脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コーンケン→ペッチャブーン移動術(直通バスなし)【付録:バス時刻表】

マニアックな情報です。
「あぁ〜、これこれ、知りたかったんだよ〜」って方が1年間で1人でもいれば書いた甲斐があるというもんです。

それ以外の方は旅行記としてお読みください。

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪
↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

***

コーンケン→ペッチャブーンのルート(青線)


先に結論を書く

1、上の地図のルート(青線)を走る直通バスは無い(コーンケンのボーコーソー1→ペッチャブーンのボーコーソー)。
2、コーンケン→ロムサック→ペッチャブーンとหล่มสัก/LomSakロムサック」で乗り継ぎが必要。


ロムサックのボーコーソーはルート上の交差点付近にあり、乗り換えは必要だがほぼ最短距離で行ける

3、ペッチャブーンのボーコーソーの時刻表(*1)。
IMG_9344-1231.jpg
逆読みすれば、ここに直接乗り入れるバスの路線が分かる=ここ以外からの直通バスはない(この路線経由地からは直接来れる)。

(*1)これはバスの時刻表であり、近郊の街間を走っているソンテオの路線は別にある(ロムサック⇔ペッチャブーンもソンテオ)

もっとマニアックな行き方はあると思うが、早く行くにはロムサック乗り継ぎということ。

では、実際の移動がどうだったのか書いておく。

***

12月17日

マハサラカームからコーンケンに戻った際、ボーコーソー1でペッチャブーン行きのバスを探した。

3つある島(バス乗り場、タイ語でもเกาะ=島という表現をする)のうち②(下に貼った略図参照)だろうと目星をつけて表示版をみるがเพชรบูรณ์/Phetchabun/ペッチャブーンの表示が見当たらず。

一応隣接している県だからあるだろう・・・という目論見が外れる。

窓口でピッサヌローク行き等、西部行きの窓口でペッチャブーンを経由するか聞いたが首を振られる。そんな中、別の窓口のおじさん(といっても同年代くらい?)が手招きしてる。

オレ「ペッチャブーンに行きたいんだけど」
おじさん「直行バスはないね、一度ロムサックに行ってペッチャブーン行きに乗り継ぐんだよ」
オレ「ロムサックですね?ありがとうございました」

ということで、หล่มสักロムサック行きの乗り場(略図②の島のあたり)に行ってみると、そこにいた車掌?が親切に時刻表の説明をしてくれた。
【コーンケン・ボーコーソー1略図】
コンケンbus-2


コーンケン→ロムサック時刻表
IMG_9274-0101.jpg
注意!:2番目は塗りつぶされているが、これ以外にも無い便がある。聞いたが忘れた。確実にあるのが7:20と10:20の便。その他はご自分でご確認を。

***

12月18日

7:20の始発に乗るため6:30にホテルをチェックアウトしソンテオでボーコーソー1へ。
IMG_9302-0101.jpg

昨日確認した乗り場(上の略図)に行ったら既に待機していた。
IMG_9305-0101.jpg
IMG_9306-0101.jpg

早朝だというのに通学の小学生・中学生がいっぱいいた
IMG_9309-0101.jpg
タイの学校も結構早いのね〜

この時間の外気温はこんな感じ
IMG_9299-0101.jpg
でも車内はエアコンがんがんで寒くてしょうがなかった。
このバスも最高のサービスでもてなしてくれているようだね(笑)

定刻通りに出発

途中ชุมแพチュムペーのボーコーソで休憩。
あとは国立公園のある山道をくねくね
IMG_9325-0101.jpg
IMG_9328-0101.jpg
当然スピードは全然上がらず。。。

IMG_9331-0101.jpg
ロムサック近くの平地で見た野菜畑。
ず〜っと、イサーンの田んぼばかり見てきたから新鮮だ。
この辺りだと高原野菜?でも作っているのか?

コーンケンのボーコーソー1を出てちょうど4時間半でロムサックのボーコーソー着。
IMG_9334-0101.jpg

⑩番のペッチャブーン行きのホームで待てと言われる。
IMG_9337-0101.jpg

ワンポイント💡
ロムサックのボーコーソーは12号線上にあり、各方面への利便性に高いが、街の中心はここから5-6kmほど北上した場所にある。ロムサックの街に行く人はこのまま乗り続けていれば連れて行ってくれる。
:コーンケンからのバスの場合
途中で車掌が乗客に「ボーコーソーで降りるか?タラート(市場)で降りるか?」を聞きまわっていたんで、終点はロムサックの市場付近と思われる。


来たのは・・・
IMG_9338-0101.jpg
既に満席。多分ロムサック市街地から来たんだろう。

このソンテオの時刻表は不明だが、ペッチャブーンのボーコーソーに「ペッチャブーン-ロムサック」と表示された赤のソンテオがいっぱいいたんで、それなりの頻度で運行していると思われる。

ワンポイント💡
直行バスがある地からでも、ペッチャブーン行きの便は限定的である場合が多い。
そういう場合は、タイミングの合うロムサック行きに乗って、ここでソンテオに乗り換えれば直行バスより早く到着できる場合があるかも。


ロムサック-ペッチャブーン、40km強。飛ばしまくるソンテオで30分くらい。


着きました♪
IMG_9341-0101.jpg
IMG_9342-0101.jpg
何度も来よう来ようと思っていたけど、かなり不便な地だったのでなかなか来れなかった。
ペッチャブーンは「タイのスイス」と言われる高原地帯。

でも、全然涼しくないね〜、街中は。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 2016タイ旅【3】イサーン・(ビエンチャン)・中部 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/846-1076023d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT