脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あぁ〜ニッポン♪日本で見かけた、ちょっとアイタタな方々

タイはもちろん日本でもagodaで格安ホテル検索

長い日本滞在もおしまい。

今回出会ったちょっとアイタタな方々をご紹介しましょう♪

1、正義感押し付けオヤジ
よく言えば昔風の頑固オヤジだが、多分こういう方は会社や社会で「疲れるヤツ」という評価をもらっているのだろう。

近所のスーパーに買い出しに行った時。
スーパーの入り口近くでいきなり背後から「歩きスマホはやめなさい!いい年してまったく!」という大声が。

オレは普通に歩いていたんで、他の人に言ったんだと思うけどニッポンに多いんだよね〜こういう人。。。

以前多かったのが電車内でのスマホ使用に対するお小言。
確かに車内で大声で会話しているのはうるさくてしょうがないし、文句の一つでも言いたくなるけど。

ちなみに一応タイでもマナーとしては「ダメ」な部類に入る。知ってた?
意外に通話は小声でしているケースが多い。

ハートヤイのロットトゥで「名文」を見た♪
街の看板を読む(6)国が違えば理由も違う♪

最近はいわゆる”ながら歩き”。ながらスマホがその典型かな?

今回のケースでは特にトラブルにはならなかったけど、よくニュースで「マナー違反を注意→口論→殴り合い→傷害事件」っていうパターンを目にするね。こんなことで前科一犯になったり、一生涯の傷を負うよりは自分、家族や周りの人をもっと考えて放っておいたほうががいいと思う。

言っていることは正しいけど、見ず知らずの人に指示するのもなんだな〜とも思うし。

まあ、自分は常に正しいことをやっていると思い込んでいるんだろうし、限度の基準が一般の人よりもかなり低いんだろうけど、オレはこういう人と一緒にいたくはないね。
仕事に厳しいのはいいけど。

2、怒号オヤジ

これも別の日にスーパーの近くで見かけた方。
1のケースで「言われたほう」の反応としてよくあるパターンかも?

「このやろー」という図太え声が響き渡る日曜日の夕方。
あぁ〜、日本によくいるすぐ頭に血がのぼる、今風に言えばキレやすいオヤジ。

何があったか知らないが、アロハシャツを着た小柄だが体格のいいおっさん。
よく見れば小学生くらいの女の子を連れている。

相手に歩み寄ろうとしているところを娘に手を取られて「パパ、やめて〜」という悲痛な声。。。
娘がかわいそうだ。。。

タイには「世界標準の常識」が通じない方々は日本の比ではないくらい多いが、公衆の面前で怒号で脅す、大声をあげて威嚇するタイプは圧倒的に少ない(と思う)。
そんなヤツがいたら、言われたヤツは後で飛び道具を持って仕返しに来るからか?

電車のなかやホーム上、公衆の面前で突然怒り出し、喧嘩を始めるヤツは日本のほうが圧倒的に多い気がする。
(未成年の殺し合い?はタイのほうが圧倒的に多いけど)

***

多分、みんながんじがらめの社会の中で疲れているんだろうね〜
そのストレスを赤の他人に向けるのは止めてほしいな。

でも、この社会だからこそ世界に誇るニッポンになったんだろうから、全面否定はしないけど。。。

疲れますね〜、ニッポン滞在は。。。

3、超高速ババア

近所のスーパーで買い物をして、空いているレジに並ぼうとしたその瞬間、オレの脇スレスレに超強引にカートを突っ込みレジに並ぶババア。
御歳70半ばぐらいか?

多分普段は緩慢な動きをしているんだろうけど、あの超高速でカートを割り込ませた動きは絶賛に値するがはっきり言って超危険な迷惑ババア。

いろんな意味で超迷惑なババアはタイにもいっぱいいるけど、こんな危険な技を使うヤツは見たことがない。。。

4、井上和彦氏

最近有名になったこの方をご存知だろうか?


その筋の方々には超有名人「井上和彦さん」。
注意:声優・俳優の井上和彦さんではありません。

一般的には「右翼」と称される軍事評論家・ジャーナリストである。

先日某書店に行ったらこの方の本が山積みされていて思い出した。。。

実はオレ、この方と面識があるのだ。

以前から何度も書いている通り、オレは某軍需メーカーに勤めていてその際に知り合ったのだが、その時井上氏はまだ某商社勤務だった(今でも勤務しているかは???)。

非常に物腰が柔らかく、まあ馬鹿丁寧とも言える対応で「自信に溢れる商社マン」の中ではちょっと変わった方だな〜とは思っていた。
また、一度喋り出すと完全に自分の世界に入り込んだような「陶酔型の喋り」も印象的だった。

井上氏は当時のオレの勤務先の某軍需メーカー担当であって、よくプライム(機体製造会社)や防衛省(自衛隊含む)に一緒に行ったもんだ。

仕事上の付き合いは(担当が変わったりはしたけど)20年以上だ。

まだオレがサラリーマンだった時に、社内の人に「おいdamascus、井上さんって今こんなことしてるんだぞ〜、知ってた?」って話を聞いて初めて知ったのだが、その時すでにバリバリの軍事評論家だった。

書店で見た本をパラパラ見てみたが、う〜ん以前にも増して陶酔が強くなったような気がした。。。

オレは「世界標準」的な日本になってほしいと思っているんで、今の日本に巣食う日教組や民進党のような(*1)「お気楽バラマキ好きのポピュリスト且つ先鋭な日本壊滅組織」は鬱陶しくてしょうがないが、全てにおいて旧軍を賞賛するつもりはない(戦った方々にはもちろん敬意を表している)。

(*1)社民党はすでに実質抹殺されているし、共産党は「必要悪(はけ口?)」としては必要と思っている。

まあ、自虐観を払拭するのは大変重要なことだけど、必要以上に褒め称える必要もないような気がする。
却って逆効果のような気がするが、どうでしょう?

***

ということで、1、2は「あぁ〜ニッポン♪」っていうニッポンを象徴する方々でした♪


“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016日本【6】大阪・札幌・神奈川 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

井上和彦

ダマスカさん、毎回欠かさず拝読させて貰っています。
井上和彦さんは今はかなり全国的な認知度を得てTVでもかなり活躍しています。特に、読売テレビの[なんでも言って委員会]の番組には準レギュラとして出演しています、軍事評論家ともう一つの肩書が、軍事漫談家でもあります。読売テレビの方策として関東エリアには放映されていません。彼は、先々週と先週の(委員会)番組にも出演していました。

| | 2016/10/14 11:46 | URL |

Re: 井上和彦

陽さん
訪問&コメントありがとうございます♪
そうでしたか~、私はほとんどTVを見ないんで知らなかったんですが、書店に並ぶ本を見ても「結構な有名人」って感じでした。
私の知り合いの中では「出世頭?」ですかね55

| Damascus | 2016/10/14 12:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/732-78d6a59e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT