脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術【2】路線バス意外に良い♪《2017ハノイ(3)》

以前書いた空港から市内への移動術。

第1話:ベトナム・ハノイ・ノイバイ空港から市内への移動術

要は、ベトナムのタクシーはトラブルが多く(タイの比ではない)、T2→T1に移動した上で乗り合いバン(40,000ドン)がベストだということを書いた。

ターミナル1=国内線(以下「T1」と表記)
ターミナル2=国際線(以下「T2」と表記)


当時もバス路線があるのは知っていたが、下調べが苦手なオレはルートや終点がどこなのか?よくわからなかったので利用しなかった。

今回は往復で2経路利用してみた結果、これがベスト(宿泊先のホテルの位置による)だと分かったので再度まとめてみる。

ハノイのホテルはここ👇から予約♪

オススメは左欄外♪参考にしてね。

***

「ハノイ 空港 市内 バス」で検索すると、有益な情報がいっぱいヒット。

1、空港⇔市内路線バスのベストルート

(1)86番:30,000ドン/約150円(空港⇔ロンビエン⇔ハノイ駅)
T1,2から発着(T1→T2の順に停車)

(2)17番: 9,000ドン/45円(空港⇔ロンビエン)
T1からのみ発着。

おそらく多くの旅行者はホアンキエム湖周辺の「旧市街地」に宿泊しているので、この2路線が便利。
これ以外にも別のバスターミナル行きの路線があるようだが、今回乗ったのがこの2路線で、この2路線が利用できれば十分か?と思う。

他の路線は「ハノイ 空港 市内 バス」で検索してください。

参考までに位置関係を貼っておく。

赤のピン:ロンビエン・バスステーション(86番停車、17番の終点&始発)
緑のピン:ハノイ駅(86番の終点&始発)
黒のピン(北方面):ハノイ・ノイバイ空港

最短ルートで行くと「空港/市内(ロンビエン・バスターミナル)」の距離は26-27km。

***

2、86番乗車実録(往路:空港→旧市街/ロンビエンバスターミナル)

T2前は相変わらずごちゃごちゃしているので、すっきりしたT1へ移動する。
IMG_9985-0225.jpg

👉T2→T1に移動するメリット
1、86番バスはT1→T2→市内へと移動する。
T2からも乗車できるが混雑により座れない可能性がある(実際に座れない人が多数いた)。

2、17番バスはT1からしか発着していない。

3、そんなメリットのあるT1へは無料バスで移動できる(所要5−10分程度)
T2(1階=到着ロービー)からはビルを出て右方向の手前のレーンから発着している。

この日はT1から17番バスに乗るつもりで、T2→T1へ移動。
が、17番バスの乗り場へ行く途中に86番バスが停車していたのを見て気が変わり86番に乗ることにした。
IMG_9990-0306r.jpg

👉T1バス乗り場
86バス乗り場
T1ターミナルビル1階を出て一つ島を渡って右方向に進む。
色んなバスやバンが停まっているが、だいたい上の地図あたり。86番はオレンジ色のバス。

👉T2バス乗り場
T1を出たバスは次にT2にも停車する。
乗り場はターミナルビルを出て一つ島を渡った左方向(昨年は右方向にあったが、最近変更されたようだ)。
色んな情報によると2番柱あたりらしい。バス職員?が立っていて呼び込み?している場合もあるので分かりやすい。

👉86番バスの特徴
・バス停が少なく、短時間で市内へ行ける。
・その分、普通の路線バスより運賃が高い(30,000ドン≒150円、通常の路線バスの3倍以上、チケットの紙質がいいw)。
IMG_9992-0306.jpg
・つまり、日本でいう「空港高速バス」のようなもの。
・車掌には普通に英語が通じる。
・荷物置き場スペースが広く、大きなスーツケースを持ち込んでも問題ない。
IMG_9991-0306.jpg

👉86番バスルート
ほぼ一直線で市内に入るルート。途中バス停もあったがほんのわずか。
高速道路並みに整備された道をフルスピードで走り抜け、ロンビエンバスターミナルまでの所要時間は30分もかからなかった(標準では40分らしい)

➡️86番の詳しいルート、バス停情報は最下段へ。

IMG_9994-0306.jpg
大きな川を越えたら市内

あっという間にロンビエンバスターミナル

ここはハノイ旧市街の入り口で、ここから路線バス8番に乗り継いで宿泊先のパークソンホテルまでスムースだった。

おすすめです、86番バス。

3、17番乗車実録(復路:旧市街/ロンビエンバスターミナル→空港)

一方、86番バスと正反対なのが17番バス。

👉17番バスの特徴
・バス停が多く、空港⇔市内間は1時間半程度かかる。
・その分、運賃が安い(9,000ドン≒45円、86番バスの1/3以下)。
・つまり、街中を走っている普通の路線バス。
・車掌に英語は通じない(多分。エアポートくらいは通じたw)。
・普通の路線バスなので荷物置き場スペースは無く、大きなスーツケースは持ち込めない。小型のスーツケースや足元に収納できるサイズなら問題ない(*1)

(*1)他のサイト情報だと、ハノイバスは10kg以上の荷物及び30✕40✕60cm以上の荷物の持ち込みは禁止されているらしい。つまりこのサイズ以内なら混雑具合にもよるが持ち込めると思われる。

今回は市内(ロンビエンバスターミナル)から空港のルートに乗ったので順に紹介する。

👉ロンビエンバスターミナルでの乗り場
IMG_0234-0306.jpg

E3.3乗り場。バスは方角的に空港とは逆の方向へ一旦走り出すので、イメージしている方角とは逆側。

👉17番バスルート
最初は空港とは逆の南に向かって走る。
そのうち東に方向を変え、ハノイ郊外の田舎町を走っていく。
普通の庶民が利用するバスなので、バス停は多い。

の〜んびり行くには最適で、途中田舎町ではノンラーを被った農夫が田植えしていて「あぁ〜ベトナム〜」なんていう風景を堪能できる。

➡️17番の詳しいルート、バス停情報は最下段へ。

👉T1バス降り場&乗り場
IMG_0305-0306.jpg
17番バスはT2には乗り入れていないので、T1のバス停のみ。
場所はここ。
17番バス乗り場
IMG_0304-0306.jpg
公衆便所の横がバス停。

***

86番、17番の詳しいルート、バス停情報
ほぼ完璧なルート、バス停情報等を解説をされている記事がある。

ノイバイ空港からハノイ市内への市バスでの行き方

なになに?こんな完璧な情報があるんなら先に教えろ!って?
このリンク先に貼ったら、誰もオレの記事を読んでくれなくなるじゃないか〜(笑)

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 空港情報・移動手段 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/932-02fba7c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT