラルンプール

今日のタイ語

นิติニティ=法律上の
นิติบุคคล ニティ・ブックコン法人

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

崩壊した安宿は今

ちょうど1年間にも来たクアラルンプールのチャイナタウン

この時に崩壊していた安宿をレポートしたのがこの記事↓
中共ウイルスの爪痕、安宿の崩壊@クアラルンプール

あれから1年、2023年7月現在の状況は・・・

南洋酒店
既に紹介したがこの南洋酒店は昨年段階で平常営業していた。
IMG_1188-0805.jpeg

チャイナタウンホテル2
ここは以前の定宿

前回Googleマップ上には「廃業」と出ていた。
今見てみると「臨時休業」に変わっているが何が違うのかな?と思いながら訪ねてみた。

IMG_1180-0805.jpeg

んん???

IMG_1179-0805.jpeg

おぉ〜!復活間近だ〜

アミーゴホテル
ここは泊まったことないけど、一応候補として毎回上げていたホテル

IMG_1182-0805.jpeg

ここは完全に営業していた

これでチャイナタウンホテル2とアミーゴのふたつが予備候補(南洋ホテルが満室の場合の予備)として確保できた。

■チャイナタウンホテル
IMG_1177-0805.jpeg

ここは単に閉鎖されているだけではなく、ゴミ捨て場兼便所(小便臭い)と化していた。

チャイナタウンホテル2との資本関係は不明だが、この差は一体どこから来たのだ?というほど激しい。。。

***

他の場所も概ね再開されているっぽい(オーナーは変わったのかもしれないが)ので、中華街の安宿はどうやら復活したようだね?

あの中共ウイルスを乗り切ったのか?それとも売り出されていた安宿を他のオーナーが安く買い叩いて再開させたのかはわからないが、要は金を持っている奴が勝つ!ってことは間違いないね(。>д<)

困難を生き残れるかどうかは資本力の差
そう言った意味で、あの中共ウイルス禍を乗り切った南洋酒店は老舗だけあって資本が充実していたのだろう。。。か?

余談
ナナプラザのレインボー2は当時500万バーツ(テナント権)で売り出されていたはず。
最近行っていないのでよく知らないけど、復活を遂げたナナプラザであればあの時買っておけば今頃・・・( ̄皿 ̄)

まあ、金が全ての世の中だな(。>д<)

海外のプラ紙幣にご注意を

そのお金、というか紙幣の話を少し・・・

最近と言っても少し前だが、タイでも使用頻度の高い20バーツ札がプラ紙幣に変わった。
シンガポール、マレーシア、ベトナムも大部分はプラ紙幣になっている。

汚れやシワに強いので便利な面はあるのだが、マイナス面も多い。
1、紙のピン札同様、紙幣同士がくっ付くので注意していないと余計な支払いをしてしまう可能性が高い。

2、ツルツル滑るのでポケットに入れておくと落としやす

実は分かっているだけで今回2回落としているのだ。

IMG_1166-0806.jpeg

<1回目>
シンガポールでバスを降り、クレカを財布にも戻そうとした時、財布の厚みが変わっている(薄くなっている)ことに気が付く。
あっ!どこかに落としたのかと一瞬焦ったが、よくみると足元に大量の紙幣が散乱していたのだ(°ロ°;)

そう、財布を出した際、口側を下に向けたからなのか?プラ紙幣が大量に滑り落ちていたのだ。
この財布はかなりへたってきていて、ガバガバになっていたことも原因なのだが・・・

半径2m以内に散らばっていた札(マレーシアリンギット)を拾い集めていた時子供に笑われた(。>д<)

<2回目>
南洋酒店で2日目の支払い支払いをする際、ポケットから部屋の鍵を出してカウンターに置いた。
その時後ろにいた掃除係のおばさんから「ハロー」と声をかけられて振り向くと、またしてもポケットから滑り落ちた札がロビーに散乱していた。。。(°ロ°;)

<3回目以降>
認識していないがどこかで落としていたかも?(。>д<)

基本、小銭や小額紙幣はポケットに入れることを常としている*1ので起こりえるのだ・・・

*1 少額の支払い時にいちいち財布を取り出すのは

(1)誰かに財布の中の現金を見られるのを防止するため(標的にされないため)
(2)支払いをスムースにするため
であり、防犯上合理的だと思っている。

ベトナムは以前からこのプラ紙幣なので気をつけていたのだが、やはり普段から使っていないと気が緩んでしまうのだな。。。

みなさんもご注意を


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2023クアラルンプール(チャイナタウン) | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2133-e9d46f9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT