fc2ブログ

出戻り♪サラリーマン流浪記(タイ現地採用編)

2014年12月、25年間勤めた会社を退職し4年間タイで”大人の夏休み”を満喫しました。2018年10月、日本の某企業に転職し2019年1月からタイの駐在員に、2019年11月から現地採用のサラリーマンに

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2024年版「世界三大麺」それを食べるためだけに旅をする価値のある卓越した料理

今日のタイ語

สุดยอดร้านอาหารที่ควรค่าแก่การเดินทางไกลเพื่อไปชิมสักครั้ง

それを食べるためだけに遠方に出かける価値のある最高のレストラン

参考までに発音をカタカナで書きましたが、そのまま読んでもまず通じません。実際に使う際は、辞書等で発音記号を確認してください。

評価の基準

ミシュランの星の基準
★★★そのためだけに旅をする価値のある卓越した料理
★★遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理
★そのカテゴリーで特に素晴らしい料理

三つ星は英語ではこのように定義されている
Three Stars: The restaurant has exceptional cuisine and thus “worth a special journey” just to visit. Rather than being a stop on the way to a destination, this restaurant is the destination. This restaurant serves distinct dishes that are executed to perfection.

非常に優れた料理を提供しているレストランであり「そこを訪れるためだけに特別な旅する価値がある」と考えられています。旅の目的地への途中の立ち寄りではなく、このレストラン自体が旅の目的地です。このレストランでは完成された独自の料理が提供されている。

ここに記すベスト3はまさに「これを食べに行くだけにそこへ行く価値がある」と言える。

ミシュランの三ツ星は「そこを訪れるためだけに特別な旅する価値がある」名店らしいが、ダマスカスの三大麵には「これを食べずして麺類を語るなかれ!」と言わしめた四つ星レベルの名店が3つある。
具体的に書いていく・・・

***

昨年末から書こうと思っていたが延び延びになってしまっていた最新版です。

前回は4年前、つまり中共ウイルス蔓延前。
2019年版「世界三大麺」と「世界三大焼きそば」

それから新規店舗も見つけ出し、経験値も上がってきたので最新版を発表します。

***

ここにランキングされている料理は基本的に
1、その国(地域)で良く食べられている
2、基本的には「食堂」レベルでその国の庶民が普通に食べられるもので、高級且つ敷居の高い店の料理ではない

全ていわゆるB級料理になっている。

食べ物は個人の好みが大きく、あくまでもDamasucusの基準で選んだものなので、まあ斜め読みしてフーンと思っていただければ結構です。

世界三大麺(汁あり)

1位:フォー(ベトナム)
2位:カオピアック(ラオス)
3位:ミー・ワンタン/ワンタン麺(ベトナム)
(次点)カオソーイ(ラオス)
*注1
(次点)讃岐うどん(日本)
(次点)カオピアック(タイ)


*注1:タイ北部のカレーラーメンではありません。

昨年、世界一旨いラオスのカオピアック屋をルアンパバーンで発見し、次点から第2位に返り咲きました。
カオソーイ(ラオス)は無念の次点陥落、ただし差はわずか。。。

また、ウドンターにの「カオピアック・セン」のカオピアックが旨かったので、次点にランクイン。
ウボンのクワイジャップ・ユアンは残念ながらランキング落ちです。

※ウドンターニのカオピアックとウボンラチャタニのクワイジャップユワンはタイの人に言わせると「同じもの」だそうだが、オレが食べ比べた限りでは別物と定義している。

【1位:フォー(ベトナム)】
間違いなく断トツの1位

ベトナムに行けばどこでも激旨のフォーを食べられるというわけではなく、あっても地域によって味がかなり違う。
1位のフォーはあくまでも本場ハノイの素朴なフォー。

Phở Thìn/フォーティン/ハノイ(★★★★)
IMG_4637-0913.jpg
ダントツに旨いフォーティン

ベトナムが世界に誇る文化遺産レベルと思っている。
文句なく四つ星で「これを食べずして麺類を語るなかれ!」と言える名店中の名店

Phở Ông Vui/ハノイ(★★★)
これも抜群に旨い。

IMG_2760-1210.jpeg

この店のフォーは特に麺の旨さが際立っている逸品。

2軒ともおすすめできるハノイの名店です。

2位カオピアック(ラオス)
汁あり部門では長らく2位だったのだが、ミー・ワンタン/ワンタン麺(ベトナム)の出現とビエンチャンの名店の廃業(現在は復活している)によりランク落ちしていたのだが、今年度返り咲いた。

ร้านข้าวเปียกหัวเซียง/カオピアック フアシアン/ルアンパバーン(★★★★)

IMG_9133-0331.jpeg

昨年3月に見つけた世界一旨いカオピアック屋
Googlemap上にはカオピアック フアシアン(ร้านข้าวเปียกหัวเซียงタイ語、ラオ語表記は不詳)という店名が表示されるが、店には看板もないので本当の店名なのかは分からない。

※タイもラオスも小さな店はわざわざ店の看板は出さない。タイには看板税という税金があるからなのか?
そういう場合は店主の名前で「〇〇さんの店」と言われることが多い。

初めて行った際、一口食べて唸った旨さ。
ラオスで開店前から行列(待ち客)ができる店は全カテゴリーでここ以外に見たことが無い。

この店もハノイのフォーティン同様「これを食べずして麺類を語るなかれ!」とダマスカスに言わしめた名店だ。

ຮ້ານໝີ່ນ້ຳພຸ/ミーナムプ(旧ナムプコーヒー)/ビエンチャン(★★)
IMG_4456-0303.jpeg

こここそがオレにとってラオスのカオピアックの原点
2006年ごろから通っているが、ラオス料理全般→カオピアック→雑貨屋→カオピアックと扱う料理(商品)が変わっているが、味はブレない。

緊急速報!閉店の真相は?名店ナムプーコーヒーを訪ねる@ビエンチャン、がんばれ〜♪

【緊急速報!】あのカオピアックの名店ナムプコーヒーが復活!!!@ビエンチャン

ຮ້ານເຂົ້າປຽກເສັ້ນແຊບ/カオピアック セープ/ビエンチャン(★★)
IMG_4493-0303.jpeg

朝と昼ではスープの味の濃さが違うのだが、店名の通り旨いカオピアック

3位:ミー・ワンタン/ワンタン麺(ベトナム)
これは比較的最近発掘した料理なのだが、とにかくスープが蝦?蟹?系の芳しい香りで唸るおいしさ。
麺はいわゆる中華麺(小麦麺)で、九州ラーメンのような細麺・つるつる。

Phương Béo Mỳ Vằn Thắn/フォンべオ ミーワンタン/ハノイ(★★)

IMG_4625-0913.jpg

ハノイに頻繁に行くのはフォーとミー・ワンタンを食べに行くため。
近所の立ち食い蕎麦屋に昼飯を食べに行く感覚と思ってもらえば間違いない。

世界三大麺(汁なし》

1位:フォー・サオ・ボー(ベトナム)
2位:ホッケンミー/福建麺(マレーシア)
3位:ホッケンミー/福建麺(シンガポール)
(次点)五目焼きそば(日本)
(次点)パッㇳ・シーイウ(タイ)

1位のフォー・サオ・ボーは断トツの1位で不動。
汁物はベトナム系の圧勝だが、汁なし焼きそばは中華系が善戦している。
元はと言えば全部中華系かも?

1位:フォー・サオ・ボー(ベトナム)
不動の1位、これに勝る焼きそば系は永遠に出てこないだろう。

Phở Xào Phú Mỹ/ハノイ(★★★★)
3つ目の「これを食べずして麺類を語るなかれ!」と言える名店
IMG_4651-0411.jpg

牛肉のうま味(と言っても日本人には物足りないかもしれないが、普段牛肉を食べる機会の少ないタイ在住者にはこれぞ肉!と感じる)ぎっしりで、甘めのベトナム醤油を使った料理。

タイと違って一品のボリュームがかなりあるので一皿で満腹間違いなし。

2位:ホッケンミー/福建麺(マレーシア)

金蓮記/クアラルンプール(★★★)
IMG_6418-0913.jpg
超どきつい色なので超濃厚味を想像しやすいが、見た目よりは全然どくどくない。
日本のうどんのような麺(太さが)に旨味が絡まり旨い!

3位:ホッケンミー/福建麺(シンガポール)
2位と同じ名前だが、ホッケンミーにはマレーシアスタイルとシンガポールスタイルがある。

水源福建麺/シンガポール(★★★)
これはシンガポールスタイル。
IMG_1065-0730.jpeg

炭火の強火で炒めてあるのでほんのり炭の香りがある逸品
少しくどさはあるものの旨味の方が勝る

***

えっ?日本のラーメンは?って?
ここに挙げた麺類の足元にも及びませんよ(。>д<)

ここに挙げたものはこれを食べるためだけにその地に行く価値がある料理(Damascus基準)を厳選しました。
四つ星は「これを食べずして麺類を語るなかれ!」と言えるほどのレベル、三つ以下はミシュラン評価と同じです。

Damascusおすすめではあるけれど、万人に受け入れられるかは知りませんし保証はしません。
日本で生まれ育った普通の日本人には受け入れやすい味であるのは間違いないですがね。

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪
皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆

| ■世界三大麺 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/2246-c61ce718

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT