脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビエンチャン”標準店”ファイル【1】Pho Zap(フー・セープ)

少々ネガティブな記事になってしまったが、旅の記録として残しておきたいのであえて書いておく。

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

さて、カオピアックは食べたが、今回泊まったビエンチャンのホテルの横には食べ物屋が集中しているのでちょっと浮気でも。。。
尚、ホテルについては後日記事をUPする予定。

***

Googlemapで見るとこんな感じ
ホテル周り
前に紹介した「カオピアック・セープ」も「カオピアック・メーボー」もホテルから至近距離。

ホテルの左隣には「Pho Zap」(Googlemap上では右隣に表示されているが間違い)、右隣には「Hoang Kim(ベトナム料理)」、さらにその右には「麺屋(おそらくPho屋)」もある。
拡大するとこんな配置か?
ホテル周り
周りは全部ベトナム系料理屋。

もともと、カオピアックだってベトナムから来たので、違和感はないが。。。

***

まずは「Pho Zap」から
IMG_8982-1223.jpg

店名の英語表示をそのまま読むと「フォー・ザップ」と読めるが、ラオス語ではこういう表記になっている。
IMG_8984-1223.jpg

ເຝີແຊບ、つまりタイ語に置き直すと เฝอแซบ、カタカナにはしづらいのだが、あえて書くと「フー・セープ(セェープ)」かな?

準名店ファイル【1】で紹介した「ラーン・カオピアック・セープ」と同じで「おいしいフォー」という名前。
ラオスの店名ってなんでこうベタなんだろうね〜

このブログでは「フー・セープ」として紹介していく。

隣のホテルのレヴュー(agoda)を見ていると、このフー屋が美味しいと評判のようだ。が、オレはなんとなーく味が想像できてしまっていたんで、全く期待せずに入店。

創業1958年、ラオス内戦中の創業だ。老舗の部類に入るだろうか?
もちろんオレの生まれる前のこと。

メニュー
IMG_9021-1223.jpg

このメニュー、全品写真付きで非常〜に分かりやすくていいんだけど、文字が小さすぎるんだよね
遠視の進んだオレはメガネを外さないと判別不可能だったよ55

で、オーソドックスなフー(フォー)を
IMG_9021-1223-1.jpg

左から牛肉・豚肉・鶏肉の選択と、サイズの選択をして注文。

IMG_9018-1223.jpg
まずは、あったかい中国茶と生野菜。これは左の小皿にあるピーナツ風味の甘めのタレにつけて食べると美味しい。
茶碗に入っているのは、フーに入れる生もやし。

はい、来ました豚肉入りフー
IMG_9019-1223.jpg
見た目はハノイのフォーみたい。

でも麺が・・・
IMG_9020-1223.jpg
スープは?
やっぱり味がごく薄い。。。

ラオスの人は調味料で自分の味を作るんだろうけど、ハノイのフォーは(日本人には)何も入れずにそのまま食べれる程度に味が付いているのがほとんど。

最初からそーだろうなーとは思っていたが、まあ分かりやすく言うと「塩を入れ忘れた塩ラーメンの汁にそうめん入れて食べている」って感じかな?

分かる?

ホテルのレビューで絶賛されていたフー・セープのフー(フォー)だけど、予想通りの結果だった。

ビエンチャンで麺類を食べるならカオピアックを、フォーを食べたければハノイに行くしかないよ。

IMG_9023-1223.jpg

注意:旨い不味いは好みの問題です。人によって感じ方はそれぞれで個人差が大きいです。それを理解した上でお読みください。

***

ラオス語(文字)の検索・入力をやっていたら、なんだか普通にラオス語が読めるようになってきた気が・・・
気のせいだとは思うけど。。。

***

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった○○の”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016ビエンチャン | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「塩を入れ忘れた塩ラーメンの汁にそうめん入れて食べている」って味を想像するにはわかりやすいですねー(笑)。
ラオス語ってタイ語とどの程度違うのかは知りませんけど、タイ語のわかるDamascusさんならすぐできるようになりそうですね♪

| MoChit | 2016/12/29 21:42 | URL |

Re: タイトルなし

MoChitさん
分かり易い表現を心がけています(笑)
ラオス語とタイ語、文字は非常に似ていて、数種類のラオス文字さえ分かればなんとなーく読めるし、言いたいことも分かります。使う単語は微妙に違うけど、例えばタイ語では「小さいどんぶり」をラオス語では「少ない茶碗」という表現なので。。。
会話もラオス語なのかタイ語なのかよく分からない事が多いけど、ビエンチャンの洗練された大人が外人向けに話してくれれば、とりあえず分かりますね(笑)
ちょっと「きつめの九州弁」を聞いてる感じですかね?55

| Damascus | 2016/12/30 00:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/819-2dc73acf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT