脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海外で財布もパスポートもスマホも失くしてしまった場合を考えさせられた(1)詐欺師のお仕事

先日、フォーチュンタウン外のベンチでタバコを吸っていた時のこと。

いきなり浅黒い肌の若い男から英語で
「Do you speak English ? あんた英語喋れるか?」
と聞かれた。

***

結構人がいる中でオレが指名された。
いかにも高貴な出で立ちで、品も教養も兼ね備えた風貌から「こいつなら英語できるだろう」と思われたのか?55

バンコク市内でもバス停で目を泳がせたファランと目が合った瞬間に、地元民をかき分けてオレに近づき「XXへ行きたいんだけど何番のバスに乗ればいいか?」と聞かれたことも1度や2度ではないし、地元民の子供がぶつかってきた時、ぶつかった子供がオレを見上げて「sorry 」なんて言われたこともある。

要はタイ人ではないということが瞬時に分かる風貌なんだろう・・・
以前、日本で習っていたタイ語の先生から「damascusさんは典型的な日本人顏ですね」と言われたこともある。

タクシーの運ちゃんからよく「どこから来た?」という質問を受けるが、その時「どこだと思う?」って逆質問をする。
半分以上の運ちゃんは「シンガポール?台湾?ん〜ん日本?」ってな順かな?

なぜかシンガポールが一番多い。シンガポール人が多いからかな?
幸いにも「お前チョーセンジンだろう〜」という暴言は1度くらいしかないけど55

***

浅黒い肌をした若者1f466-1f3fe.png

タイ人に見えなくもないが、タイ訛りとは違う英語だった。
「英語?出来ますよ(本当は大して出来ないけど)」と答えるオレ。

若者「シンガポールMCの場所を知っているか?」
オレ「シンガポールなに?エムシー?」
若者「シンガポールエムシー」
オレ「???」
若者「エ・ム・(バ)・シー」
オレ「あぁ〜Embassy(大使館)ね。知らないよ。」
若者「そのスマホで調べてくれ」とオレの持っていたiPhoneを指差す。

若者「オレ、パスポートを失くしてしまって大使館に行かなきゃならないんだ」

ピィ------------------------------------

この瞬間、磨き上げた警報機が反応。
いつの間にか隣に座り込んできた若者。
瞬時にさりげなく後ろポケットの財布を確認しボタンをかけ(スリ予防)、脇に置いていたバッグの肩掛けヒモ?を腕に通す(略奪予防)。

最近の警報発令事例

2014年ロンドン
【26日間ぶっ続け!】8日目-②ロンドンで偽警官体験♪
2016年大阪・西成
新世界・ジャンジャン横丁を行く(3)大阪の朝・昼・夜を制す?

スマホも幾分力を入れて握り直す(略奪予防)
周りを確認し、万が一の際の逃走ルートを確認(奪った後の逃走ルートを予測)
植え込みにあったこぶし大のブロックの破片も確認(武器を確保)

***

iPhoneで調べるとBTSのチョンノンシー駅付近にあることが分かったが、同時に4:30pmに閉館していることも判明。
その旨伝えると「まいったな〜」という仕草。

オレ「あんたはまず警察署に行って相談する方が先だよ」
若者「もう行ってきた。警察から『シンガポール大使館へ行け』と言われたんだ」
若者「パスポートもそうだけど、財布も全て失くして何も持っていない。電話もかけられないんでその電話貸してくれないか?」

ピィ------------------------------------

そんなことって・・・どうしたら全部無くしちゃうわけ?

オレ「閉館している。電話しても無駄だよ。明日行くしかないね。9:30からやっているよ」
まあ、市内電話代くらいは別にどぉってことはないけど、iPhone渡した瞬間走り去る可能性80%かな?

その後チョンノンシーのスペルを教えて欲しいと言われたんで、紙切れに書いて渡し「今ここで場所を説明しても分からないだろうから、駅降りたら周りの人に聞いて」

若者「財布もないしお金もない。お金を(貸して)くれないか?」

やっぱりそう来たか〜55

オレ「悪いけど今全然持っていない・・・」

若者「分かった。最後にタバコ一本ちょうだい」

彼の迫真の演技に敬意を表してマルボロ1本渡して火をつけてやる。

***

こうして若者と別れたが、果たして彼の話はどれだけ本当なんだろう?
風貌はどう見ても旅行者ではなく、出稼ぎ系?
でも、シンガポールとタイの給与基準を考えると、タイに出稼ぎって???
そのほかにも???な点はあり、まあほぼ寸借詐欺まがいか窃盗犯で間違いないと思う。


以前、「タイのお金を見せて」詐欺犯から執拗に絡まれたこともあったし「アルカイダ&アガシ事件」もあったが、今回は比較的あっさり諦めたあたり「もしかして実話?」って可能性もなくもないけど。

バンコクの休日・・・偽札事件(たぶん)(2008年)
アガシ・レストラン(2010年)

タバコを貰いたかっただけなら見事成功♪ってところだろうけど。。。

続く・・・


“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| ■海外での事件簿 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最近は「私の妹が日本に行くので・・・」てな事ではなくて色んなバージョンで
詐欺があるようですね。
大使館の注意喚起を見てもその手の詐欺は多いですね。

そういえば、4年前?くらいにパタヤで首にかけたバッグのままでソンテウ乗った
らいつの間にかバッグの脇を切られていましたね。被害は無かったけど(バックだけ)
いつも注意してないと都会住まいは大変ですね。イサーンはその手は大丈夫?

| KK | 2016/10/24 10:52 | URL |

いい記事ですねー。

このような経験談が、安全に疎い日本人には、いい情報だと思います。外国では、警戒心が必要で、あまり人と近づかない・接近せず、少し離れて会話することが大切でしょう。
私はカバンだけは、前のもってきて歩いています。
必要最小限で出かけますね。パスポートは、ホテルに置いておきます。でもね。昔、バンコクで携帯をなくしました。いつ、かばんからとられたのか?分からない、愚かな私でした。

PS,
今回のケースは、スリかな?悪い人90%かな?と思います。

| スモール明 | 2016/10/24 14:07 | URL |

Re: タイトルなし

KKさん
「親戚が日本にいる、これから日本に行く、友達がいる」っていう口説き文句が多いですね。
こういうのは99%噓でしょうが、一度だけモロッコで完璧な日本語を使い「日本で働いていたことがある」という男に声をかけられたことがあります。彼のイントネーションはほぼ完ぺきで、日本の話も超具体的で、あぁこれは実話だろうってのもありました。
ただ日本語で話したかっただけなのかな~?

| Damascus | 2016/10/24 16:38 | URL |

Re: いい記事ですねー。

明さん
私もタイで携帯をなくしたことがあります。
3回も(そのうち1回は機内)。。。
でもそのうち2回は戻ってきましたね~
後の1回は置き忘れたのかすられたのか不明ですが。
今回はまず間違いなく寸借詐欺だと思います。

| Damascus | 2016/10/24 16:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/760-321bc94c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT