脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今回の旅のまとめと思ったこと

最後にまとめてみよう♪

タイの格安ホテル検索はここ♪

日数:8日出発21日戻り=13泊14日
走破距離:
①ハートヤイ→プーケット:約550km
ハートヤイプーケット1

②プーケット→バンコク:約910km
プーケットバンコク1

合計:1460km
単純平均で1日あたり100km移動したってことになりますね?
ちなみに往路のバンコク→ハートヤイへの飛行機移動は含まれていません。。。

14日間で見かけた日本人:7人
日本の年始休暇が終わった頃に旅立ったので、タイの主要ビーチを巡ったにもかかわらず非常に少なかったですね。。。
①クラビーのエメラルドプール&温泉ツアーで同行した青年2人

②プーケット・パトンビーチのホテルの朝食会場で見かけた中年カップル2人
日本語で話していたので間違いないが、二人でフルーツ山盛り掠め取っていたのはいただけないな。。。

③同じくホテルの朝食会場で見かけた青年1人
日本人と確信した理由はコレの3項目♪555
この青年も料理を3−4皿分山盛りに取っていたな・・・
海外にいるときは「日本代表」でいるように♪

④プーケット・パトンビーチでカップル?2人?
声が聞こえたので振り返ったら日本人らしき2人が見えた

一方、年末休暇時と比べれば少ないとはいえ、ファラン(一括りにするのはなにかと・・・)や華人はどこにいっても大勢いた・・・

日本人は長期休暇をちょっと外すと99%以上いないと言う印象
家族があって、仕事があってという条件は全く同じなのに、なぜこうまで違うのだろうかね〜?

仕事なんて、職場の仲間で持ち合って(シェアーして)定期的に中期?長期?休暇を取れば問題ないのにといつも思ってきたし、それで問題が起こるのであればそれは組織に欠陥があるということだよ。。。
職場の雰囲気で休みを取りづらいってのもあるかもしれないが、もし「オレがいないと仕事が回らない、滞ってしまう、問題発生した時に対処できない」なんて思うのはおこがましい。。。99%の会社人はその人が1−2週間いなくたって結局なんにも問題ないもんだよ・・・555

例えば海外出張で1−2wks職場を空ける人っていっぱいいるけど、その人がいない事が要因で重大な問題発生したことある???多分99%ないと思うよ。。。
多少の問題は放置され、ちょっと重要な問題は周りの誰かがやってくれているはず。

海外出張も休暇も「その本人が職場にいない」とう条件は全く同じで、残された同僚たちにとっては同じこと。
違いは「仕事か遊び」かだけで、あとは残された同僚たちが「しょうがねーなーと思うか、」「このやろう」と思うかだけ。。。
普段から仕事をシェアして持ち回り休暇を取るような仕組みができていれば「このやろう!」って思う奴らもいなくなるはず。。。

オレって生まれてくる時代を間違えたかな???555

「そんなことは分かっているけど・・・でもね・・・」っていう人は多いだろうけど、全然分かっちゃいないね。
だって「ファランや華人はこの時期いっぱい休暇を取っているけど、日本人はほとんど見かけなかった」ってのが何より「分かっていない」証拠だ♪
ファランや華人の人口比でいっても極端に低いはず555

サラリーマンなんて結局紙っぺら一枚の契約なのに、何にしがみついているんだろうね〜

オレは「今が最高〜♪」です♪

おしまい♪

ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

| 2015タイ旅【1】南部① | 11:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

南部訪問の旅お疲れ様でした。

長いこと、放浪されてましたね~!でも本当これが旅ですかね。
羨ましいです!こちらは、一緒に飲みに行ったのが遥か昔に
思うくらい、日々の業務に振り回されてます(泣)
でもそろそろ、一時帰国ですか?日本は寒いですよ~
あったかくして「日本訪問」して下さい!

| asian night`s | 2015/01/26 00:26 | URL |

Re: 南部訪問の旅お疲れ様でした。

asian night'sさん
もう少し歩き回りたかったですが、少々疲れました・・・
それに遊びほうけているほど余裕はないので切り上げて戻ってきました(笑)
そろそろ日本へ出かけねばなりません。。。ビザをどうしようかいまだに思案中です・・・
そういえば防寒具持っていないな~555

| Damascus | 2015/01/26 21:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/42-6f0c80a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT