脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本一時帰国の際の「免税購入」ガイド(1)Rev.1消費税なんて払ってたまるか〜♪

昨年一時帰国時(9月)、220V対応の炊飯器を買いたいな〜と思いヨドバシカメラに行った際、日本人でも一時帰国者は免税消費税8%のみが免税対象、酒税やタバコ税等は免税されない)適用が可能ということを知った。

この時は炊飯器のあまりの高さ、特に220V仕様は国内仕様品よりも割高だったので断念したが、次回何か買う時・・・って思いながらすっかり忘れていた。

近所のイオンに行った際、この看板を見て思い出した。
IMG_6154-0214.jpg

そうだ、免税で爆買いしようと。。。

その後、この免税店マークを街中で見ることになるとは思わなかった。。。

まず、日本国内の免税店で買い物する場合の条件・手続きについて書いてみる。
海外に行く際、出国審査を通過した後(制限区域)にある免税店とはちょっと異なる。

詳しくは国土交通相官公庁HP参照

1、免税できる店
納税地を所轄する税務署長の許可を受けた免税店であること。
このマークが目印
japantaxfreeshop.png

新宿や渋谷に行けば、このマークの店がやたらに多く、物品販売をしている店なら大概は免税店であると思って間違いない。更に近所のスーパー(イオンやイトーヨーカドーなど)も大概免税手続きをしてくれるコーナーがあるので、このマークがなくても店舗で確認してみるといい。

2、免税購入できる条件

1、外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
2、2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
3、1及び2に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
4、1から3までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者


2の条件はかなり曖昧でいかようにも解釈できるので、大概の海外在住者=非居住者は適用できると思う。

→Rev1:また、この文言を読む限り「2年以上海外に住むつもり」であればよく、極端なことを書けば「毎週日本に戻って免税購入して」も問題ないってことになる(2/20追記)。

ワンポイント
→4項に「滞在期間が6か月未満の者」とあるように、日本への入国スタンプが確認できないとダメ。
つまり、自動ゲートをそのまま通過するとスタンプが押されないので、有人のゲートを利用する、または自動ゲート通過後に係官に申し出てスタンプをもらう必要あり(出入国管理の事務所に行って「スタンプ押してください」と言えば押してくれる)。

3、免税で購入できる物、最低購入金額
通常生活の用に供される物品(一般物品、消耗品)であること。
非居住者が事業用又は販売用として購入することが明らかな場合は、免税販売対象外になります。

一般物品(家電、カバン、靴、衣類、時計、宝飾品、民芸品など)
・1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が1万円を超えること。(税抜価格10,001円以上
・販売合計額が100万円を超える場合には、旅券等の写しを経営する事業者の納税地又は販売場の所在地に保存すること。

消耗品(果物、食品、化粧品、飲料、医薬品など)
・1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円を超え(税抜価格5,001円以上、50万円までの範囲内であること。
・非居住者は、消耗品を購入した日から30 日以内に輸出する旨を誓約すること。
・消費されないように指定された方法による包装がされていること。


→Rev1:消耗品は、出国までの間に消費されないよう封印袋に入れられるが、一般物品は通常と同じ梱包。
つまり、衣類の場合は着用しちゃっても良いってこと(のようだ)(2/20追記)。

4、免税購入時の手続き

1、旅券等の提示
2、「購入記録票」「購入者誓約書」の作成
 基本は店が全部記入してくれて、最後に購入者がサインするだけ。
3、免税店は「購入記録票」を非居住者のパスポート等へ貼付し割印します。


こんな感じ
IMG_6217-0214.jpg

ワンポイント
→慣れた店なら問題なく書類を作成してくれるが、パスポートに貼られる書類はサイン時に「在留資格」の欄に「一時帰国」や「短期滞在」と書かれているか?をよく確認すること。

ユニクロでの例
最初に作った書類には「帰国」と印字されていて、確認した上司が「一時帰国に修正しなさい」と店員に指示していた。
その上司曰く「『帰国』だけだと免税にならない」とのこと。
多分大丈夫だろうけど、うるさい税関職員に当たるとトラブル可能性は否定できないので「短期の一時滞在」という内容で書類作成したほうが無難。
IMG_6221-0214.jpg
上はユニクロの例
(ユニクロって山口税務署の認可なんだ〜、本社は山口?)

IMG_6222-0214.jpg
これはオニツカタイガーの例
店によって書類のフォーマットはバラバラ。

また、店舗によって
1、会計カウンターでそのまま免税手続きしてくれる=ユニクロ、オニツカタイガー、エルブレス
2、一旦レジで税込で支払って、現品とレシートを持って「免税手続きコーナー」で税金分を現金で戻してくれる=イオン、イトーヨーカドー等スーパー系
の2種類がある。

また、百貨店系では8%全額の還付ではなく1.1%を手数料として徴収されるという記事を読んだので、店ごとに還付方法を確認して下さい。

5、出国時の手続き

1、出国の際に税関にパスポート等に貼付された購入記録票を提出します。
2、購入した免税物品を携帯して国外へ持ち出します。
※非居住者は免税物品を出国前に他人に譲渡してはいけません。
※飲料類、化粧品類等における液体物は、国際線においては客室内への持込制限があるので、受託手荷物とする必要があります。


(この記事を書いた時点では、まだ出国していないので、官公庁HPの内容をそのまま転記しています。実態は後日追加で記載する予定です)
→Rev1:成田空港第一ターミナルの場合、保安検査を抜けた後、1階の出国審査場に行くが、審査場の後側に「税関」にブースがある。そこでパスポートを提出すると、係官がパスポートに貼られた「購入記録表」を特に項目をチェックする訳でもなく、「ご苦労様で〜す」と言いながらを剥がすだけ。
つまり、何も見ていない。
まあ、外人の場合税関に寄らずそのまま出国してしまう人も多いのだろうし、単なる「儀式」のようだ。。。(2/20追記)

日本の空港の場合は
①エアラインのチェックインカウンターで荷物をチェックイン
②手荷物の保安検査
③税関(といっても出国審査場の手前にブースがあるだけ)
④出国審査
という順になっていて、免税品を①で預け荷物にしてしまうと、現物と書類の確認ができない=悪意を持ってやればいかようにもごまかせる?ってことになっちゃうんじゃないかな?

ただし、ある記事で「税関でもめて、税関職員と出国者が連れ立ってどこかへ行った」のを目撃したことが書いてあったので、受託荷物にして預けても、怪しい免税品と睨まれれば実物検査される可能性もあるようだね。

ちなみにバンコク・スワンナプームでは
①免税品は店舗で一旦税金分も払う。
②店舗で免税書類(カード)と現品を受け取る
③空港でチェックインの前に、税関ブースで②を確認(実際に現物も確認する)し、書類とカードを受け取る
④通常の搭乗手続き→出国後、制限区域内の「税金還付ブース」でキャッシュを受け取る
という手順になる。

詳しくは以下を参照(2014年当時の実録)
あこがれの物を手に入れるための苦難の道のり・・・
税金なんて払ってたまるか!

ここまでは一般的な免税の話。
次回は今回の具体的な買い物と実態についてレポートします。
免税以外に更に割引があるなど、この制度有効に活用しました♪

なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■日本一時帰国時の免税購入 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

免税購入できる条件

上記の2な件ですが1年に数回帰国したらこの条件に当てはまらないのですか?
それとも次回は2年以上滞在しますと返答すればいいのですか?(^_-)-☆

| Marky | 2016/02/17 18:26 | URL |

Re: 免税購入できる条件

Markyさん
それ以上のことは書いていないし、店舗では「最新の入国日」だけを気にしているんで、毎週!日本に一時帰国していても問題ないと思いますよ。要は「2年以上滞在する予定で、今回は短期間(入国から6ヶ月以内)の一時帰国」であって「購入から30日以内に出国」すればいいだけのようです。
ただし「酒税」は免税されませんので悪しからず55

| Damascus | 2016/02/17 18:57 | URL |

有意義な情報です

Damascusさん
お久しぶりです。
大変有意義な情報をありがとうございます。
私も四月からの一時帰国でやってみよう。

しかし、、、オニツカ(アシックス)とかユニクロとか日本で買いたい物が被ってます(笑

| 0505may | 2016/02/17 19:23 | URL | ≫ EDIT

Re: 有意義な情報です

0505mayさん
最後にまとめて書きますが、この免税は高額商品を「消費税8%+割引5%」使うのが最も効果的です。
「免税ありき」で買い物すると、余計な物まで買う羽目になりかねませんのでご注意を♪55

| Damascus | 2016/02/18 08:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/500-e7c9e66b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT