脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

初めての落車・転倒で気が滅入ってます・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天国への路(5)ルーイ→ノーンブアラムプーン なんとな〜く決まった次の行き先

引き続き12月14日(月)
県庁訪問を終えて一旦ホテルに引き上げます。

朝方はあんなに寒かったのに、既に日が上がった今結構暑くてもう一度シャワーを浴びてうだうだしてたっけ。

さて、今日はどこへ行こうか?
基本的にオレの旅はその日の気分次第♪
大まかな方向だけは決めている場合も多いけど、最終的には当日朝決断することが多い。
ギリギリまで決めない性格♪
旅ではこういう方がストレスも溜まらず気が楽でいいね〜

***

サラリーマン時代、エジプトのシナイ半島にあるシナイ山に登る旅のときは、休みが思うように取れず6泊9日で駆けずり回り、結構ハラハラした(ヨルダンのアンマン-in、エジプトのカイロ-out)。
○X日までにここに辿り着かなきゃならない!っていう脅迫観念が常にあって旅を楽しむ心の余裕がちょっとなかったかも?
事実、真っ暗闇のシナイ半島の砂漠のど真ん中でバスがエンコして動かなくなったときは、かなり心配したな〜55
パレスチナ~シナイ半島2008年

***

話を戻す。。。
今日の目的地を南のペッチャブーンに定め、ホテルを出たのが11:00am
遅すぎるよね〜55

ボーコーソーまでサムローで40バーツ
IMG_5209-1219.jpg
ルーイのボーコーソー

うろうろしてたらおっちゃんに「どこに行くんだい?」って聞かれたので「ペッチャブーン」と答えるとちょっと困った顔をしながら「直通バスはないね〜、今から行くんならロムサック(ล่มสัก)まで一度行って、バスを乗り換えるしかないね」と。
(そもそも直通が無いのか?、それともその時間には無いのか?は不明。またロムサックがどの辺にあるのかもこの時点では全く不明だった)

ロムサック(ล่มสัก)行きのバスの出発が12:15pm(12:30pmだったかも?)で乗り換え時間なんかを含めると4時間超は間違いなくかかりそう。。。下手したら(乗るバスの種類によっては)5−6時間コースだ。。。

こんなコース
ルーイペッチャブーン

う〜ん、いきなりつまづく。。。

まあ、出るのが遅かったのと、そもそもこのコースは山道だから時間が掛かるってことを軽く考えていたからかな?
当初のようにピッサヌロークからなら直通のスピード出すバス(それでも山越えだから時間はかかる)があるのは知っていたんで、ルーイから入ったのはちょっと失敗だったようだね。。。

すぐに頭を切り替えて東に進むことにした。

悩んでいた場所の真ん前のブースにいたおばちゃんが心配そうに「どこ行く?」って聞いてきたので「東にある県。。。ええ〜っとなんだったっけ?」というと「ノーンブアラムプーンじゃない?」と言ってくれたんで「そうそうそこ♪」って調子で答えてノーンブアラムプーン行きのバス(終点はウドンターニ)のチケットを買って止まっていたバスに乗り込む。
IMG_5209-1219-1.jpg
助けてくれたのはこのブースのおばちゃん

IMG_5209-1219-2.jpg
チケットを買ったのはこのおばちゃんのブース

IMG_5206-1219.jpg

で、乗ったウドンターニ行きのバス
ノーンブアラムプーンで途中下車で運賃60バーツだったけかな?
2時間乗って200円前後だからタイのバスって本当に安くて便利♪もちろんエアコン車ですよ♪効きは悪いけど55

ということで、今日の行き先はノンブアラムプーンに決まりました♪
これがオレの旅のスタイル♪
別に負け惜しみじゃないよ55

地名だけ書いても分かりづらいだろうし、タイに精通している人でもノンブアラムプーンって県を知っている人の方が少ないだろうから概略図を貼っておく。

タイ全土版
ルーイノンブアランプーン1

拡大するとこんな感じ。距離は100kmくらいだけど結局2時間くらいかかったかな?
ルーイノンブアランプーン2

2時間後の2:00pm過ぎノーンブアラムプーンのボーコーソに到着。
IMG_5225-1220.jpg
まあ、ここは特に興味を引くようなものは無さそうだったので、とりあえず県庁訪問だけして次の場所へ移動しよう♪

まずは県庁までのサムローを探すか〜

なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2015タイ旅【4】イサーン・(ビエンチャン) | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/426-bce362b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT