脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

機内持込み荷物制限7kg、タイ・エアアジアXとの壮絶な?バカバカしい?神経戦 DMK→KIX

タイのホテル予約はこちら♪お安くなってます♪

タイ・エアジアX/DMK(バンコク・ドンムアン)→KIX(大阪・関西空港)

日時:2016/9/8
便名:XJ610
機内持込み荷物個数制限:1個(メインバッグ)+1個(ハンドバッグ)
機内持込み重量制限:メインバッグ=7kg、ハンドバッグ=重量制限は特にない
今回持込み推定総重量:メインバッグ(キャリーバッグ):9.6kg=2.6kgの超過、ハンドバッグ(ザック):5.8kg(重量制限ないため超過重量不明)


参考:エアアジアの機内持ち込み手荷物制限は以下の通り。

airasia 手荷物

つまり、7kgのメインの手荷物の他に、パソコン用バッグかハンドバッグを持ち込めるが、このバッグにはサイズ重量制限が記載されていない。

常識で考えれば、メインの7kgバッグのサイズ重量未満を想定しているんだろうがここがポイント。

***

ドンムアンのエアアジアでは、webチェックインをしておけば(印刷したボーディングパスを持っていく)、チェックインカウンターに寄らず、直接出国審査→搭乗口まで行ける仕組みになっている。

今回は、パヤオに香典を持って行った際の香典返し(?)やお土産が予想以上に嵩張り且つ重量を取ったため、出発前に測った荷物は上述の通り完全にオーバーしていることを認識していたが、まあ大丈夫だろうとタカをくくって出発した55

空港では確かにチェックインカウンターを通らず、直接保安検査場→出国審査へ行けたので「こりゃあ楽勝♪」と思っていたが、15番搭乗口を覗いてみたところ、1階下にある搭乗口はまるで獲物を捕らえるトラップのような構造になっているのが見えて少々心配になる。。。

どういうことかというと、カウンターが斜めに配置されていて、入り口は広いが出口は狭く「入り込んだ獲物を逃さず捕獲」できるようオレには見えた。。。
まあ、普通の人には普通のカウンターにしか見えないだろうけど55
犯罪者が警官の姿を見て「オレを追っている」って感じる心理と同じだろう(笑)

***

オレの機内持ち込み荷物はこの2個
IMG_8315-0909R.jpg

右はTheNorthfaceのローリングサンダー22



カタログサイズは、
容量:40リッター
サイズ(外寸):56×35×21cm 、3辺の合計112cm
重量:3,330g

サイズはちゃんとエアアジアの規定に収まっている。

左はSamsoniteのLOCUS BACKPACK BUSINESS VII


カタログサイズは、
容量:26リッター
サイズ(外寸):45×33×22cm 、3辺の合計100cm
重量:900g

***

さて、意を決してカウンターへ
パスポートと搭乗券を渡すと、男性スタッフの視線は足元の①のバッグへ・・・(汗)

隣にいた女性スタッフと「バッグがどうのこうの・・・」とひそひそ話をしていたかと思ったら、女性スタッフが「バッグの重量を量るのでこちらへ」と秤のある場所へ。。。

あぁ〜あ。。。

こうなるともうね〜
決定的な証拠を突きつけられる前に観念して自白してしまう犯罪者と同様に「555、これ9kgはあるよ、きっと・・・」とつぶやきながら秤に乗せると指したメモリは事前に量った9.6kg・・・

オレ「マイペンライだよね555」
スタッフ「555、2kg超過していますね〜」
オレ「マイペンライ、マイペンライ・・・」
スタッフ「2kg減らしてください」
オレ「・・・」

くそ〜、面倒だな〜
オレ「中に入っている服を着てもいい?」
スタッフ「いいですよ」

しょうがないから①のバッグを開けると、最後に入れた辞書、ノートと運転免許ガイドブックがポロリと落ちた。

”タイ語”でバイクの免許試験を受けてみようかな〜

それを見たスタッフは
本はサブバッグ(ハンドバッグ)に入れていい物として許容されているんで、背負っているザックに入れればokよ♪」

よっし♪とオレ・・・

辞書、ノート、本は②のザックへ、その他のちょっと重たげな小物はポケットへ

そして、再度の計量の結果は?

7.8kg

スタッフ「okです。ご協力ありがとうございました♪」

***

今回のポイントは3つ

1、①のキャリーバッグは規定サイズギリギリでいかにも重そうなので目を付けられた。

2、規定7.0kgのところ、7.8kgでokのサインが出た。

3、このやり取りの中に②のザックは出てこない。


***

1、機内持ち込み荷物は第一印象が大切

これはもう、買った時から「目を付けられるだろうな〜」と思っていたんである意味自業自得。
でも、これかっこいいんだよね〜♪
The North FaceのRolling Thunder 40ℓと機内持ち込み荷物制限の関係

ちなみに、このローリングサンダーを使ったのは今回が2回目だが、前回のベトナム航空に続いて連続でチェックを受けた。やっぱりね〜
機内持込み荷物制限7kg、ベトナム航空との壮絶な?バカバカしい?神経戦 FUK→BKK

スタッフにスルーしてもらうためには、「規定より一回り以上小さめのサイズのバッグ」にすることが大切。
要は中身より見た目が大切ってこと。第一印象を大切に♪

2、超過はどこまで許容されるのか?

過去、那覇空港のPeachでも、規定10kgのところ10.8kgでokが出たので、この両社はおそらく「規定値+1kg未満(規定より1kg以上超過していないこと)ならok」ということだと思う。
ただし、空港、担当スタッフによって基準・対応が違うことは十分考えられる。
今回のタイ・エアアジアXの対応は「ここがタイである」ということが結構重要。

機内持込み荷物制限10kg、LCCとの壮絶な?バカバカしい?神経戦(3)Peach OKA→NRT

3、サブバッグ(ハンドバッグ)は計量されるのか?

背負っていた②のSamsoniteのLOCUS BACKPACK BUSINESS VII。
これ、自立するタイプというか型崩れしない(ただし素材は柔らかで超軽量)ので、一見すると「パンパンで中身が詰まっている」印象を持たれるのだが、スタッッフはチラチラこのバッグを見ながらも、このバッグについては一度も言及しなかった。

中身はmacのPC+付属品、機内で着るための上着、Tシャツの着替え、タオル、その他準貴重品が入った小型のウエストバッグを突っ込んでいたんで、それなりに入っていて重量も5.8kgとそれなり(半分以上はmac、電源コード、スマホ用の予備バッテリーなどの重量物)。

なので、①からあぶれた本類を移し替える際「メインのファスナーは開けず(開けると色々詰まっているのを見られるから)、サブのファスナーを開けて入れ替えた」のだ。

結論は「サブバッグ(PC用バッグやハンドバッグ)についてはサイズ重量規定がない」ので、非常識なサイズ(メインバッグより大きい等)、いかにも重そう(パンパンに膨らんでいる、ザックの紐がピンピンに張っている等)でなければ重量チェックはしない可能性が高いということ。

それに、本類もPC同様サブバッグに入れて良いということのようだ。

注意:Peachでは2つ合わせて重量測定する。

当初は②のザックに本類を入れていたのだが、これがかなり重くて、「どうせ計量されっこないんだから①に入れても多分大丈夫だろう」の思いから①に入れ替えたのが敗因だったかも?

ただね〜、穿った見方かもしれないけど、もしメインのバッグが最初から重量規定以内だったら②のバッグも量られていたんじゃないかな〜?とは思う。
そこは運だね。。。

***

結論

結局、機内に持ち込んだ総重量はな〜んにも変わらず・・・。
これって意味あんの〜???

ここのところ、本当にこういう荷物チェックが多発していて参ってるね。。。
いや、結構楽しんでいるのかもしれない55

過去のバトルはここを参照
機内持込み荷物制限10kg、LCCとの壮絶な?バカバカしい?神経戦(1)Tiger air DMK→TPE
機内持込み荷物制限10kg、LCCとの壮絶な?バカバカしい?神経戦(2)Peach TPE→OKA
機内持込み荷物制限10kg、LCCとの壮絶な?バカバカしい?神経戦(3)Peach OKA→NRT
機内持込み荷物制限7kg、ベトナム航空との壮絶な?バカバカしい?神経戦 FUK→BKK

最後に

ググってみると、いろんな方が「LCC機内持ち込み荷物対策」の記事をアップしているんで、具体的な対処方法はそちらの記事を参考にしてもらった方がいい。

この記事は、あくまでも今回の体験談として書いているに過ぎず、
・規則を守れない最低な奴!
・日本人として恥ずかしい!
・二度と飛行機に乗るな!
・エアアジアに通報してやる!
・こういう奴がいるから、規則がどんどん厳しくなるんだ!人間のクズだ!
という聖人君子ぶったコメントはご遠慮いただいておりますので悪しからず。。。



タイ国内線の最安値検索もスカイスキャナー♪


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| エアアジア | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

タイ エアアジアX

逆コース、KIX→DMKで、預け荷物が0.7kg超えていたら、四捨五入なのでオーバーですね、と言われましたが、今回は特別に……とOKにしてくれました。それ以後、0.5kgオーバー以下にしています。
持ち込み荷物の方は、この前、段ボール箱を切り貼りして、持ち込み許容サイズぴったりにして、重量6.9kgにしたら、計量されて、重さはいいですけど、大きさ見させて下さい……と言いながら、お姉ちゃんカウンターからダンボール箱を持って飛び出して来て、サイズを測れるパイプ枠の所に持って行って……もちろん通るので、OKですね……と言って戻って来ました。今度は7.0kgに挑戦してやろうと思っています。5555。

| kaifaameeo | 2016/09/12 02:39 | URL |

Re: タイ エアアジアX

kaifaameeoさん
訪問&コメントありがとうございます♪
そーですね〜、日本人は数字や時間に厳しい方が多いので「四捨五入」っていう考えが普通でしょうが、他の国では「切り捨て」って考えの方が多いような気がします。もちろん売り買いの立場で変わってきますが。
私は「どうにかしてちょろまかしてやろう♪」って考えだったんですが、「へへへ、ぴったりだろう?どうだ参ったか〜?」っていう優越感も捨てがたいですね〜55

| Damascus | 2016/09/12 10:11 | URL |

機内持ち込み荷物

ドンムアンも厳しくなったんですね
プーケットは量りもしません(^_-)-☆

| Marky | 2016/09/12 18:13 | URL |

Re: 機内持ち込み荷物

Markyさん
タイで重量指摘されたのは初めてです。
たしかに許容される最大サイズだったんで目を付けられたんでしょう。
でも、この程度の重量オーバーならどうとでも対処できるんで問題なしですね♪

| Damascus | 2016/09/12 18:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/717-9571d523

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT