脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ルアンパバーンでは麺類以外に美味しい食べ物屋を探すのは難しい

☆ルアンパバーンのホテルをお探しならここ♪

一旦ルアンパバーン滞在記に戻ります。

***

ルアンパバーンは小さな街なのであっという間に一周できてしまいます。

結局何周回ったんだろう?でも、麺類以外でコレといった食べ物がないですね〜

1、市場近くの屋台街
ここは10年前に来た時からあったけど、外人を対象にするようになって、ちょっとはキレイで明るくなった?

この路地は市場の一角で、ものすごく狭い路地両側に食べ物屋台が並んでます。
場所は赤線の路地(もう一本西だったかも?)。

地図を縮小して貼り付ける方法が不明。。。適当に縮小して確認してください。

IMG_6503-0307.jpg
IMG_6412-0307.jpg
IMG_6505-0307.jpg
こんな感じでタイの屋台街と似ていますが、出来立てというよりも「これいつ作ったの?焼いたの?」ってのが多くて、冷めたおかずしかなさそうです。。。
焼き鳥売ってるのに焼き台が無い店もあります。。。

タイの場合も作り置きは多いけど、結構回転が良いんで焼きたて作りたても多い。

なのでこういう店で買って、温め直してもらうのがいいです。
IMG_6504-0307.jpg
オレもここでもも焼き一本買いました。

この路地で外人一番人気(っていうか、この路地は外人を対象にした食べ物市場)は、このビュッフェです。
IMG_6413-0307.jpg
IMG_6414-0307.jpg
IMG_6414-0307-1.jpeg
英語でしか書いてませんね〜、メニュー表。
この路地には3−4つのこういったビュッフェスタイルの店があって、どこも外人観光客でいっぱいです。

基本は一皿15,000キープ(65.7バーツ)で1回だけ取り放題。
IMG_6501-0307.jpg
ファランもこのように・・・

でも、ここに群がっているのはチョーセンジンが多く、彼らの行動を見ていると「絶対食べられない量を無理やり山盛り積んでいる」っていうパターンが多かったですね。
ファランでも若い奴らは山盛り取っているのもいたけど、朝鮮人はいい年をしたおっさんもほぼ全員がこういうことをしていました。
意地汚さ満載です。絶対食べられっこないよ。。。

後で書きますが、このルアンパバーンはチョーセンジン観光客が異常に多く、このような狭い路地に入るとそこかしこからチョーセン語が聞こえてくるので耳をふさぎながら足早に立ち去りました。
意地汚さだけでなく、言葉も汚いので聞いているとイライラしますね〜

一見どれも美味しそうに見えるけど、よ〜くみると炭水化物ばかりで、更にいつ作ったか分からない冷え切った料理ばかりなので絶対美味しくないはずです(食べていないので推定。ただ、タイでもよく一皿10バーツの焼きそばがあるけど、はっきり言って美味くないので同じだと思う)。
IMG_6506-0307.jpg
店の前で食べます。

結局、ここで買ったのは豚かつと鶏もも焼きで、部屋でビアラオ・ゴールドのつまみで食べたけど、豚カツは8割脂身で半分残しました。。。
IMG_6416-0307.jpg

この市場近くの屋台街は見て楽しむにとどめておく方が良いかもしれません。。。

尚、この屋台街は夕方以降しかやっていませんので注意。

料理:30点
客層:10点
総合評価:20点


2、ツーリストオフィス正面の屋台村

ここも外人専用の屋台村。ファラン率高い。
IMG_6400-0307.jpg

結構な店が連なっているけど、メニューはどこも同じで、価格も同じというつまらない屋台村。
売っているのは飲み物とサンドイッチ(カオチー)くらい。
こんなに店があるのになんでメニューを統一しているのか全く理解不能。。。
これぞ社会主義的発想???

ここはちょうど、名店【2】で紹介した美味しいカオソーイ・カオピアックの店の前。

24日は歩き疲れてビアラオ
IMG_6486-0307.jpg

25日も歩き疲れてちょっとお腹が空いたのでサンドイッチ(ラオス風という名のムーヨーと野菜を挟んでチリースをかけたヤツ)を食べる。
DSCN0848-0307.jpg

これが激マズ。。。
切った半分は食べられず、包んでもらって宿に持ち帰る。
パンを軽く炙ればもっと美味しいと思うよ。。。

料理:30点
客層:70点
総合評価:50点


3、市場の角の焼き物屋


IMG_6479-0313.jpg

ここは”迷店”【2】で紹介したカオピアックを食べた店の隣。
IMG_6480-0307.jpg
IMG_6481-0307.jpg
一番上の写真は近くの別の店だけど、こんな感じで「いつからここに置いてあるの?」ってな感じの商品が並んでいるんで、ちょうど焼き上がりかけたヤツを指定して食べた。

焼き鳥自体はマアマアだったけど、カオニャオが不味かったな〜
ここルアンパバーンでカオニャオ頼むと、食べきれないくらい出てくるが、不味いので2−3口食べただけで残した。

料理:60点
客層:70点
総合評価:65点


結論
いわゆる惣菜系の屋台・出店はタイに比べると極端に少ないし、タイに良くある注文屋台(注文を受けてから作るんで出来立て)ってのは全く見かけなかった。

あるのは「外人向けの小洒落たレストラン」ばかり。

ラオスの人って基本的に出来合いの物を買ってきて食べるっていう習慣があまりないんだろうね。
まあ、タイと比較するのが間違っている?っていうほどタイは屋台天国、惣菜屋天国なんだけど。。。

たまに見かけるこんな感じの屋台や出店では、冷え切って「いつ作ったの?」ってな物ばかりで全く魅力なし。
タイのようにあちらこちらで煙がモクモクってのはないね。。。

ルアンパバーンで1週間以上滞在するって人は少ないと思うので、短期間だったらカオソーイ、カオピアック、フゥーの3食で回した方がいいかもね?

次回以降はルアンパバーン名物托鉢や街の様子なんかを書いてみようと思います。。。
カオソーイがメインの滞在だったんで、まあ付け足しかな?55

なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ルアンパバーン | 10:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ファランだらけに意地汚なく盛った人たちにも混ざって食べるの不快だから嫌だなぁ。見物のみにしといた方が無難そうですね。
やはり屋台はタイのようにその場で作ってくれて食べられるのがいいですよね。ましてや外国人専用屋台なんて食べなくても美味しくないってわかる気がする。カオソーイ、カオピアックで充分です。

| MoChit | 2016/03/13 13:35 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
このビュッフェの料理は見かけはキレイなんですが、食べなくても味の想像はつきますね〜
でも、他に美味しそうなものが無いラオスなんで旅人にはチト辛いです。。。
まあ、麺類ばかりだと確かに飽きがくると思うので、ラオス滞在は短期間にするのがベストかな?55

| Damascus | 2016/03/13 15:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/523-c7aabf97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT