脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

初めての落車・転倒で気が滅入ってます・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

杜の都ハノイ(7)ベタな観光スタート。やっぱりガイドブックはちゃんと読まなきゃダメだね・・・

引き続き1月22日(金)

着きましたホーチミン廟です。
IMG_5876-0129.jpg

さすが建国の祖を祀った場所、異常に広い道路。。。
なかなか立派ですね♪

横にはホーチミン博物館なるものがありましたが、共産主義者の人生には何の関心もなく素通りです。
これが博物館らしい。
IMG_5877-0129.jpg

このホー爺さんの一生についてはこれを読めば十分ですかね?
IMG_5878-0129.jpg

廟の正面。

この中にホーチミンの生身の死骸が展示されている?らしいです。

こうして永久保存されている政治家の死骸で有名なのは「レーニン」「蒋介石」「毛沢東」「金日正」「金正日」そして「ホーチミン」。。。まるで悪の枢軸そのものですよね?55
これに「ヒトラー」と「ポルポト」が加われば万全でしたが55

よく、ホーチミンは「腐敗や汚職に無縁で、禁欲的で無私な指導者であり、自らが個人崇拝の対象になることを嫌っていた」と言われ清貧の政治家と言われているようですが。。。本当でしょうか???
閉鎖的な強権政権の国では都合の良いことしか言いませんので、まずは疑ってかかることが大切です。

ホーチミン本人の意に反して、神格化され個人崇拝の対象になってしまった今。自分が崇拝した主義主張に自分の意を捻じ曲げられるとは思いもしなかったでしょうね?

ベトナムは共産党一党独裁の強権国家。
気を許してはいけません。。。
建国の祖ホーチミン自身でさえ、死後利用され「晒し者」になってしまったぐらいですから55

さて、時刻は10:00am
まあせっかくここまで歩いてきたんだから、世紀の革命家の死骸でも見ておくか・・・と思い、ぐるぐる歩いて入口を探す。着いたところとは逆の西側に入口らしき所があり、4万ドン払って入場したが、そこは「パックタオ公園」と言われる公園だった。。。

ここからホーチミンの家や廟に入れるのかと思ったけど、その気配なし。。。
えっ?こんな公園に入るだけで4万ドン???
完全に無駄金だった。。。

園内では人民よりタイ人観光客の方が多かった。あちこちからタイ語が聞こえたよ。
IMG_5879-0129.jpg

IMG_5882-0129.jpg

これが廟の裏側。
完全に閉まっている。

外に出て「地球の歩き方」を見て納得

ホーチミン廟
開館時間
4/1〜10/31 7:30-10:15
11/1〜3/31 8:00-10:45

休館
月曜日、金曜日
入場無料


555
今日は金曜日でしたね。。
日本人の感覚でいうと金曜日休館ってことは全く頭になかったね〜
それに今の時期は10:45までしか入れないらしい。
その時の時刻は10:00ちょっと過ぎだったからギリギリ間に合ったけど、そもそも金曜が休館じゃあしょうがないね。。

イスラム教の国なら金曜日が休みって知っていたけど。。。
ちゃんとガイドブックを読んでいない証拠だな55
まあ、死体を見てもしょうがないのでさっさと廟を後にした。

ハノイ一、いや世界一のフォー「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」からの道のりはこんな感じ


***

で、次はこの近くのベトナム軍事歴史博物館へGo!
ここはホーチミン廟へ来る時に通った場所にある。


歩いて10分くらいの距離
この博物館の前にも「オートバイ、オートバイ、チープ、チープ」とうるさい運ちゃんがたむろしていた。
オートバイって日本語だよね?

IMG_5890-0129.jpg
博物館の建物。
ここは基本的に広大な軍の施設の一部が博物館になっているだけで、やたらと軍人が行き来していた。
まさにこの絵とおんなじ格好で。。。
IMG_5867-0128.jpg

入口のチケット売り場で料金表を見ると、大人40,000ドン、カメラ持ち込み30,000ドンと書いてあったので「あの〜、大人一枚それとカメラも一緒に」って言って100,000ドン札を出すと「今日は休館日です。野外展示物は自由に写真を撮って良いです」と言いながら60,000ドンのお釣りを差し出す。。。

えぇ〜、ここも金曜日が休館なの〜???

ベトナム軍事歴史博物館
開館時間
4/1〜10/31 8:00-11:30、13:00-16:30

休館
月曜日、金曜日

入場料
大人   40,000ドン
7-大学生 20,000ドン
6歳以下   無料
カメラ持ち込み 30,000ドン


ちゃんと昼休み時間は取ってあるのね?
さすが公務員天国ベトナムです♪

オレってこういうベタな観光施設にはほとんど興味ない(特に東南アジアの寺院、博物館や有名建造物には興味なし。ただし中東の遺跡には大変興味あり、また近代戦争に関する資料にもちょっと興味ある)ので、最近滅多にガイドブックなんか見ていなかった。

基本、オレはガイドブックを持っていく場合でも現地到着してからルートを決めたり、見たいところを決めるタイプなので事前に熟読したことはほとんどない。
大概「行きの飛行機の中で読もう」と思っても読んだためしがない55
事前に読むのは「入国」に関するページと、最初に行く場所へのアクセス方法ぐらいかな?

なので、「行ったけど閉まっていた」・・・なんてことは何度かあった55

そんな時は「また来ればいいや〜」って思っていたし、本当に興味がある場所には何度も何度も行っている。
一見効率が悪そうに見えるけど、これがオレの旅のパターンで、行き当たりばったりの気まま旅が一番楽しいと信じて疑わない。。。
あそこに行きたい、あれも見たいと最初から全部詰め込んで計画した旅はオレのしょうに合わないんだよね。。。

この博物館に興味があったのは、サイゴン陥落の際、大統領官邸に一番最初に乗り込んだT54型戦車(識別番号843)が国宝として展示されているから。
ただ、よく調べてみると本当に最初に突入したのはT59型戦車(識別番号390)だったようだ。
この2両が国宝として登録されているらしい(390号は別の博物館に展示中)。

野外には別のT54型戦車(識別番号985)が展示されていた。
IMG_5883-0129.jpg
IMG_5884-0129.jpg

で、鋳物の砲塔をよ〜く観察してみると・・・
IMG_5885-0129.jpg
IMG_5887-0129.jpg
う〜ん、相当粗い仕上げをしているな〜
(それともかすった砲弾の痕???さすがにこんなにかすらないよね?)
巣もいっぱい出ていて、こりゃあ内部欠陥も相当ありそうだ55

まあ、戦車は美術品じゃないのでこんなもんでも良いのかもね?

ちなみにこの奥に展示されていた米軍のM48型戦車
IMG_5893-0129.jpg
IMG_5897-0129.jpg
こちらも鋳肌むき出しだけど、無駄な仕上げが必要ないレベルのようだね?

当時のアメリカとソ連の鋳造技術の差かな?

えっ?あんた見るところ間違ってない?って?
会社員時代、この鋳物や鍛造品の欠陥でずいぶん泣かされたんです。。。
なので、ついつい目が行っちゃうんですよ55

9年前にはホーチミン・シティーの戦争博物館やクチトンネルにも行ったことがあるが、これでよくアメリカに勝ったな〜と感心するほど貧弱な装備。。。人海戦術、ゲリラ戦法って大国相手に意外に有効なことが分かった。。。
ソビエトのアフガニスタン戦争しかり、アメリカの対アルカイダ、対ISしかり。。。

ここでは本館が閉まっていたので外に無造作に展示されているガラクタ?を見て回った。
IMG_5888-0130.jpg
IMG_5889-0130.jpg

ん?んん〜ん???
こっ、国宝?このオンボロMIG-21が???
米軍機14機撃墜のマークが輝かしいね〜

あとは本当のガラクタ
IMG_5892-0130.jpg
IMG_5905-0130.jpg
ベオナム戦争といえばこのUH−1H。地獄の黙示録の最初のシーンを思い出す。

このUH-1Hは日本ではFHIが作っていた。今は改良型のUH−1Jだけど。。。
これ、両方ともかつての仕事で関わった機種で、特にUH−1Jは製造スタッフとして一部品の開発に関わっていたんで懐かしいね。。。

ここには古い監視塔?みたいのもあった。
IMG_5891-0130.jpg

この塔の上からの景色
IMG_5911-0130.jpg
眼下に眠る戦争の残骸、遠くに見える近代的な高層ビル。。。

果たしてこの戦争で亡くなった方は報われたのか?犬死にだったのか?



なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【1】 | 00:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

犬死と両方だったのかもしれない、アメちゃんを追い払う功績があったのだろうから

| アグリランナー | 2016/02/01 09:44 | URL |

Re: タイトルなし

アグリランナーさん
そうーですね~、分断国家を統一できたんですから誇りを持って散ったのかもしれません。
しかし、その後の中越紛争は完全な犬死だと思います。。。

| Damascus | 2016/02/01 20:06 | URL |

会社勤めをしていた頃のクセが出ちゃうんですねー、素人目でも仕上げの粗さがわかりますね。出来の悪い大きなおもちゃのように見えますが実際これで戦ってたんですね。
ガイドブックって買っても結局読まないんですよ、ていうか私の場合、読めないというか・・本を読むのは好きな方なのに旅行ガイドブックとか、地図に至ってはほんとダメで(笑)。隅から隅まで読んで頭に叩き込んでる人がほんとすごいなーって思うんですよ。

| MoChit | 2016/02/01 22:24 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
戦争やってる国は「実用品」として作ってますが、日本の場合は「美術品」を作ってたんで、それはものすごい「外観要求」でしたね。こんなの機能に影響ないじゃんってところまで「ピカピカ」に磨いていました。
運用されたらすぐに傷だらけ煤だらけになっちゃうんですがね55

空自では米軍が作った基準を適用(または準拠)しているんですが、アメリカじゃ合格でも、日本では不合格ってのがほとんどで「全く理解不能」な世界でうんざりでした55

結局は「粗悪品」を使った国が勝っちゃったんで、日本も少しは考え方を変えてほしいです。。。

ガイドブックは「買ったら安心」しちゃうタイプで、結局見るのは地図が80%、ホテルや食べるところが15%くらいですかね。。。地図は頭に叩き込みます。道の四つ角ごとにガイドブック広げてたらいいカモにされるんで55
今はネットでなんでも検索できるんで、重要性はますます下がっています。。。

| Damascus | 2016/02/01 23:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/482-2887681a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT