脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

軍艦島コンシェルジュのツアーで、ついに軍艦島上陸です♪(その2)

さて、右舷に異様な島影が見えてきましたね〜
IMG_7549-0701.jpg
こうしてみると、まさに軍艦ですね〜

この角度からもっとアップで全容を見てみよう。


IMG_7552-0701.jpg
ツアー船は「軍艦島の船尾」の方に回り込む。
IMG_7553-0701.jpg
IMG_7554-0701.jpg
まさに廃墟の島。。。
世の中には「廃墟マニア」という趣味嗜好もあるようで、でもなんとなく理解できそうな感じ。。。

いよいよ上陸です♪
IMG_7558-0701.jpg
このツアーに参加する際に言われる注意事項のひとつに「傘(雨傘・日傘とも)の使用禁止」というのがある。
このツアーに参加する際は雨に備えてレインコートを持って行った方がいいでしょう。
他の注意事項は上のリンクを参照。

島内にあった島の全景
IMG_7561-0701.jpg
IMG_7560-0701.jpg

IMG_7559-0701.jpg
IMG_7566-0701.jpg
IMG_7567-0701.jpg
これはプールだそうだ。確かに底の白線がわずかに残っている。

IMG_7565-0701.jpg
IMG_7568-0701.jpg
上は1916年(大正5年)建設の日本最古の鉄筋コンクリートのアパート。

案内人は島の歴史(炭鉱の歴史)、炭鉱社員の暮らし、そこで生活していた人々の暮らし、風土などを丁寧に説明してくれて本当に理解しやすかった。
解説によると、当時(戦後〜廃坑まで)の三菱社員の給料は破格(いくらだったか忘れたが、幹部の給料は今にしたら数百万円/月?)だったらしく、この島の生活水準はかなり高かったようだ。

まあ、こんな高層住宅に住んで高給取りでも、絶海の孤島?のようなところで生活するのは嫌だな、オレは。。。
高層住宅はあっても当然エレベーターもエスカレータもないしね55

当時の生活についてはこれなんかで分かるかな?


***

当初から予想はしていたけど、島内の建物はかなり風化が進んでいるものが多く、土台の土がほとんど流されている建物もあるようで、上陸ツアーの行動範囲もかなり狭い範囲のみ。
廃墟の中を歩くってよりも、遠く廃墟を望むって感じかな?

こんな風景を見たかったんだけどね・・・

無理なのはわかってるけど55

***

長い間来たかった軍艦島。
ようやく念願達成でした♪

海の蒼さが印象的だった軍艦島。
IMG_7573-0701.jpg

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】





なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【4】ハノイ・神奈川・福岡・長崎 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

世界遺産登録日に記事アップですね!

動画も合わせて楽しませていただきました~リンク先も見ましたが、
たった1時間しかいられない長崎市の決まりなのですねぇ! 
廃墟の中を歩くのではなく遠く廃墟を望むっていうのも、行った人から
ではないと聞けない情報でした。
廃墟と反して海が碧かったというのも退廃的で美しい気がして好きでした。

| 貝ぬし | 2016/07/05 07:46 | URL | ≫ EDIT

Re: 世界遺産登録日に記事アップですね!

貝ぬしさん
ホントだ~1年前の今日だったんですね、登録日。
知りませんでした。。。
まあ、いつ崩れてくるか分からないような建物が多いようなので、しょうがないといえばしょうがないですかね。
でも、人数限定(体力のある20-50歳代とかいう条件付き)で中まで入るツアーがあればな~と思います。
それなら1万円くらい払ってもいいかな?

| Damascus | 2016/07/05 12:10 | URL |

軍艦島

なるほど~、ツアーはこんな感じですか。
1時間の滞在とか決まってるんですね。
まぁあまりウロウロされても危険な個所も多そうだし。
建物も崩れそうなのが多いんで、離れて見学なんですね。
ちょっと期待はずれな感じですが、やっぱりしょうが無いで
しょうね。

| asian night`s | 2016/07/06 00:18 | URL |

Re: 軍艦島

asian night'sさん
ここがタイならもっと中まで入れるとは思うんですが(笑)
しょうがないとは言え、かなり残念ではありました。
マスコミとか学者に知り合いがいれば、内部の取材や調査の時に同行なんてこともできるかもしれませんが。。。

| Damascus | 2016/07/06 10:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/646-de78e4c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT