脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・LCC/往路の預け荷物はどうする?"ケチケチ大作戦"で手ぶらで行こう♪

世界中どこでも格安ホテル検索

以前こんな記事を書いた。

LCC/往路の預け荷物はどうする?"ケチケチ大作戦"で手ぶらで行こう♪

要するに、往路は手ぶらで行って復路のお土産(資材)用のバッグを受託手荷物料金以下の価格で現地で買う、というケチケチ作戦。

こういうケースは、タイ在住者が一時帰国する際にまあまあ適用できるんじゃないか?と思うが、今回のケースはレアケース、つまりほとんどの人には全く役に立たない情報だ、ってことを最初に断っておく。

***

では、どんなケースなのか?

・往路(タイ→日本)はLCCを利用=機内持ち込みだけで受託手荷物料金を浮かせる。
・日本入国後、自宅等に寄らずそのままLCCで日本各地を旅する=機内持ち込みだけで受託手荷物料金を浮かせる。
・最終的に自宅に戻り、資材調達後に日本→タイへ帰着する。

簡単にまとめると、「日本到着後自宅に寄らず旅を続ける。旅に不要な荷物だけを先に自宅に郵送することによりLCCの受託手荷物料金をゼロにする」ってことかな?

こんなケースあまりない?55
でもね、これって国内線でどこかを単純往復する際にも十分利用できるとは思う。

今回のオレは・・・

DMK(ドンムアン)Airasia利用KIX(関空)Peach利用CTS(新千歳)Jetstar利用NRT(成田)と乗り継ぐのでこのケースに該当する。

各航空会社の機内持ち込み重量規定は以下のとおり。

Airasia:7kg+α
Peach:10kg
Jetstar:7kg

既に書いたとおり、今回第一行程のAirasiaでは無理やり15.4kgを機内に持ち込んだが、これから乗る日本のLCCはそんなに甘くはない。

機内持込み荷物制限7kg、タイ・エアアジアXとの壮絶な?バカバカしい?神経戦 DMK→KIX

特に関空のPeachは那覇と同様ほぼ100%きっちり計ってくるはずなので、15.4kgをどうにかしなくてはならない。

***

関空第2ターミナルはLCC専用ターミナルで、現時点(2016/9月現在)ではPeachだけが発着している。
つまり、沖縄那覇空港のLCCターミナル同様、保安検査場の入り口でご丁寧に機内持ち込み荷物の重量検査をやっている。

沖縄・那覇LCCターミナルでのバトルはここ↓を参照
機内持込み荷物制限10kg、LCCとの壮絶な?バカバカしい?神経戦(3)Peach OKA→NRT

オレはバンコクから15kg以上の荷物を持っていて、このうち半分くらいは札幌では不要なもの(お土産や勉強道具)だった。

《Peachの機内持ち込み制限》
数量:2個
総重量:10kg

このままでは間違いなく持ち込めないので荷物を仕分けて、札幌で不要なものは宅配便で神奈川の家に送っておいた。

1、自宅(神奈川県)に送るもの→The NorthFaceのローリングサンダー22に詰め込む。


⇒結果8kg強に。。。バッグだけで3kg以上はあったけど。

2、そのまま札幌に持っていくもの→バッグに詰め込んでいた空のバッグ(DITRAIL/ダイトレイル)に今回Peachに持ち込むものを詰め込む。


⇒結果8kg弱に。。。
(この時、帰路の札幌⇒成田は未定だった。結果的にはJetstar=7kg制限だったので色々大変だったw)

こうして仕分けておいたおかげで、往路のPeach関空⇒新千歳の機内持ち込み荷物の重量は8kg弱(上記2)にしておいたので、関空の保安検査場前では「どうだー!」とばかりに秤に乗せて踏ん反り返るオレがいた55

DITRAIL/ダイトレイルのバッグサイズは55 x 30 x 25cmで、Peachの規定55×40×25(cm)以内に合致している。
ペラペラバッグなんで詰め込めばオーバーするかもしれないけど。。。
実際外寸を測られることはなかったし、何か言われても戦う準備は万全だった♪

なぜわざわざ仕分けたのか?

上述の通り、今回「関空→新千歳」「新千歳→成田」と2回乗る予定だったんで、そのまま15kgを持っていたら2回も受託手荷物料金を取られるから。これを仕分けて旅に不要なもの(お土産・勉強道具)を宅配便で送っておけば、そのまま持って行くより安く上がるからね♪

《Peach/受託手荷物料金》
1800円/20kg(関空→札幌便)
料金は飛行ルートによって違う。

詳細はPeach HPで。

《Jetstar/受託手荷物料金》
1550円/15kg(札幌→成田便)
料金は飛行ルートによって違う。

詳細はJetstar HPで。

つまり合計で3,350円かかる計算になる。

《コンビニの宅配便料金/大阪→関東》
例:クロネコヤマト
クロネコ

他の料金はヤマト運輸HP参照

今回は8kgくらいだったけど、バッグ(ローリングサンダー)のサイズが56×35×21cm=3辺の合計112cmだったんで、120サイズを適用されて1,512円だったけど差額は1,838円で、北海道で海鮮丼一杯分くらいにはなったか?55

だいたい、宅配便(*1)で自宅まで送るのと、受託手荷物(*2)として輸送するのとで、受託手荷物の方が高いか同じなんてバカにしていると思うよ。
(*1)宅配便:コンビニ等→自宅の玄関まで
(*2)受託手荷物:空港→空港

さらに、ファミマでやっている「はこBOON」にすればさらにお得な料金で送ることできる。
この「はこBOON」はまだ利用したことがないけど、次回試してみてレポートしてみたいと思ってる。

***

こんなの当たり前だって?
でも、その割には結構な人が荷物をチェックインカウンターで預けている姿を見る。

飛行ルートによっては往路も復路も宅配便の方が安いなんて現象は起こりやすいからね〜。
特に復路はお土産で重量がかさみがち。

国内線だけの単純往復だって、受託手荷物にしないで全部宅配便にしちゃった方が安いケースも少なくない。

せっかくLCCで安くあげたと思っても、追加の高額受託手荷物料金を取られて憤慨したり、買いたいお土産(*3)を我慢したりするより、さっさと宅配便で送ってしまった方が、料金も安く済む(場合もある)し何と言っても手ぶら(*4)で旅ができるからね〜

(*3)
お土産店によっては無料配送(買う金額による)なんてのもある。

(*4)
往路は自宅(近くのコンビニ等)→最初に泊まるホテル
復路は最後に泊まるホテル(近くのコンビニ等)→自宅
にすれば手ぶら♪

LCC、やっぱり「安いものには必ず理由(高額の受託手荷物料金)がある」ってこと♪

でもね、旅の基本は「荷物を軽く♪」だからまずはこれを実践してみようね♪


“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 飛行機手荷物全般 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/727-767c62d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT