fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

遠回りラオスの旅

今日のタイ語

กองทัพอากาศ ゴーン タップ アカート=空軍

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

2024年2月現在、タイ/ラオス間のメコン川に4つの友好橋が架かっている。

1,タイ・ラオス友好橋/สะพานมิตรภาพ ไทย-ลาว แห่งที่สะพานมิตรภาพ ไทย-ลาว แห่งที่ 1、
ノーンカーイ県ムアンノーンカーイ郡 - ヴィエンチャン都ヴィエンチャン間
1994年4月8日に開通

2,第2タイ・ラオス友好橋/สะพานมิตรภาพ ไทย-ลาว 2
ムックダーハーン県ムアンムックダーハーン郡 - サワンナケート県カイソーン・ポムウィハーン郡
2007年1月10日より正式に供用が開始

3.第3タイ・ラオス友好橋/สะพานมิตรภาพ ไทย-ลาว 3
ナコーンパノム県ムアンナコーンパノム郡 - カムムアン県ターケーク郡
2011年11月11日に開通

4.第4タイ・ラオス友好橋/สะพานมิตรภาพ ไทย-ลาว 4
チエンラーイ県チエンコーン郡 - ボーケーオ県フアイサーイ郡
2013年12月11日開通

橋ができたことにより従来の渡し船は縮小され、外国人(タイ人ラオス人以外)は利用できないようになってしまっている。

そして現在5つ目の橋が建設中で、情報筋によると今年初めには開通すると言われている。

5,第5タイ・ラオス友好橋/สะพานมิตรภาพ ไทย-ลาว แห่งที่ 5
ブンカーン県ブンカーン郡とラオスのボーリカムサイ県パクサン郡を結ぶ橋
2024年開通予定

この辺り


このルートはまだ橋が完成していないので外国人が利用できる渡し船が健在なのだ。

じゃあ船で渡ってみようと思うのは旅人であれば至極普通な感情だと思う。
旅行者はそんな「めんどう」なことはしないはず。

めんどうな苦労をいとわず、いやむしろ楽しんで先に進むのが旅人なのだ。
そこが旅行者との決定的な違い。

traveler tourist differenceで検索してみればその違いが分かるよ
traveler=旅人
tourist=旅行者

と言うことで、今回のルートを粗々決めた。

1日目:DMK>>>UTH>>>ノーンカーイ泊
2日目:ノーンカーイ>>>ビエンチャン泊
3日目:ビエンチャン>>>パークソーン(ラオス)>>>🛥>>>ブンカ―ン>>>ウドンターニ泊
4日目:ウドンターニ>>>UTH>>>DMK

ウドンを起点にするとこんな感じ。。。

パークサン-0227

このルートならもっとゆったりの6泊7日くらいがちょうどよい?
サラリーマンはつらいね・・・

いつものタイ・ライオンエアでウドンターニへ

2月23日(金)

今日のフライトはいつものタイライオンエア、いつもは朝一番の6:00amのフライトを選ぶのだが、最近疲れ気味で朝が辛いので10:50amと遅めを選択

アパート前に出ると10秒もかからず空車がきたので乗り込みドンムアン空港へ

IMG_4350-0227.jpeg

チェックインカウンターはガラガラだったが自動チェックイン機でチェックイン

行き先はここ

IMG_4352-0227.jpeg

IMG_4351-0227.jpeg
IMG_4353-0227.jpeg

10Dというかなり前方の通路側
いつもありがとうございます〜

タイの空港には大学のインターン生がいっぱいいる。
大学(または高専)の卒業要件*1に実社会での実務経験があるため

*1全ての大学というわけではないようですが。。。

中には居酒屋で働いているインターン生に会ったことがあるのだが、これってオレの学生時代を思い出させる
ただのアルバイトだったが3年くらいは居酒屋・パブでバイトしいい経験になったよ、オレの場合はね

出発階の南端(駐車場内)にある喫煙所のテーブルも雨漏りが激しいようだね?(。>д<)

IMG_4356-0227.jpeg

ドンムアン空港の歩く歩道は巻き込まれ事故で長らく閉鎖されていたが今回は稼働していた。

IMG_4359-0227.jpeg

行先のウドンターニの漢字表記
IMG_4358-0227.jpeg

烏隆

機内持ち込み手荷物サイズが気になるのはニッポン人だけ?

IMG_3454-0227.jpeg

毎度のことながらオレのGregoryのザックはタイライオンエアの規定サイズをオーバーしている
個数は1個で完璧に合致しているし、重量は7kgに対して7.5kgだったので全然問題ないのだが。。。

今回も搭乗口で周りを見渡すとオレよりはるかにデカいバッグを持った人、3つも4つもバッグを抱えている人がいて安心したw

搭乗口で係員がバッグの重量を計る人(スーツケースを持った人)と計らない人(ザックの人)に仕分けていたが、オレは「こちら(計らない人の列)へ」と言われてそのまま素通り

エアアジアもそうなのだが、タイのエアライン素晴らし過ぎて感動すら覚える。

ニッポンでこのようなことをすると「不平等だ!*1」と非難されるが,そもそも機内の荷物入れに入らない荷物を持った人だけがチェックイン(荷物預け)にしているので全然不平等ではないのだな
*1 ニッポンでは規定に厳格に従う人とそうでない人がいると不平等と言われる

***

さて、搭乗しましょう
IMG_4361-0227.jpeg

機内はそこそこ混んでいた
IMG_4362-0227.jpeg

座席は激狭で完全に膝があたる。。。
IMG_4363-0227.jpeg

まあ50分のフライトなので平気だけど。

あっという間にウドンターニ

IMG_4366-0227.jpeg

歩いていると爆音が響き渡り振り向くと軍用機が離陸しているところだった。

IMG_4365-0227.jpeg

まあ、軍民共用だからね

それにしても暑い〜ウドンターニであった

IMG_4364-0227.jpeg
IMG_4368-0227.jpeg


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2024タイ旅【1】ウドン、ノンカーイ、ブンカーン2月 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2224-43ac30f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT