脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンコクで、ついに病院行き・・・(2)高級病院は薬の袋も高級っぽい♪

前回からの続き・・・

注:訳あって、かなりぼかした内容になっていますが、決してやばい病気でも深刻な病気でもありません。人様に感染するような病気でもありません。。。

3、受診 by医者

5分くらいして医者が挨拶しながら現れた。
どうも、このカウンター付近には医者は常駐しておらず、掛け持ちなのか?

顔つき風貌は、よくいる若いインテリ香港人って感じ。
華人系なんだろうけど、目が細くチョーセンぽくも見えた。
まあ、出来損ないの韓流スターって感じ?映画やドラマの中ではいじめられ役か片思い失恋役か?

そうそう、タイの映画ปิดเทอมใหญ่ หัวใจว้าวุ่นで、好きな女の子にフラれる役のこの俳優にそっくりだった♪
pitterm.png
pitterm-1.png
先生、ゴメンなさい。。。

診察スタート。

医者は英語で日本人通訳に話しかける。
日本人通訳は英語もタイ語もできるトリリンガルのようだな。
でも、なんで英語なんだろう???インテリっぽく見せる為???

この医者の英語、流暢ってことは全くないけど、完全に喋り慣れてるって感じ。
いわゆる「タイ人英語」ではなかった。なので、オレにも分かり易かった。

一応通訳経由で会話していたが、実は8割以上は分かってしまった。。。
ところどころ、うつむいて喋っている時に聞き取りづらかったり、医学用語?が全くわからなかったりはしたけど。。。

日本の病院でこの病気が疑われる場合の手順は・・・
1、問診:
症状、状態(どこがどれだけ痛いか?とか)、過去発症の有無等の確認
2、患部確認
3、じゃあ、まず血液検査してみましょう。
4、○○値が高いですね〜、ハイ、XXX確定です。

っていう手順だと思う。

しかし、この医者は1の後、2でじっくり患部を確認した途端、3をすっ飛ばして「診断結果はXXXです」って。。。

えぇ〜?

まあ、その後いろんなことは言っていたが、結局今日のところは
1、鎮静剤の注射(とりあえず痛みを抑える)←この説明の英語が良く分からなかったんで、まあ通訳はいた方がいいね。
2、腫れを抑える薬を処方します。
3、日曜日もう一度来れますか?その際にもう一度状況を見てみましょう。

だって。。。

なんだか、これで終わりそうな感じだったんでオレから「あの〜、患部の腫れが引いたら○○値を抑える薬を処方してくれるんでしょうか?」と質問。

医者曰く「う〜ん、良い質問だね〜♪そうそう、そういうこと」
だって。。。

何が良い質問だ、だ。当たり前じゃないか〜
これなら、オレでも医者になれそう?

これにて診察完了。
それと同時に通訳の日本人女性も「それでは私はここで。。。」と言って帰って行った。

4、処置(注射)

別の診察室に入るように言われて入ると、看護婦が注射の用意をしていた。
看護婦曰く「オシリ」

へっ?お尻に注射?
なんだか子供みたいだな55

この注射、いわゆる筋肉注射でモーレツに痛かったよ〜
注射の跡にバンドエイド貼っておしまい。

この注射の看護婦が若い美女だったらドキドキだったかもしれないけど、この診療科の看護婦は高齢者ばかり。

高級病院なので看護婦も美女ぞろいかと思ったよ55
超高額の個室付きの看護婦は超べっぴんさん揃いなんだとは思うけど。。。

5、会計&薬

また外で待っていると、高齢看護婦が次回の予約票を持ってきた。
IMG_6888-0402.jpg

ん?今あらためて見てみると、こんなことが書いてあるな〜
IMG_6888-0402-1.jpg
たしか、血液検査するって医者が言ってたんで、1−2時間前に行かなきゃいけないのかな〜
こんな小さな字じゃあ見落とすよね〜

で、全部終わって高齢看護婦に付き添われて会計へ。
会計窓口に診察票を出して「ここで会計が終わったら、隣の薬局で薬をもらっておしまいです。では日曜日に」ってな具合で、この時点では会話は全部タイ語に変わっていた55

ここの右が会計、左が薬局
IMG_6882-0402.jpg
5分も待たずに名前が呼ばれ会計

これが今回の領収書
IMG_6892-0402.jpg

2,455.60バーツ
この0.6バーツって現金で払う時はどうするんだ???
(タイの硬貨は0.25バーツと0.50バーツしかない)

まあね〜、注射もしたからこんなもんか?
次回は血液検査もするんでもっと高いハズだ。。。

日本でも以前「自費」で病院に行ったことあるけど高かったから同じだね。

会計でもらった領収書を隣の薬局に提示してもらったものがこれ。
IMG_6885-0402.jpg
なんだか、お土産?高級ドーナツ屋の紙袋?みたい55

中身は?
IMG_6886-0402.jpg
すご〜い、日本語付き♪
別に英語でもタイ語でもいいけど。。。

薬名をメモメモ。次回同じ状況に陥ったら、この薬を薬局で買えばいい♪

最後に・・・
日本の医者との違いを少々。

まあ、医者個人によっても相当の違いがあるんでしょうが、この病気の場合日本の医者なら「普段の生活改善」をとくとくと説教 いや、アドバイスしてくれるハズ。
しかし、今回の医者は「病名診断→投薬」のみで、余計なこと?は一切言わず。
まあ、説教されても耳が痛いだけなんだけど、ここが日本の医者とタイの医者との違いかな?

今回この病気を発症した原因は痛いほど分かっている。
そう、今年に入って「ハノイでフォー三昧」「日本でステーキ三昧」「ルアンパバーンでカオソーイ三昧」「日本でステーキ&うなぎ三昧」を繰り返したからだろう55

まあ、そうならないように1月以降いろいろやってはいたんだけど、それ以上の摂取をしたんだろうね。。。
ちょっとだけ反省。。。

多分(3)に続く。。。

注意:あぁ〜、あの病気ね〜55って思っても、訳あって、コメントに病名を記載しないでください。ちなみに、糖尿病ではありません。

なかなか面白かった、うん♪タメになった♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| タイの病院&お薬 | 00:05 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

一番下の項目のドクター料金900バーツって安いですね。そこの病院めちゃくちゃ高そうなイメージでしたが。

半年ぐらい前、風邪が治らなくて、ラマ9病院、バンコク病院、バムルンラード病院と渡りあるいたのですが、ドクター料金はそれぞれ、800バーツ、2000バーツ、2000バーツでした。どの病院の先生も日本語話せて、特にバムルンラードの先生は、ハーフらしく、日本語ネイティブのようでした。

お大事に!

| wipo | 2016/04/03 02:31 | URL | ≫ EDIT

海外旅行保険

プーケットのかかりつけ病院は日本人通訳が最初から最後まで
付き添ってくれて薬には自筆で飲み方を書いてくれます。
海外旅行保険は10万円までは診断書が入りませんが
交通費がでますのでタクシーの領収書が入ります。

| Marky | 2016/04/03 06:21 | URL |

痛みは少しは良くなりましたか?
タイに移住されてからブログにも書かれていなかった気がするので調子良いのだな~と思っていたのですが久々にきちゃいましたか。
初診なのに血液検査しないってタイじゃ普通なんですかね?それに日本じゃあまりしなくなったお尻に注射って・・効き目がいいのかな。
それにしても治療費高い~。手術や入院する人なんてどんだけ高額になるの?って感じですね。

| MoChit | 2016/04/03 09:16 | URL |

Re: タイトルなし

wipoさん
そう、私も比較的安いな〜と思いました。まあ、研修医みたいな感じの医者でしたから。。。
「バンコクで日本語通じる4大病院」の中で一番遠いんですよ、今回の病院は。
最初は一番近いラマ9世病院病院に行こうと思ったんですが、ちょっと事情があって。。。
豪華絢爛のバムルンラート病院は高そうで怖くて行けませんでした55

| Damascus | 2016/04/03 14:31 | URL |

Re: 海外旅行保険

Markyさん
この病院もたぶん言えば最後まで付いてきてくれると思います。
私が「もうイイよ」オーラを出したからかな?55

薬には、写真にあるとおり「日本語で1日◯錠、食後」とちゃんと書いてあるのでタイ語、英語が苦手な人でも大丈夫♪
そうそう、Markyさんは海外旅行保険のスペシャリストでしたよね?55

| Damascus | 2016/04/03 14:36 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
今現在、痛みはほとんどありません。
薬が効いているようです。
タイでは全てを「見た目で判断」するようですね〜、人も病気も55
正確さには欠けますが、余計な費用をかけないという意味ではリーズナブルかも?
いわゆる「自費治療」は日本でも同じくらい高いです。
タイも設備や医者のレベルが同じなら、料金も同じくらい高くなるんでしょう。
さらにタイの場合は「医者のレベル」で総額もかなり違うようで、やっぱり医者って儲かるな〜って思いました。

| Damascus | 2016/04/03 14:41 | URL |

お大事に

同じく、コンケンラマ病院も紙袋です。
サタンは、四捨五入で、切り上げ切り捨てだと思います。
この場合、0、6は、上がって1バーツ扱いだと思います。
電気代などの支払いでコンビニで支払うとき、勉強済みですから。
私の場合、病院の日帰りだけなら、1~2千バーツです。
お大事に。

| スモール明 | 2016/04/03 16:11 | URL |

Re: お大事に

明さん
タイの病院ってどこでも立派な紙袋なんですね〜

0.6っていう存在しない金額になるのは税率計算の結果なんでしょうかね〜
日本で言えば2,455円60銭ってことかな?日本の場合は端数切り捨てかな?

タイの場合、そうやって切り上げにすれば、コンビニが最終的に集めた総額を電気会社に送金する際に「端数分得をする」ってことになるね〜
0.6バーツを切り上げて1万人分から集金したら0.4×10,000=4,000バーツの臨時収入だ55
結構いい商売かも?

| Damascus | 2016/04/03 17:33 | URL |

サタンについて(もう一度)

基本は、四捨五入だと思います。
しかしながら、レジの人・お店の人によると思います。
0、6バーツ(60サタン)のとき、
1バーツになったり、50サタンになったり、0サタンになったり、と。
ケースバイケースで、人によると思います。

| スモール明 | 2016/04/03 23:10 | URL |

Re: サタンについて(もう一度)

明さん
なるほど〜
最初からキリのいい数字にすればいいのにね?
0.25刻みで♪

| Damascus | 2016/04/04 11:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/547-ed55867f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT