脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第2話:ハノイ食べ歩き(1)【保存版】ハノイのフォー、名店ファイル

今回のハノイ訪問は1月に続くもの。

基本的には「日本訪問の途中に立ち寄る」という「LCC途中下車の旅」の一環で、当初は今回もLCCを考えてはいたけれど、資材調達用の空の中型キャリーバッグを持っていくことから、LCCは極力使用しない(預け荷物料金がかかるため)で探した結果、ベトナム航空の12,717バーツに白羽の矢がたったのだ。

これなら、トータルとしてもLCC並みかLCCより安いかもしれない(プロモーション価格を除く)。

ベトナム航空については別項に譲って今回は食べ物編、まずはハノイ滞在最大の目的「世界三大麺第1位のフォーの新規開拓」について書いてみる。

再訪、初訪問別は店名の後ろに記載した。
星の数は、★★★、★★、★、星なしの順でDamascusが美味しいと感じた順

★★★:must go !
★★:こんな店が近所にあったら二日に一度は通いたいね〜
★:週一で食べたくなるかも♪
星なし:普通以下
注:味の感じ方には個人により差があります。あくまでも独断と偏見を基準に★を付けています。

《 》内の数字は最下段のmapと連動しています。

***

1、Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン(再訪)
《フォー他麺類カテゴリー①》



言わずと知れた、ハノイNo,1いや世界No,1のフォーの名店中の名店。

敬意を表して6/1の朝と最終日の6/2の夜の2回訪問しました。
今回の滞在で2回行ったフォーの店はここだけです。

6/1(水)7:10am頃
IMG_7379-0604.jpg
相変わらず行列の店です。ローシーズンのためか?前回より少なめの客かな?

IMG_7380-0604.jpg
文句なし世界一♪

6/2(木)6:50pm頃
IMG_7452-0604.jpg
夕方は打って変わって客は少なめです。
狙い目は夕方かもしれない。
ちなみに、この店の営業時間は6:00-10:30am、5:30-9:30pmです。

IMG_7449-0604.jpg
夕方には牛肉の塊が吊るしてありました。

IMG_7450-0604.jpg
IMG_7451-0604.jpg
いままで気がついていなかったんですが、ここのフォーのスープはかなり濁りがあります。
他店ではほとんど透明スープなんですが、ここのこの濁りは「旨味」なのかもしれません。

一口目から濃厚な牛肉の香りが口いっぱいに広がり、万人に「旨い!」と言わせる「本格派フォー」の味だと思います。

フォーが好きな方、「ここに行かずしてフォーを語るなかれ」ですよ♪

おすすめ度:★★★

***

2、Phở Thìn フォー・ティン/13 Lò Đúc(再訪)
《フォー他麺類カテゴリー②》



2つ目に紹介するこのPhở Thìn フォー・ティンという名の店、前回訪問後に調べたところ、同じ店名の店がハノイ中に存在することが分かりました。なので店名の後ろに住所を入れて区別しています。
前回記事にしているので参照してください→杜の都ハノイ(8)”こここそが、ハノイNo,1フォーの店”の匂いは、近所のラーメン屋と同じだった♪本物はどれだ?

今回の訪問は6/2でした。
IMG_7442-0609.jpg

この店のメニューは1種類。
従って、人数を言って座っていればこれが出てきます。
IMG_7438-0609.jpg
ネギ&あさつき大盛りで、スープには独特の香りがします。
人によっては臭みに感じる場合があるでしょうが、オレ的には最高に旨いスープです。

前回の記事にも書きましたが、「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」は万人ウケする本格派、「 Phở Thìn フォー・ティン」は独特な旨味のある個性派。究極の選択だが、「 Phở Thìn フォー・ティン」の旨味が一歩勝っているような気もするけど、人にお勧めするなら「Phở Gia Truyền フォー・ザー・チュエン」ってところか。

おすすめ度:★★★

***

3、 Phở Thìn フォー・ティン/61 Đinh Tiên Hoàng(初訪問)
《フォー他麺類カテゴリー③》

ここはホアンキエム湖の東側にあるここ。上のリンク先の記事に書きましたが「こここそがフォーティンの元祖」という触れ込みで訪問しました。


店構え
IMG_7399-0608-1.jpg

店内
IMG_7395-0608.jpg
IMG_7398-0608.jpg

メニュー
IMG_7397-0608.jpg

で、肝心のフォー
IMG_7394-0608.jpg
ここがフォーティンの元祖だという割に、2番目に紹介したフォーティンとは味・系統が全然違うような気がする。
極あっさりした美味しい普通のフォー。
IMG_7396-0608.jpg
麺の幅はかなり細くて、切り口が盛り上がった感じ。

こここそ元祖!と言う触れ込みで期待してきたが来たが、ちょっと期待はずれだったかも。。。

おすすめ度:★★

***

4、Phở Thìn Bờ Hồフォーティン・ボー・ホー/1 Hàng Tre(初訪問)
《フォー他麺類カテゴリー④》

ここもフォーティンという名のお店。


IMG_7431-0608.jpg
店構えはこんな感じ。
ホテルから徒歩1分程度。

IMG_7427-0608.jpg
肉を切る親父さん

IMG_7429-0608.jpg
ネギ?あさつき?若干多めのフォーです。
味はやはり2番目に紹介したフォーティンとは系統が違う様な気がします。
標準的で美味しいフォーでした。

IMG_7430-0608.jpg
ここで食べていた時に気がついた。
この器にあったマーク。どこかで見た?と思い、後で写真を見てみると。。。

IMG_7399-0608-0608.jpg
そう、3番目に紹介したホアンキエム湖東岸にある「元祖」と言われたフォーティンの看板にあったマークと似ている♪
同じ?

Thìnの意味は分からないが、これって何かの系列があるのか?それとも日本でよくある「暖簾分け(例:横浜家系のように「○○家」の様なもの)」なのか?

知っている方がいたら教えてください。

おすすめ度:★★

***

5、Phở Cường(再訪)
《フォー他麺類カテゴリー⑤》



ここは前回最終日に寄ったホテルから徒歩30秒の場所にある店。
今回滞在の初日(5/31)の夜に行きました。
IMG_5980-0207.jpg
IMG_7375-0606.jpg

ここのフォーは最初の一口目に「味がかなり薄い」と感じるが、食べ進めていくと深いうまさが口の中に広がる。
まあ、標準的な味のフォーだと思う。

二日酔いの朝には「肉抜き」でここのフォーを食べたくなると思います♪

おすすめ度:★

***

結局今回は5店で6食のフォーを食べたことになります。
美味しいのでもっと食べたいんですが、タイと違って一食分が十分な量があり、三食/日が限度です。

かなり暑くなってきたこの時期(滞在中の昼間は36−38℃)、暑さに耐えて食べるフォーも美味しいですが、やっぱり寒い時期に食べる温かいフォーは五臓六腑に染み渡ります♪

次回のフォーの旅は11月以降(寒い時期)を予定していますので

フォーの次はその他食べたもの編です。




なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ハノイ【2】 | 09:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やはりフォー・ザー・チュエンが一番でしたか。フォー・ティンもねぎたっぷりですごく美味しそうですけど、スープの独特の香りは動物系の臭みってことですか?これは好き嫌いがありそうですね。
見た目はどこもほぼ同じ材料でシンプルな麺料理だからこそ、お店の作り方によって差が出るのでしょうね。これは奥が深そうでまだまだ美味しいお店がありそうですね♪

| MoChit | 2016/06/10 22:27 | URL |

詳しい紹介ありがとうございます。
私、ベトナムには行ったことないですし、シンガポールでなんちゃってフォーを食べたくらいです。麺類は好きなんですが。
でもやはり本場は美味そうですね!これは是非ともバンコクへ行ってからのミニトリップを考えたいと思います!

| asian night`s | 2016/06/10 23:25 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
ベトナム料理は全般的に「薄味」&「甘味」ですが、★★★2店はどちらも比較的しっかりとした味があります。
フォーティンのスープは肉?牛骨?系の臭みなのでダメな人はダメでしょうが、私の好みですね♪
フォーは店ごとに麺、スープの微妙な違いを楽しめます。

| Damascus | 2016/06/11 06:26 | URL |

Re: タイトルなし

asian night'sさん
私は日本とタイでしかフォーを食べたことありませんが、どちらも本物とは言い難いです。
本物は「獣系の臭み」と「山盛りパクチーの香り」が基本で、少々癖がありますが「そこが旨い」のです♪
ぜひ♪

| Damascus | 2016/06/11 06:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/624-216f7310

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT