脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

初めての落車・転倒で気が滅入ってます・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気ままな鈍行列車の旅、どこに泊まるかは状況次第♪小樽〜倶知安〜長万部----長万部・かなやのかにめし----

9月3日(木)---その2---

今日の函館行き最終列車、小樽発12:20まであと10分。。。
順調に歩き出し、もう小樽駅の駅舎が見えてきたとき。。。

あっ!傘忘れた〜

極上うに丼を食べたうろこ亭で「傘はあちらの傘立てにどうぞ〜」って言われて傘立てに立てた傘。。。

でも、もう引き返している時間はない。。。
まあ、540円のビニール傘なんで諦めよう。
今から取りに戻っていたら今日中に函館に辿りつけないのだ〜

だいたい、雨の降っていない時に傘を傘立てに置いたら、フツーの人は皆忘れるよな、そうだそうだ555
と自己弁護はしたものの、2010年にあった「忘れ物多発事件」を思い出してしまったのだな。。。

2010年事件番号1、3「また!!!やっちまった~!!!」
2010年事件番号2「やっちまった~(汗)」「スワンナプーム空港ターミナル5F!」

あの時はあまりの忘れ物の多さにアルツハイマーを疑ったくらいだったが、今思えば仕事のストレスが原因の単なる疲れだったんだろう。。。
昨年末に「脳ドッグ」で検査したけど、脳の委縮は見られなかったんでちょっと安心はしていたけど、久々の忘れもので嫌な記憶がよみがえってしまった。。。

小樽駅のホームで12:20発の長万部行きの列車を待っている間に、そんなことすっかり忘れてしまったが。。。55
第二弾、第三弾が待ち受けているとも知らずに・・・55

で、定刻通り小樽発長万部行きディーゼル2両編成は出発♪
余市辺りまでは結構混んでいたけど、その先はもうオレと同じような閑人の旅好きか、鉄道マニアっぽいやつしか残っていなかったな。。。

対面に座っていたおっちゃんは分厚い「JR時刻表」を持っていた。。。

オレは鉄道マニアでもなんでもなくて、ただ単に鈍行列車に揺られて旅をするのが好きなだけ。
なので、キハ〇〇〇はどうのこうの・・・ってのは全く興味ないんだけど、その代り時刻表マニアであることは間違いない。。。

時刻表を眺めて旅をした気になるっていうのか、妄想の世界に入ってしまうというのか。。。
オレを黙らせたければ「地図」と「時刻表」を与えてやればOK♪
一日中時刻表眺めて「日本中を旅している妄想」にはまり込んでいるだろうから。。。

久々に分厚い時刻表を見て懐かしく思ったな~

そうそう、それにまだまだ先の話だけど、北海道新幹線(函館⇔札幌)はどうも函館⇔長万部⇔倶知安⇔小樽⇔札幌っていうルートになるようだな。もちろん新線を建設するんだろうけど。。。
そうなると、この函館本線の山ルートはどうなっちゃうんだろう???
第三セクター?それとも廃線なのかな?

そんなことを考えながらの鈍行列車の旅でした。。。

さて、列車の中はこんな感じ
IMG_4441-1.jpg
倶知安(くっちゃん)までは1時間10分

倶知安で12分の待ち合わせ。
IMG_4445-1.jpg

ここで地元の女子高生がいっぱい乗ってきた。
1時間に一本程度の列車で通学ってのはオレには想像できないけど。。。乗り遅れたらどうするんだろう???

ホームから1枚パチリ♪
IMG_4448-1.jpg

これが乗ってきた2両編成のワンマン車
IMG_4447-1.jpg


13:42長万部に向けて出発。
このあたりは晴れていれば羊蹄山とか眺めがよさそうなんだけど、曇っていて景色はほとんど見えず。。。

長万部到着15:15、倶知安からは約1時間半の行程。
小樽からだと待ち時間を入れて2時間55分の鈍行列車の旅

倶知安で乗ってきた女子高生の集団は途中駅で降り、結局長万部到着時に乗っていた客はやはりマニアっぽい旅人ばかり。。。そりゃそうだよな~
IMG_4458-1.jpg

札幌⇔長万部っていうルートで考えると、東室蘭経由の特急に乗れば2時間程度、一方小樽経由の山線鈍行だと3時間半程度かかるからね。。。
好きじゃなきゃ乗らないよ、こんなルート555

さて、今日の宿をどうしようか~
汽車の中でつながりづらいインターネットを駆使して検索したけど、今日の長万部温泉宿はどこも一杯らしい。。。

そうは言っても直接電話をすれば空いていることも多いので、2-3軒にかけてみたけどやっぱりどこも満室だった。
このあたりの温泉宿は毛ガニの夕食を楽しみに来る客が多いって聞いてたけど、今日みたいな平日でもやっぱり当日は無理なんだね~

さて、そうすると今日中に函館まで一気に行くしかないね。。。
時刻表を見ると16:09発の長万部発函館行があるけど、これに乗っても函館着は19:25。。。
つまり3時間以上の長旅なのだな。。。

小樽発が12:20、函館着が19:25ってことは、鈍行列車に7時間05分乗ってるってこと。。。
腰が壊れそうだな555
東京⇔バンコクよりも時間がかかるってことだよ、これは♪

待ち時間が1時間弱あるので、ちょっとここに寄ってみました。
IMG_4450-1.jpg
そう、長万部といえば毛ガニ、そして「かなやのかにめし

ちなみにオレはここ長万部に2度来たことあるけど、毎回買っているこの「かにめし」
まあ、全国の駅弁の中でもかなり有名な駅弁だ。

しかも、今や長万部で乗り降りする人はほとんどいないので、なかなか買うチャンスが無いだろうと思う。
(もしかしたら特急車内でも売ってるのかな?)

これが「かにめし」弁当
IMG_4453-2.jpg
IMG_4455-2.jpg

お味は?
毎回思うんだけど、ちょっと、いやかなり甘めなんだよね。。。でも・・・
美味しくいただきました♪55
確か308バーツだったけかな?

でも、駅弁ってどんなに冷めてても、大したもんじゃなくてもなんで美味しく感じるんだろうね〜?
やっぱり旅の気分が全てをプラス思考にするかな〜?

固くて冷たくなったご飯に、これまた冷めたしょぼいおかず。。。
これが美味しく感じるって不思議だと思う。。。

制約された環境のもと、これしか食べられないから、そんなものでも美味しく感じるのか?とも思ったけど、オレ、崎陽軒のシュウマイ弁当が好きで普段でもよく買って食べてたけど、どんな環境下でも美味しいのだな555

日本の駅弁って不思議な食べ物だ〜


さて、16:09の長万部発函館行きの改札が始まった。


う〜ん、うまそ〜う♪
なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015日本【4】北海道・東北・東京・神奈川 | 00:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

忘れ物第1弾は傘でしたか、ウンウンそれはたまにありますよ、
でも第2弾、3弾があったのですね(笑)。
かにめし弁当美味しそう~。駅弁てやっぱり美味しいですよね!
そういえばハジャイからバンコクまで2日かけて汽車旅したのですが
お昼頃着いたある駅で(何駅か忘れました)乗り込んで来たガパオ・ガイの
お弁当がやたら売れてたので私も買ってみました。これが辛いけどほんと
美味しかったです。で、翌日乗った時も同じようなお弁当売りの人が入って
来たのですが、乗客のタイ人の皆さん何故か殆どの人が買わないんです。
どうして?と不思議に思って地元の人が買わないならと私もとうとう
買いませんでした。今でも何故だかわかりませんが、もしかしたらどの駅で
売りに来るお弁当が美味しいって知っていたのかも知れませんね。

| MoChit | 2015/09/11 21:47 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
そうでしょ〜?ふつうーですよね555
でもね、この後同じようなことが続くとふつーじゃないと思えてくるんですよ。。。
結構怖かったですね〜55

もう5年くらい前ですかね〜、ノンカイ→バンコクの急行列車で、途中車掌が「昼飯何が良い?」って聞くので、周りの人が頼んでいたガイヤーンを頼んだんですよ。そうしたら途中駅で車掌が大きな包みを受け取るとみんなに配り始めたんです。。。
多分、車掌が列車から携帯電話で途中駅の店に電話して弁当の注文をしていたんだと思います55
で、その駅で受け取って配って。。。もちろん有料でしたけど。。。

それがまたすごく美味しかったんです♪
こんなサービスこれっきりだったんで、多分車掌のお気に入りの店が途中駅にあったんでしょう♪

こういったサービス、タイらしくてすごく気に入りましたよ♪

| Damascus | 2015/09/11 22:05 | URL |

函館本線

何か演歌の題名みたいですが(笑)函館本線!
山線、私も20年位前かな?いずれはJR全線走破の夢もありましたので長万部から小樽まで乗りました。単行のディーゼルカーは
味が有りました。ほんと新幹線出来るとどうなるんでしょうかね?

| asian night`s | 2015/09/12 23:55 | URL |

Re: 函館本線

asian night'sさん
この山線、ニセコあたりの景色が見えるとすごく快適な位なんですが、当日は低く分厚い雲に覆われて景色を堪能できませんでした。。。
利用者を見ると廃線が妥当かな?って思います。寂しいですが。。。

| Damascus | 2015/09/13 21:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/333-0a4a42e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT