脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルアンパバーン、再訪への道

☆ルアンパバーンのホテルをお探しならここ♪

2月23日(火)

今回行くことになったルアンパバーン
ガイドブックや他の紹介文には「ルアンパバーン」「ルアンプラバン」と2種類の表記があると思う。

ラオス語表記でຫຼວງພະບາງ、タイ語表記でหลวงพระบาง。ラオス語は正確に読めないのでタイ語でいうと、พระを英語表記に直すとphraで、これを日本語表記(カタカナ)に直すのは無理。
間違っても「phu-ra/プラ」ではなく「phra/日本語のパではないけど、パに聞こえる」。

この記事ではルアンパバーンと表記します。

位置関係はこんな感じ。
ルアンパバーン地図

バンコクから飛行機で1時間10分の飛行時間。
この路線はプロペラ機の方が多いんで、その場合は+30分位余計にかかるかな?

ຫຼວງພະບາງ/หลวงพระบาง
このラオス語/タイ語表記を見比べてみれば、どちらも知らない人でも「似てる」って思うよね〜?
ラオス語の方が全体的に丸っこいけど、使っている文字はかなりダブる。

言葉自体もタイの方言イサーン語とかなり共通しているらしく、タイ語は普通に通じる。

ラオスでは普通にタイのテレビを見たり、タイの音楽を聴いたりするので、テレビを見て理解出来る年齢になれば、普通にタイ語が理解出来るようになるらしい(よっぽどの山奥は別)。経済的にもタイとのつながりは深いので、タイバーツも普通に使える。

つまり、ラオスはタイにいるのとほとんど同じ感覚で過ごせるのだ。

今回行ったルアンパバーン、2006年に一度行っているので今回2回目。
ここはルアンパバーン王国の首都だった街で、ラオスの古都として知られている。
まあ、よく「ラオスの京都」なんて書かれているのもみるけど、京都とは比べ物にならないくらい小さくて新しい街かな?

とにかく寺ばかりで、あとはメコン川くらいしかみるものが無い。
外人観光客も多く、街の中心部は観光客用のゲストハウスだらけ。
表示もラオス語より英語の方が多いくらい。

まあ、この辺りは最後にまとめるとして、ルアンパバーンまでの道のりを書いていきましょう♪

***

2月23日(火)

フライトは15:05スワンプーム発なので、11:00過ぎにアパートを出てタクシーで空港へ

空港は人民で大混雑。
人民って一体いつ働いてるの?ってくらいどの季節でも押し寄せてくるね〜
まあ、人口が多いからそう見えるのかな?

まずはチェックイン
初めてのバンコクエアウエイズのカウンターはF
IMG_6304-0228.jpg
IMG_6301-0228.jpg
出発の3時間以上前にカウンターに行くと長蛇の列。。。
いつもはゴールドカードの恩恵で列に並ぶことなどほとんどなかったので、久々の列にぐったり。。。
インターネット・チェックインし忘れた。。。

チェックインが済んで昼飯。
IMG_6303-0228.jpg
マジック・フード・ポイントも人民で大混雑。
オレが座っていた周りを完全に取り囲んでピーチクパーチク。
でも、人民語自体は聞いていてそれほど不快ではない。むしろキレイな音に聞こえる。
一番聞きたくないのが朝鮮語。。。この言葉、音の汚さは特筆もので、近くで喋られると耳を塞ぎたくなるね〜

腹も満たしてカウンターに戻ってみると・・・
IMG_6305-0228.jpg
あれま〜、ガラガラ・・・

バンコク・エアウエイズのカウンターは国内線・国際線も一緒。
さっきはプーケットとか南の島行きの時間帯と重なったのかな?

さて搭乗
IMG_6306-0228.jpg

乗った機材はA319
IMG_6308-0228.jpg
A320は数え切れないくらい乗ったことあるけど、A319ってのは初めてかな?存在すら知らなかったかも?

ちなみにBKK↔︎LPQ間はこのA319とATR72というプロペラ機で1日2便運航しているようだ。

そーいえば、10年前のチェンマイ→ルアンパバーンのフライト(ラオス航空)もプロペラ機だったことを思い出した。

搭乗率は30%くらいのガラガラ。ファラン率80%。
1時間ちょいのフライトだけど、一応国際線なんで食事が出る。
IMG_6310-0228.jpg

さっき食べたばかりだけどね〜
メインディッシュの右端は赤米。

さて、そろそろ着陸の時刻だ。。。


なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| バンコク・エアウェイズ | 00:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アンリ・ムオ

フランス人冒険家のアンリ・ムオが旅の途中で亡くなった場所ですかね。
アンリ・ムオのインドシナ王国遍歴記を読みましたがここにムオの墓が
あるらしいのですが場所は判りません。一度は行ってみたい所です。

| KK | 2016/03/03 10:14 | URL |

私は、同じく中国語は耳障り?はいいです。が、声が、でかすぎが嫌いです。韓国人も声がでかい印象です。
さて、バンコクエアウェイズなら、エコノミーでもラウンジが使えますよね。スワンプームの国内線は見ましたが、国際線もありますよね。利用しましたか?しょぼそうですが。

| スモール明 | 2016/03/03 14:15 | URL |

Re: アンリ・ムオ

KKさん
アンリ・ムオって名前に聞き覚えなかったんですが、アンコールワットの発見者なんですね〜
若くしてルアンパバーンで亡くなったようですね
ここは寺とメコン川とカオソーイしかない場所で、長居していると飽きてきます55

| Damascus | 2016/03/03 15:22 | URL |

Re: タイトルなし

明さん
音自体はキレイな言葉ですね〜
確かに声が大きいし集団だし、せっかくイイ物を持っていても宝の持ち腐れですね55
今回初バンコクエアウェイズだったんで知りませんでした。。。
帰り便のとき搭乗口横にラウンジがあって全員に解放していたんですが、乗る便が1時間以上遅延していたんで解放していたのかと。。。
外から丸見えだったんでちょっと覗きましたが、満席でしたね。

| Damascus | 2016/03/03 15:27 | URL |

へぇ~アンリ・ムオって人がアンコールワット発見してんですか、いろいろ勉強になります♪
人民語も朝鮮語もとにかくうるさいって印象しかないですね、集団で居たらそりゃもう最悪ですよ。
ルアンパバーンのような場所は確かにファランが好きそうですもんね、でも寺ばっかだと私の場合は飽きちゃうかも・・。

| MoChit | 2016/03/03 21:02 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
私は朝鮮語だけは我慢できません。
インチョン⇔ルアンパバーンの定期便があるので、朝鮮人が特に目立って不快でした。

| Damascus | 2016/03/04 09:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/512-5c78dc92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT