fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まずは金蓮記でホッケンミー・マレーシアスタイル、

今日のタイ語

ซีอิ๊วขาว シーイウ カーオ/白い醤油=日本の醤油に近いさらさらの醤油、九州の醬油に近く甘口

ซีอิ๊วดำシーイウ ダム/黒い醤油=糖蜜などの甘味料を加えさらに甘くしたもの、とろみあり(中国の老抽)

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

引き続き7/22(土)

ここクアラルンプールも滞在時間は約42時間と短い。
今回は直前(前日)にホッケンミー・シンガポールを食べたので、ここホッケンミー・マレーシアと比較ができる。

比較するにはホッケンミー・マレーシアの最高峰の呼び声が高い金蓮記へ。

ホテルにチェックインしたのが17:00くらい
早速食べに行きましょうか~ホッケンミー(福建麵)マレーシアスタイル

ホッケンミー・マレーシアの王者、金蓮記

いつものように階段を上がっていくと右側はほぼ満席で左側へ行く
そこにいた店員は若いデブで顔がいかにも悪、カンボジアあたりにいる中華チンピラそのもの。

メニューを渡すと人民語で話しかけてくる。
それには応えず(というか何を言っているのか分からないため)ホッケンミー Sサイズと中国茶とだけ言っておく。
IMG_1158-0807.jpeg

しばらくするとオレの周りの席も埋まってくる。

ここへは普段昼飯時にしか来ないので夕方こんなに混むとは知らなかった。。。

うん、普通に旨い。

IMG_1159-0807.jpeg

今回はシンガポールでホッケンミー・シンガポールスタイルを実食したことにより、今年の世界三大麵(焼きそば部門)の順位が入れ替わる可能性があり
味わって食べた。

相変わらず濃厚な味で旨い・・・

シンガポールスタイルは炒め過ぎて既に麺類の体をなしていないのだが(それでも旨い)、マレーシアスタイルは一応麵の状態を保っている
が、太い麵を長時間炒めているので太い麵がぶつ切り状態になっている。
これをツルツルのプラの箸で食べるのはかなりの熟練度を要する。

この請求書には値段が入っていない
IMG_1157-0807.jpeg

前からそうだったけ?

ホッケンミーは14リンギットで昨年と変わらず。

バーツとのレートが下がっているので少し安くなった感覚だ。

***

翌日金連記のもう一つの店に行った(角のオープンエアの席)
IMG_1195-0807.jpeg

注文は同じくホッケンミー

ここは炒めにあまり時間をかけていない。
なので麵がきれいに残っている。
IMG_1198-0807.jpeg

味付けは本店と同じなので味は同じだが、微妙に麵が固いような気がした。

以前は本店より若干安い価格設定だったが、今は本店と同じ。
IMG_1193-0807.jpeg
IMG_1194-0807.jpeg

ホッケンミー違い

2日間でシンガポールとマレーシアで食べたので違いが鮮明になる。

↓シンガポール
IMG_1065-0730.jpeg

↓マレーシア
IMG_1159-0807.jpeg

■見た目
シンガポール:茹ですぎたスパゲッティの様でいかにも不味そう
マレーシア:真っ黒で味が想像し辛い

■作り方

↓ホッケンミーの作り方(マレーシア)

基本は同じで、20人前くらいを一気に作る。
強火の炭火で丹念に炒めるのは全く同じ。
具材もほぼ同じ(マレーシアの金蓮記にはムークロープが入っている)

シンガポール:太麺と細麺のミックス
マレーシア:太麺のみ

違いは味付け

■味
シンガポール:いわゆるエビ塩焼きそばと思えば8割方正しい。既に麺類とは言い難い仕上がり具合だが、濃厚な味で店によっては炭の香りが漂う。旨い!

マレーシア:見た目はソース焼きそばだが、黒い甘めの醤油で仕上げてある。
人によっては甘すぎると感じるかもしれないが、濃厚な甘醤油の味と太麺が絶妙。旨い!

どちらも辛味噌が決めて

というところで甲乙つけ難いです。

※バンコク・トンローのシンガポール屋のホッケンミー・シンガポールはやはり本場とはかなり違うことが分かった。

IMG_0659-0703.jpg

おそらく、日本人にはこちらの方が口に合う(日本人向け)と思われるが、味わいは断然本場であった。

これが分かっただけで今回の旅は大成功であったと言える。

***

次回はマレーシアで初めて食べた絶品だが奇妙な麺類を紹介しよう。

続く


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2023クアラルンプール(チャイナタウン) | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2136-5627b7c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT