脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機内持込み荷物制限10kg、LCCとの壮絶な?バカバカしい?神経戦(3)Peach OKA→NRT

peach-0418.png
3、Peachピーチ/OKA(沖縄・那覇)→NRT(東京・成田)

日時:2016/4/15
便名:MM504
機内持込み荷物個数:2個(小型キャリバッグ+小型ザック(PC用))
推定総重量:14.75kg(元重量14.3kg-吸ったタバコ2箱0.05kg+台北で買った免税タバコ2カートン0.5kg)
機内持込み重量制限:10kg(超過4.75kg)

注:元重量とは台湾出国時の推定重量。

重要:あくまでも「今回の結果」なので、次回以降も同じであるという保証は一切ありません。
仮にオレと同じ手法を試みた結果「追加料金を取られた」「搭乗を拒否された」としても、お気の毒に・・・としか言えませんので悪しからず。。。


難関の「那覇空港LCCターミナルでの機内持ち込み重量チェック」
台湾出国時の重量は14.3kg。ここから減った物は無い。あえて言えば歯磨きチューブの中身が少し減った程度。

***

いろいろ検索してみるとここ那覇のLCCターミナルでは100%重量検査が行われているらしい。
全くバカ厳格な方につける薬はないね〜

昨日、一足先に関空へ戻ったasian night'sさん情報でも「保安検査前に全手荷物を秤に乗せるてチェックしていた」って情報ももらって、今までの対策(*1)がダメそうなことも分かってきた。

(*1)台北のpeachで実行したウエストバッグ作戦のこと。
今回は重量チェック→保安検査が一連なんで誤魔化せないと考えた。

朝からホテルで荷物軽減対策を取る
1、10gでも減らせる様、タバコの外装(カートンの外装)を捨てて中身だけにする。
IMG_7155-0418.jpg

2、台湾土産のお菓子も、外箱を捨てて中身だけに。
IMG_7156-0418.jpg

3、なるべく厚めの服を着る(本当はTシャツ一枚で十分な気候なのだが・・・)

4、レインウエアの両サイドにある大きなポケットに重量物を詰め込む

重量物とはこんな物
IMG_7161-0418.jpg
バッグに付ける鍵が結構重い。

5、すでに昨日対策済みだが、汗で汚れたTシャツ等を洗濯・乾燥させて、吸い込んだ汗の分も軽減させてある。

もう、ミクロの世界だな。
自分でやっててバカバカしくて笑ってしまったよ。。。

一番の重量物はこのmacbook proの1.5kgかな?
IMG_7160-0418.jpg
pcを手放せないんでしょうがないね〜

これで持ってみた感じ10kgぐらいだろうと思い出発♪

ちょっと手間取ったのでタクシーに乗る。
那覇のタクシーの初乗り500円に驚き!
空港まで1,100円

LCCターミナルのトイレでレインウエアを装着。
IMG_7181-0418.jpg
正面から見れば大したことはないね〜、横から見ればただのデブに見えないこともない。。。

不自然さバレバレなのだが、理屈ではあくまでも「対象物は機内持ち込み手荷物であって、搭乗者の体重も着ている服もポケットの中身も非対象なのだ。
そもそもそこが間違ってると思うけどね、普通に考えれば。

いざ出陣。

***

【第1戦】
本当はフード付きパーカ(結構重量ある)も着込もうと思ったが、暑いしブクブク度合いが増して怪しさ満点なのでこれは手に持って望んだ。

保安検査場の手前の、手荷物重量チェックポイントで持ち込み手荷物を同時に秤に乗せる。

係員「12.4kgですね。規定は10kgなので2kgオーバーしてます。。。」
オレ「(そんなの見りゃあ分かるよ)分かった、減らしてくる・・・」

やっぱりオレの感覚じゃあ正確な重量測定は無理だったな。
手に持ったパーカについては何も言われなかったけど。。。

バンコクのアパート近くの細切れとんかつを売る店の兄ちゃんは、100gの注文に対して目分量でササッとビニール袋に入れて秤に放り投げると、毎回ほぼ正確なのだ。神業だと思い知ったよ。

さてどうしよう。。。
重そうな台湾土産のお菓子をフード付きパーカのポケットに全部入れ、それ以外で重そうな(といっても1個あたり50g程度?)を見繕ってレインウエア(着用済み)のポケットの開いているスペースにとにかく突っ込む。

ポケット作戦もこれが限界って感じだ。。。

両方のバッグを持った感じ、先よりは軽くなった。

【第2戦】
オレの前にファランのカップルが並んでいた。
まずは奥さん、7.2kg・・・「okです」
続いて旦那さん12.6kg・・・「規定の10kgを超えてますからダメです、えぇ〜とオーバーウエイト、こちらの(奥さんの)バッグに移し替えてください」

って、バカじゃないのかね〜
それに何の意味があるのか全く理解不能。
ただ単に規則に従って処理してるだけで、それじゃあ機械と同じ。
あんたの仕事って何?

続いてオレの番。
もう思い切って二つのバッグを同時に秤に載せると、秤がさした数字は・・・

10.8kg

これでダメなら、この会社(この係員)組織失格(人間失格)だな。。。

係員「これはokです」

って、なんだかお目こぼしを与えたっていうような言い回しがカチンときたが、どうにか通過♪

あぁ〜、バカバカしい騙し合い。
ほんと
こんなことって本当に意味あるのか???

Peachはここで重量オーバーの客を捕まえて鬼の首を取ったように「オーバーですので預け荷物にしてください。手数料はXXXX円です」っていう商売をしている会社。

こんなことするんなら、料金を300円くらい上乗せして基準を緩めてもらったほうが良いと思うのはオレだけか???

***

エアラインによって、空港によって対応は千差万別ですが、噂によると「Peachの那覇」が一番厳しく100%重量チェックをするそうです。
しかも、保安検査場の直前で実施しているので、荷物をどこかに隠してクリアするっていう手も使えません。

那覇はLCC専用ターミナル(PeachとVanilaのみ)を持っているのでこんなことが出来るらしいですが、この保安検査場(1レーンのみ)には重量チェック係含めて8−9人くらいいました。

普通に考えれば、1レーンに8-9人は異常な多さです。
つまり、Peachは「人件費を掛けてでも受託荷物料をふんだくる」っていうポリシーの会社だということです。

個々の会社のポリシーに対してはここで特にコメントしませんが、オレ的には「売られたケンカは必ず買う」が信条なので、バカバカしいとは思いましたが対策を練ってどうにかクリアしました。

ちなみに不正行為は一切していませんし、航空機の安全運行への支障も皆無ですので念のため。。。

皆様も諦めずに徹底的な対抗手段をとって、売られたケンカに対応しましょう。
何も2,000円ほどの受託荷物料をケチっているのではなく、高いハードルへのチャレンジ精神が旺盛だということです、ハイ♪
それに、あっさり引き下がったら、ブログネタをひとつ無駄にするからね♪

”鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス♪”

***

3話連続の「機内持ち込み10kg」の実話、いかがでしたでしょうか?

少しはお役に立ったでしょうか?
読み物的に楽しんでいただけたでしょうか?55

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ピーチ | 00:05 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面白かった、です。

ファランのカップルの、荷物の移動は、笑えます。
ばかばかしいです。この後、誰がチェックするの?
自分で持って飛行機に乗るのにね。
ダマカスさんの挑戦というか?確認作業が好きです。
重量検査するひとは、厳密に言えば、ピーチんの社員ではなく、ピーチから委託された会社の社員ではないですか?どうでしょうか?
こんな仕事はしたくないですからね。

超過荷物で稼いでるピーチは、なるほど、です。

| スモール明 | 2016/04/20 17:31 | URL |

Re: 面白かった、です。

明さん
楽しんで頂けて幸いです♪
今回の私の一連の行為は、一般的な日本人から見れば「非常識・反社会的行為」に見えるでしょうね?
私はそんな日本の堅苦しい社会的ルールが嫌で、今バンコクに住んでいますが。。。
タイも「理不尽且つ不誠実な社会」ではありますが、まあ余計なことに首を突っ込まなければサバイサバイで過ごせます♪

| Damascus | 2016/04/20 19:14 | URL |

ピーチとの神経戦!

これはですね、実は関西人どうしのセコイ争いなんですよ(笑)
少しでも安く飛行機に乗りたい関西人と、少しでも儲けたい
大阪本社のピーチ。私も昨年はかなりピーチに乗りましたが、
やっぱりJL、ANAに比べると客層は悪いですから。大阪の
おばちゃん予備軍の若い姉さんなんかも、言われなかったらラッキーみたいに、平気で大きな荷物持ってきますから。ある程度の
チェックも必要なのかなと思います。でも杓子定規でダメではなく
ある程度融通を利かしてほしいですね!

| asian night`s | 2016/04/20 21:53 | URL |

ファランのカップルにオーバーウェイトを言った職員がまさに規則にがんじがらめになる日本人の典型ですね、ほんとバカらしい。もっと頭柔軟にならないんでしょうかね?
ほんとにヤバい肝心なことは気付かないままスルーしてしまってるんじゃないの?って思いますよ。

| MoChit | 2016/04/20 22:26 | URL |

Re: ピーチとの神経戦!

asian night'sさん
な〜るほど♪
なんとなく分かります55
と、いうことは、私はすでに「大阪のおっちゃん」の領域に達しているっていうことですね55
たしかに、他のエアラインでもやたらに大きくて重い荷物を積み込んでくる客はいます。
特に女性で、あまりにも重くて自分じゃあ頭上の荷物入れに入れられなくて、アテンダントに持ち上げて入れるのを助けてもらってるヤツ。
まあ、数量はプラス1個(空港で買うお土産などは許容)、重量は2倍くらいまでですかね?感情的に許されるのは。。。

| Damascus | 2016/04/20 23:01 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
私は合理的な考え方を好みます。
ファランのカップルの一件は「2人分の足し算で問題無し」ってのが合理的な考え方だと思いますね〜
言われた旦那の方は(もしかして言葉が分からなかったのかもしれませんが)???な顔をしていましたよ。こいつ足し算割り算もできないのかっていうような。。。
日本人って、そういった合理的な考え方の前に「そもそも論」が先行するんで、疲れちゃうんですよね。。。
まあ、その厳格さが国の発展を支えたんでしょうから全否定はしませんが、私には住みづらい国です。。。

| Damascus | 2016/04/20 23:07 | URL |

ジェットスターNZも阿保でした。カンタス航空でシドニー乗り継ぎNZ田舎町行きだったけど遅れて乗り継げず、オークランドに飛ばされて一泊.....勿論、カンタス持ち。
ホテルでの食事のアレンジも確認、翌日のオークランドからワシの住む田舎町行きは子会社のジェットスター。前日、荷物が42kg(カンタス航空上級メンバーは46Kgの許容)あるからと担当者に言っておいた+担当者の名前と電話番号もゲットしておいたが搭乗当日、予約記録には荷物のノーティスは無し。結局、20kg程のスーツケースはチェックイン、残りの22Kg程は機内持込.....assholeって言い残して機内へ。乗務員へ連絡が行ってなくてまた搭乗口でグチャグチャ。結局、機内には持ち込めないとカーゴに収めていた。常識あれば解りそうなもんだけどアホなLCCの典型的な対応。

| ご隠居3NZ | 2016/05/10 09:17 | URL |

Re: タイトルなし

ご隠居3NZさん
まあ、そういったトラブルもあるでしょう〜ね〜。
先日エアチャイナ(チェックイン業務はJAL代行)で、3つの荷物のうち1つにプライオリティタグを付け忘れ、最終目的地でその一つがなかなか流れてこないのでちょっと焦りました^^

| Damascus | 2016/05/10 15:48 | URL |

おもしろいですね。
でも那覇も最近はちょっと融通きくようになったみたいで、
先月ピーチに乗ったとき
二人合わせて20キロでもOKしていました。
担当によって違うかは分かりませんが。

| こん | 2016/12/09 23:48 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

こんさん
訪問&コメントありがとうございます♪
融通きくようになりましたか~、ピーチも少しは成長したのかな?(笑)

| Damascus | 2016/12/10 13:45 | URL |

はじめまして

同じかどうかはわかりませんが私もいつもピーチと戦ってます。私の場合拠点が関空なのですが、2,3年前の6月に荷物のチェックが厳しくなったと思うのですが、まずは私が12k、お連れの女性が8kでした。2kオーバーしているので移してくれといわれましたが本当に何の意味があるのかわかりませんでした、1か月前に搭乗した時はチェックなかったのに何で急にとなり、搭乗時刻ぎりぎりまで話しましたが荷物チェックを徹底的にやるということで話を終わり、半月後に今度はノーチェックでした。聞くと私らはプロですから見たら10kかどうかわかりますだって。私のバックはまた、12kあったのですが、、、。そのうち複数人いたら一人当たり10kでいいとなり戦いは絶えません。最近はカバンは破損等しても免責になるという規定を利用してピーチさんにカバンを破損されまくってます。

| お不動 | 2017/05/25 21:30 | URL |

Re: はじめまして

お不動さん
訪問&コメントありがとうございます。
Peachは規則を盾に、本質を考えていないと思いますね〜
わざわざそうして「これがLCCだ!」とアピールしてるんでしょうが、本家エアアジアは荷物も座席移動も至って緩やかです。
規則を守るために人件費(従業員に負荷を負わせる)を掛けるって、あまり得策じゃないと思うんですが、「どんな些細な規則でも、規則は守るためにあって絶対である」というニッポン的思考がそうさせるんでしょう(笑)

| Damascus | 2017/05/26 09:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/564-94ae45f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT