脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カオソーイで、北部にいる雰囲気を味わってみました♪

6月13日(土)

昨夜というか2:30amごろ、またモーレツな雷。
近場にも3発落ちて、その時の稲妻といい雷鳴といい、とにかくこの世のものとは思えませんね〜55

この雷、もう10年ちかく毎月タイに来ているので慣れたと言えば慣れたんだけど、やっぱり目の前に落ちるのは気持ちのいいもんではないです。。。
まあ、実際タイでは田舎を中心に毎年多くの人が雷で命を落としているようだが、これじゃあそうだよな〜って思うね。

でも、夜間に雨が降れば気持ち良く過ごせるので、まあ許容するしかないね。。。
拒絶しても許してくれないだろうけど55

一方、暑い暑いと言われている昼間。
今の時期(っていうかほとんど通年)昼間は30℃超といわれているけど、学校帰りのバスはノンエアコンバスで、バス停からアパートまでも徒歩で歩いてくると(10分ちょっと)、子供のころの「夏休み」を思い出すちょっと心地いい暑さかな?

会社に勤めるようになって以降、真夏の真昼間に外を歩くことはほとんどなかったし、暑けりゃ冷房の聞いた電車かタクシー使って暑さから逃れていたんで、冷房なしのバスに乗って炎天下を歩いて帰る日常なんて。。。
なんだか小学校の時の夏季プール教室からの帰り道、泳ぎで疲れた体でとぼとぼと歩いて帰った日々に似ているな〜55

まあ確かに帰り道は暑いのだが、部屋ではエアコンつけずに快適に過ごしている。
窓を全開にすれば、結構乾いた風が気持ちいのだな♪
全然無理していないよ♪
アパート選ぶなら「風通し」「階層」が重要なポイントだと再認識している。
でも、夜になると風が止まって暑くなるんで、夜間だけエアコン入れている今日この頃。。。

さて、そのアパートへの帰り道に「カオソーイ屋」を見つけたと以前の記事に書いた。
今日、炎天下そのカオソーイを食べに行ってきた。

カオソーイって北タイで有名なカレー風味の麺のこと。
チェンマイとかチェンライに行けば普通に街中で食べられる代表的な料理だけど、バンコクで食べようと思うとこれがなかなか見つけられないんだな。。。

今の日本じゃあ、東京に居ても「札幌ラーメン」「讃岐うどん」「九州とんこつラーメン」はおろか世界各国の料理を気軽に食べることができるけど、そんな国、都市って意外に少ないもんだよ。。。
今のタイの「日本料理屋」の多さはちょっと別格だけどね55

なので、久々のカオソーイ♪
何年ぶりだろうか?

こんなsoiにぽつんとある店(緑の店)
IMG_3881-1.jpg

店の名前は不明。。。こじんまりした店で営業時間は11:00−14:00の3時間のみ

早速いただきましょうか〜
IMG_3878-1.jpg

スープはカレー味、上に揚げ麺が乗っていて薬味に玉ねぎ、漬物、最後にマナオ(ライム)をぎゅっと絞って食べる。
IMG_3879-1.jpg
中の麺は中太のたまご麺かな?これは鶏肉入りのカオソーイ、普通盛りで40B
タイ料理の基本「辛味」「甘味」「酸味」を同時に味わえる♪

お味は、まあまあかな?まあ、普通に美味しい♪
いつも思うのだけど、特にこのカオソーイは熱々スープで食べたいんだけど、まずそんな店はない(ずいぶん前にノンタブリーに熱々スープのカオソーイを出す店があった)。。。

オレ的には世界三大麺は
1位:ベトナムのフォー
2位:ラオスのカオピヤック
3位:ラオスのカオソーイ
(*1)
次点:讃岐うどん
なので、この北タイのカオソーイはランクインされていない。
(*1)味噌ひき肉の入ったうどん

でも、毎日毎日あまり考えずに適当に食べている昼食。
たまの休日くらいは何か目的を持って食べてみたいと思っていたので、まあ満足したかな?

店内の表示
IMG_3880-1.jpg
この店、提供しているのはこのカオソーイともう一つนำเงี้ยว/ナム・(ン)ギャアオと書いてあるね。。。このふたつだけ。。。
このนำเงี้ยว/ナム・(ン)ギャアオっていう料理、聞いたことはあるけど食べたことなかったのでネットで調べてみた。



カノムジンを入れて食べるスープのようだけど、トマトスープ系みたいだね?

来週の週末はこれを食べてみよう♪

ということで、なかなか旅立てない状況にいるので、こうして食べ物で北タイにいる雰囲気を味わってみました♪
イサーン料理はどこでも食べられるけど(それだけバンコクにはイサーン出身者が多いってこと?)

どっちも旨そ〜♪タメになった♪面白かった♪と思ったら
ぽちっとお願いします♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング



| バンコク食堂 | 18:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ノスタルジックな雰囲気の町の様子も幼い頃の
夏休みの思い出に似合う感じですね。
私も熱いものは熱々で、冷たいものは冷たく食べたい
方なのでぬるい感じは好きじゃないのですが、タイ料理は
調味料にいろんな味がするのでこんなものなのだろうと
思って食べていました。それにしてもルアッ ムー?てやっぱ
鉄っぽい味がするんですか?普段あまり気にしない私も
豚の血って聞くとゲッって思ってしまいます。

| MoChit | 2015/06/13 23:07 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
タイの人って猫舌が多いので熱々は嫌うらしいです。
それに中国の影響からでしょうか?冷たいものは体に悪いという考えがあるようです。。。
日本では嫌われる「常温(または温かい)」っていうのがタイ料理の基本のようですね?

ルアット・ムーはほとんど無味無臭かな?濃い味付けで食べるので更にそう感じるのかもしれないけど、いわゆる「血の味」ってのは全く感じません。
クイッティアオでもスープに血を入れる「ナムトック味」ってのがありますが、これもスープに深みが出て美味しいです。
一度食べれば納得すると思いますよ。。。

| Damascus | 2015/06/14 08:12 | URL |

バンコクでカオソーイ

そうそう、バンコクでカオソーイ食べようとすると、
結構探しますよね、私もカオソーイ好きなんで探しました。チェンマイ料理以外で食べれるとこは、アソーク、ロビンソン地下のフードコートかな?ここが手軽でいいですかね。

| asian night`s | 2015/06/16 01:15 | URL |

Re: バンコクでカオソーイ

asian night'sさん
このsoi探してみると結構いろんな店があります。
屋台ですが「北部料理」なんてマジックで書いた看板下げている所や、フードコート(バス停横)にも「南部料理」って看板もあります。
赤提灯ぶら下げた店も周辺で3軒くらいあったかな?
入ってはいませんが。。。

| Damascus | 2015/06/16 08:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/246-5f935e60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT