脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

初めての落車・転倒で気が滅入ってます・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

会社を辞めてタイに行く手続き(2)役所編

前の記事では「手続き」というか、退職にまつわる嫌な話を書いてしまいましたが、これからは正真正銘の手続き関係です♪

2、【退職前の処置(役所関係)】
転出届け(住民票の移動)
会社辞めたらタイに行く♪ってことは決まっていたので、某市某区の区役所に出頭。
転出届けを出しておいた。転出予定日は12月30日。結果的には31日に出国した。

基本:現住所を変更する場合は現住所の役所に「転出届」を提出し、転居後の新住所の役所には14日以内に「転入届」を出すことが法律で決まっている。一応処罰はあるようだが、軽犯罪法と同じで「別件逮捕」以外に適用されることは稀であろう。。。
また、海外へ転出する場合は引越し後の住所は決まっていなくても良い。転出先には「タイ」とだけ書いておいた(っていうか役所の女の子に書いてもらった)。

影響
①所得税:サラリーマンの場合、これは所得があった月に控除されているのであまり関係ない。
翌1月からは給与所得がなくなるので、転出届けを出しても出さなくても1月以降所得税を払う必要はない*1
*1 ただし2014年中に給与以外に所得があれば、2−3月の確定申告で課税される場合はある。

②地方税(住民税):これは前年の所得に対して翌年度に課税される。つまり一年遅れの徴収。
さらに「毎年1月1日の居住地(住民票登録地)」から請求される。
つまり、12月末に海外へ転出する旨の「転出届」を出しておけば、翌年2015年の税金はタダ???

ただし、これにはからくりがあるようで必ずしもそうでないらしい。。。

2014/12/30転出届(海外へ転出する日)
→2015/1/1には日本に居住していないので、2015年の地方税支払い義務はない。
(12/末で転出届を出しておかないと、2014年の所得に対し2015年に地方税の支払い義務が生じる。)
→ただし、ネットなどで検索すると「2014年の税金は2013年の所得に対し2014年6月ごろに決まっていて、サラリーマンの場合は毎月(6月〜翌年5月)会社から控除されている。2014年の12月に退職した場合、2014年の残金(1−5月分)は通常退職金から一括控除されるか、翌年以降自分で納付する」と書いてある。

オレの場合、会社の人事担当者は「退職金で相殺した」とは言っていないし、「翌年以降1−5月分の請求がそのうち来ます」と言っていたが。。。
(実際に1月に来た退職金の源泉徴収票をみると地方税は引かれていなかった)

今回、日本に来た理由は「税金の請求書」が来ていないかどうか?来ていればいくら?を確認することも目的の一つだったが、今のところ来ていないようだ。。。
あとから来たってもう払わないよ〜♪

しかし、ここで一つ疑問が。。。
転居届けを出して実際に海外へ住所移転してしまった場合、どこに請求書が届くのだろう???
支払い義務があるからといって、海外まで追っかけてくるのかな?国税ならやりかねないけど555
転出届には移転先の海外住所は記載していない(記載しなくても良い)ので、不思議だ。。。

これはそのうちはっきりするだろうから、分かった時点で報告することとする

③健康保険:これは重要。
退職後の選択肢は「国民健康保険」には入るか、「会社の健康保険を任意継続(2年限り)」するかの二者択一。
日本国に居住している限り、保険料の支払いは基本的には逃れられない義務なのだ。

国民健康保険はバカ高い(会社所属時の所得によって変動)し、任意継続だって会社に所属しているときは保険料の半額を会社が払っている(払ってもらっているのではなく、会社は義務を履行しているに過ぎない)ので単純計算で今までの倍払わなくてはならない。。。
所得がないのにこれは痛すぎる。。。

しかし、海外への転出届けを出した瞬間に、この支払い義務から逃れられるのだ♪
「瞬間」と書いたが、これは地方税とは違って「月末最終日に日本に居住しているかどうか?」が基準になる。

12/30に海外へ転出
→12/31、つまり12月最終日に日本にいなければ「12月分の保険料の支払い義務はない」のだ。

つまり、退職日を月末最終日の1日前にして、実際に1日前に海外へ転出してしまうってこと♪
こうすれば12月の支払いは必要なくなり、会社にとってもハッピーなこと。

オレは「転出届の転出予定日は12/30」としたが、「会社の退職日を12/31」としてしまい、さらにチケットの関係で「実際の転出日も12/31」だったのでこのメリットは受けられなかった。。。
会社の人事担当者からも「保険料は1ヶ月遅れで控除されているので、12月は2ヶ月分引き落としますね?」と言われてその損失を知ったのだ。。。無念。。。
海外へ転出する場合は退職日を月末最終日の1日前にすると保険料1ヶ月得する♪

まとめ
・12月に海外への転出届を出しておけば、翌年以降の地方税支払い義務がなくなる(毎年1月1日が基準)。
・月末最終日の1日前に退職して、海外への転出届けを出しておけばその月の保険料支払い義務はなくなる。もちろん翌月以降も♪

ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

| ■手続き関係(退職) | 11:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

支払い関係

役所は横の関係が余り無いので旧住所に書類が送ってきますので
支払い関係は銀行の自動振替にしています。

| Marky | 2015/02/09 06:15 | URL |

Re: 支払い関係

Markyさん
税金以外は処置完了しました♪
疲れました・・・555

| Damascus | 2015/02/09 10:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/74-b7a466eb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT