fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウドンで寄り道しながらノンカーイへ

今日のラオ文字とタイ文字

ラオ文字とタイ文字は非常に似ているので、タイ語の知識でかなりの単語が分かるのだが、この2文字はタイ文字とかなり違うなーと思っていた。
=タイ文字の
=タイ文字の

なのでこれだけは形で記憶していた

あるとき、あるフォントでこのラオ文字を眺めていたとき、あっ!と思った

ラオ文字-1-0228➡︎ラオ文字-1-0228-1➡︎ข-0228


ラオ文字-2-0228R➡︎ラオ文字-2-0228-1R➡︎ซ-0228

このラオの2文字は反時計回りに90度回すとタイ文字になる〜!!!

ラオ語学習者にとっては基本中の基本のことかもしれないが、ラオ語を全く勉強していない者にとって衝撃的な発見だったのだ!

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

前の記事はここ↓
遠回りラオスの旅

引き続き2月23日(金)

ウドンで寄り道

IMG_4368-0227.jpeg

さて、ここウドンターニ空港から市内への以前あったロットトゥが復活しているか?

ちょうどロットトゥに客が乗車中だったので運転手に「空席ありますか?」と聞いたところ「どこに行く?」と聞かれた。
「(ウドンの)ボーコーソー」と答えると、ボーコーソー行きのロットトゥはない!とのこと。。。

タクシーしか選択肢が無くなった。。。

今運行しているロットトゥは基本ノンカーイ行き(指定場所以外降車不可)。

IMG_4369-0228.jpeg

今日はノンカーイに行くのだが、事前にウドンのボーコーソーに寄りたかったので200バーツ払ってタクシーに乗る。

IMG_4370-0228.jpeg

ウドンのボーコーソー1
IMG_4378-0228.jpeg
IMG_4377-0228.jpeg

初め来た20数年前と全く変わっていない・・・

■ウドンのボーコーソーに寄る理由

1,ウドンの定宿シルバーリーフホテルの予約

IMG_4372-0228.jpeg


25日にはウドンにに戻って宿泊する予定
今ちょうど3連休なので、もし戻ってきて定宿が満室だったら困るので事前に予約したかったのだ。

「こんにちは~、25日に泊まりたいんですが予約できますか?先に宿泊料金は払いますよ」

当日払いで問題ありません、名前だけ教えてください

「そうですか~、3連休なので満室だと困ると思ったんですが~」

大丈夫です(°ロ°;)

まあ、普通の旅行者にはあまり人気のない宿ではあるが、旅人には超便利な立地でお気に入りなんだけどねー
ボーコーソーから歩いて20秒だし、歩いて5分程度でナイトマーケットがいっぱいある地区に行ける。

と言うことで予約(口約束)完了です(。>д<)

2,ウドンのボーコーソー1からサコンナコン行きバスの確認

知り合いのサコンナコンの女子が今回初めてウドン経由で帰ると言っていた。
初めて飛行機に乗るらしく、ウドンターニ空港からどうやってサコンナコンに行ったら良いか?と相談されたので、ウドンのボーコーソー1に寄って運行状況をレポートしようと思っていたのだ。

結果的にこんなLINEを送っておいた。
IMG_4652ขจ::ค

役に立ってくれればウレシ

ノンカーイへ

2つのミッションが完了したので、センタン前のロットトゥ乗り場へ移動

IMG_4379-0228.jpeg

ノンカーイ行きのロットトゥのチケットを購入

しかし暑い!
日影がほとんどない乗り場前で20分くらい待った。

そのかいあって左の1人用座席をゲット

IMG_4380-0229.jpeg

このロットトゥかなりおんぼろでエアコンが効かない
斜め前の小太りの女の子は大量の汗をかきながら乗っていたよ。

乗る時、運転手には「ボーコーソーで降りる」と伝えていたのだが、50分後に着いて「終点だよ」と言われたのは友好橋のたもとだった。。。
まあ、いいけどねー

車内の暑さと外気温で参ったオレはすぐにセブンで水を買って外で飲んでいたら、サムロー(いわゆるトゥクトゥク)の運ちゃんが寄ってきた。

どこに行く?

「ノンカーイシティーホテル」

80バーツ

「えぇー、去年は60バーツだったよ」

うーん、60バーツでいいよ

直ぐに乗ってウドン一のバービア街のニタパット通りにあるノンカーイシティーホテルへ

IMG_4383-0229.jpeg

シティーはタイ語表記通り「シッティー」と言った方が通じるよ

何も変わらないノンカーイの定宿(料金は50バーツ上がっていたが)

IMG_4386-0229.jpeg

人気のないロビーに入り、空室だらけなのを分かりながら「こんにちは~、今日空室ありますか~、2階の部屋がいいんですが~」
もちろん空室だらけなのですぐにチェックイン

約1年半前の450バーツから500バーツに上がったけど、まあリーズナブルな料金です。

「支払はスキャンで!」と言ったが、ウチはスキャンが出来ないんですー、口座番号指定で振り込んでください

なんで?
口座持っててアプリ使ってるんならスキャン用のQRコード表示できるんだけど。。。

不思議なホテル

IMG_4384-0229.jpeg

デポジット込みで600バーツ支払い(チェックアウト時に100バーツは返金)

相変わらず意味不明な2階のディスプレー
IMG_4413-0229.jpeg

客がいな過ぎて薄暗いのが不気味

なんでこんなに客がいないんだろう?
もしかして心霊スポットなのでは?と疑ってしまうほど。。。(。>д<)

周りのバーの女子に聞けば真相を教えてくれそうだけど、結局バーには立ち寄らず。。。

結局、オレの滞在中に見た客は3組だけだった。。。
よくやっていけるな~

不思議、、、

ちなみにここはAgodaにもBooking.com にも登録されていない。

続く・・・

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| 2024タイ旅【1】ウドン、ノンカーイ、ブンカーン2月 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2225-9743e984

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT