脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

激変?タイVISAとロングステイ(TM.30と10年VISA)

タイ・リタイアメントVISA関連記事の目次は↓
目次:実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」「リエントリー・パミット」「90日レポート」への道

世界中どこでもagodaで格安ホテル検索

最近、ビザやロングステイに関わる制度の厳格化や変更の話題が多い。
タイに中〜長期滞在している方には気になる話。

1、最近話題沸騰のTM.30

Notification Form for House Master, Owner, or the Possessor of The Residence Where Aliens Have Stay (TM.30)→現物はここ

要するに、「外国人を宿泊させる宿泊施設や個人の家のオーナーは、イミグレにその旨申請をする必要がある」ようなのだが、いままで適用していなかった(サボってた?)のをいきなり厳格に適用し、違反者(宿泊施設また家のオーナー)には罰金課すようになったらしい。

さらに、オーナーがこの申請をしていないと、そこに住む外国人のビザ申請(延長申請含む)を受け付けてくれないようになったらしい。

注意:この申請自体は宿泊施設のオーナーがイミグレにするもので、借家人(外人)は特に処置不要。
ただし、この申請が受理されて、その半券が借家人のパスポートに添付されていないとVISAの延長ができないらしい。

ただ、これを厳格に適用し始めたのが北部のイミグレのようで、こういった情報もチェンマイを中心にした滞在者からの情報に限られている(今のところ)ようだけど、いつ全国に適用されるのか?戦々恐々としている。。。

だって、オレの住むアパートでそんなことやっているとは思えないんだよね。

このTM.30に関する情報は今のところ北部地域に住んでいる方から断片的に聞こえてくる程度。
少なくとも今年の4月にバンコクのイミグレでリタイアメントビザの更新をした際には、全く要求されなかった項目なんで、次回(来年)どうなるのか?かなり気になっている今日この頃。。。

もっと知りたい方はググって記事を見つけてください。

***

2、10年VISA

そして、もう一つ話題になっているのが10年ビザ(リタイアメントビザ)。
これはつい先日、新聞報道されていて色んなブログでも紹介されているんで多くの方が既にご存知のはず。

★日本語記事→タイのロングステイビザ、最長10年に 日本など14カ国対象(newsclip.beより)
★タイ語記事→ครม.ไฟเขียวต่างชาติอายุ 50 ปีขึ้นไป อยู่ไทยได้ 10 ปี(クルンテープトゥラキット紙より)

内容は日本語記事に書いてある通りだが、これらを読む限り「10年ビザを新設する」ということであって「現行の1年ビザを廃止」ということではなさそうだ(そうは書いていない)。

新設された10年ビザの条件の一つに「300万バーツの預金」があって、現行の1年ビザの条件「80万バーツ」からかなり厳しくなっている。
そもそも、タイのリタイアメントビザ(NON−O)は世界的に見ても必要な現地通貨預金額はかなり低い方だったんで、そのうち上がってくるんだろうと危惧している。

ただし、現行の制度(ビザ延長時)には以下のような特別条項があるので、もしかしたら現在リタイアメントビザを所持している外国人は、今後条件が変わっても現状の条件が一部残るのかもしれない(希望)。

参考記事:実録、自力で取る「タイ・リタイアメントVISA」への道(5)2回目のNON-O申請(1年有効)①
(6) An alien who entered the Kingdom before October 21, 1998 and has been consecutively
permitted to stay in the Kingdom for retirement shall be subject to the following criteria:
1998年10月21日以前にタイ王国に入国し、且つ継続してリタイアメント目的で滞在を許可されている外国人は以下の基準にあてはめられる。

(a) Must be 60 years of age or over and have an annual fixed income with funds maintained in
a bank account for the past three months of no less than Baht 200,000 or have a monthly income of no less than Baht 20,000.
年齢が60歳またはそれ以上であって、資金200,000バーツを下回らない資金を含めた年間固定収入が過去3か月間金額銀行口座に維持されていること、
または、毎月の収入が20,000バーツを下回らないこと。


まあ、いずれにしても次回(来年)ビザ延長をする際にこれら全ての事実関係が分かるはず。
現状ではいろんな方の情報やマスコミ報道だけで、推測の域を出ないため「ちょっと心配だな〜」程度の記載に留めておきます。

来年、自分が体験した結果はまたこのブログに体験記を載せるのでぜひ参考にしてください。

重要事項
ここに記載した内容は、他の方が書いたブログ等の記事を読んで、またはマスコミ報道を読んでオレが理解・推定したこと。ここに書いた内容で不利益を被っても責任は負えませんん。
ご自分で、イミグレーションに確認の上必要事項を処置してください。



“"
国際線はもちろん、タイ国内線・日本国内線(LCCもあり)も最安値検索はスカイスキャナーで♪

最安値でチケット取ったらホテルも最安値で♪

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった○○の”おすすめホテル』を設置してます☆ぜひ活用してください☆

なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| リタイアメントVISA2017 | 00:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

リタイアメントビザが10年になるとDamascusさん的にはすごくラクでいいんじゃないですかー?申請料とかも高いのでしょうけど1年毎にいちいち行くよりはねー?でも10年とか長すぎて更新忘れちゃいそう(笑)。

| MoChit | 2016/11/26 23:25 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
長いのは歓迎だし、1万バーツの申請料もビザ期間に比べればそれほど高いとは思いません。
一番問題なのは1000万円近い現金を一気にタイバーツへ両替することです。
キャッシュで1億円ある方なら全然問題ないでしょうけど、普通の人なら現金で1000万円と言ったら保有現金のかなりを占めてしまう方が多いと思います。
こんな国ですから、この先何があるか分からないし、それなりのリスクがあるってことですね。
そこが一番の問題です。

| Damascus | 2016/11/27 13:59 | URL |

TM30

昨年のVISA更新時に
オーナーのIDカードのコピー
タビアンバーのコピー
賃貸契約書のコピー
何か分らない書類を提出した時
TM30の手続きが出来ていたみたいで
パスポートの顔写真ページに半券を止めています。

| Marky | 2016/11/28 10:39 | URL |

Re: TM30

Markyさん
う〜ん、ますます心細くなってきた。。。
まあ、来年の切り替え(延長)の時に何か分かるでしょう。
ちょっと心配・・・

| Damascus | 2016/11/28 11:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/790-50dc2ad7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT