脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンコクの路線バスがちょっと便利になった♪

今年も半年が過ぎた。

今年のブログ記事数の傾向をカテゴリー別に昨年と比較してみると、
タイ:185→44、年間に直すと推定88つまり昨年比48%
日本: 47→45、年間に直すと推定90つまり昨年比191%

その他「ベトナム23記事」「ラオス19記事」「台湾9記事」と、ほとんど旅行ブログになりつつある

数字はいずれも6/30現在

本来は「留学+タイ情報を発信」を主にした「備忘録兼日記」のつもりだったが、勉強は中断(住んでるだけで勉強にはなるけど・・・)し日本を始め海外で遊び呆けている今日この頃。。。

これではイカン!ということで、6月後半くらいからはタイ関係の記事を増やしているので、懲りずにお付き合いください。

***

今日はバンコクの路線バスの話。

バンコクには無数と言ってもいいくらい路線バスルートがある。
しかし、旅行者や短期滞在者にはチト使いづらいはず。

その最たる理由が「バスに表示されている行き先やルート表示がほぼタイ語のみ+数字」「公式かつ正確なルート図が無い(または貧弱)」ということではないだろうか?

まあ、これは日本も同じ。
ただ、日本は鉄道網が発達してるから敢えてバスに乗らなくても、まあ大概のところには行ける、特に大都市では。

一方、バンコクは日本の鉄道(地下鉄含む)の代わりにバス網が発達していて、バスに乗れば大概のところには行けるのでこれを使わない手はないのだが、上記の様な理由で使いづらいのは事実。

どの国でも同じだが、一般市民は「普段利用しているルート以外は知らない」というのが基本で、何番のバスが自分の行きたい場所行くのかを周りに聞いても、満足する答えを得られることは少ないはず。

そりゃそうだよね?
日本だって、渋谷駅でその辺を歩いている人に「あの〜魚藍坂に行きたいんですが、どのバスに乗ったらいいですか?」って聞いても???って顔をされるのがオチ。
たまたま高松宮邸の前に住んでいる人がいたら教えてくれるかもしれないけど、って感じかな。

それに、行き先やルートを日本語以外で表示しているバスは見たことがない。

***

そんなあなたに朗報です♪

ちょっと前にトンロー駅下のバス停で番号ごとの路線図があるってことを記事にした。
この路線図、戦勝記念塔のバス停にも表示されているけど、細かすぎて非常に見にくいんだよね〜

バンコク・バスの路線図を初めて見た♪でも、見えないんだけど〜

で先日、近くのラマ9世駅上のフォーチュンタウン前でバスを待っていた時のこと。
IMG_7933-0703.jpg

ん?
あれ〜、バスの番号と行き先(タイ語・英語)が表示されている〜

これは分かり易いね〜

裏に回ってみると・・・
IMG_7932-0703.jpg
おぉ〜、ルート図だ♪

完璧じゃないか〜、やるね〜BMTAも♪

これさえあれば「XXX番が来たけど、これって○○を通るのかな?」ってな迷いもなくなるはず。
走ってくるバスの側面を見て瞬時にそのルートを識別(*1)するって面倒なことも、事前に知っておけるので余裕でバスを待つことができる、ハズ。

(*1)バスの側面には経由する場所が大まかに書いてあるが、多くはタイ語のみで瞬時に判断するには高度なテクニックとタイ語知識が必要だった。大きなバス停ではバスが完全に止まるから読み易いが、それ以外はごく短時間で自分の行きたいところを通るか判断しなければならなかった。これで何度も失敗しているオレ

日本じゃ当たり前のことでも、ようやくって感じ。
まあ、普段使っている人は、自分の乗るバスの番号だけ分かっていれば何の問題もないので、8割以上の人には不要な表示かもしれない。日本の電車でも「次は○○駅に停車します。XX方面はお乗り換えです」って言うアナウンスも、普段乗っている人からすれば不要なアナウンスと一緒かな?

でも残り2割の人は、これで多少は使いやすくなったバンコク路線バス。
普段利用しているバス以外も経由地・終点が表示されているので、こんど他の番号のバスにも乗ってみよう♪と思うオレであった。

ただし注意点がある。
1、これはタイという国の常だが、間違いや変更しても改定しないことも少なくない。
古くなって読みづらくなった後、ルートや行き先が変更になった後に、ちゃんとメンテナンスされるかはかなり怪しい。

2、すべてのバス停に設置されているかは不明。

3、ある程度バンコクの地図が頭に入っていないと分かりづらいので、市販のバンコクバスマップと併用するとより効果的。


これ1冊あると超便利。これで予習してからバスに乗ろう♪

自分の乗りたい場所から行きたい場所を調べるには、こうしたアナログ地図が一番分かり易い。

初めて乗るルートのバスの場合は、料金徴収に来た車掌に自分の目的地を通るのか確認することを忘れずに(*1)

(*1)エアコンバスは行き先を言う必要があるので問題ないが、ノンエアコンの料金固定バスでも念のため行き先を言った方が良い、と思う。

さあ、これであなたも自由自在に行動できる♪かも?55

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 乗り物・移動 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

確かにこのバス停、今は綺麗だからわかりやすいけど汚れてきてもそのまま放置で結局わからなくなりそう(笑)。日本だけがしつこいほど丁寧過ぎるだけっていうのをいつも自覚しておかないとダメですね、やっぱ自分で直接バスの運ちゃんや車掌のおばちゃんに聞くのが確実ですね♪

| MoChit | 2016/07/06 21:45 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
そう、そこがタイの弱いところ。
メンテナンスは全くと言っていいほどダメダメです。

| Damascus | 2016/07/07 10:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/651-4af600ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT