脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

マレーシアでホッケンミー(福建ミー)を食べたくなってきた今日この頃

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

《国際線》で海外へ自転車を持って行こう♪制限、料金エアライン比較(付録:海外で自転車盗難?クレカ付帯の海外保険の補償範囲)

何度か書いてるが、今回のイギリスには折りたたみ自転車を持って行った。
IMG_1200-0420.jpg
今回の愛車、Hayes & Harlingtonのプラットホームで。

で、イギリスに行って一番驚いたのがこの「自転車」。
話には聞いてはいたが、街中自転車だらけで駐輪場は至る所にある(基本はパイプだけ)。

電車への自転車持ち込みも多く、自転車専用のスペースもある。
一応3−4台のスペースはあるのだが、そこがいっぱいでもどんどん乗せてくる。通勤時間でも!
IMG_1203-0420.jpg

感動したね〜、まさにカルチャーショック。
日本ではまだまだ理解が無い電車への自転車持ち込み(というか日本は人口が多過ぎ!)
タイも基本はダメ(貨物車付きの列車限定でok)。

なので、ヨーロッパでは(っていうかイギリスとスペインしか行ったこと無いけど・・・)日本から(タイから)自転車持ち込んで現地で気軽にサイクリングができる環境にあり、これは是非とも持って行くべきと思ったよ。
ママチャリじゃ大変だけど、ロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車なら是非!

特にイギリスは左側通行なんで、違和感なし(タイも左側通行)。

本当にオススメですよ♪

***

この件についてはイギリスの記事で詳しく書くけど、とりあえず心配なのは「飛行機に積み込むと荷物料金はどーなるんだろう〜?」
ってことかな?

そこで調べてみましたよ。
とりあえずANA、JAL、タイ航空、ついでにエアアジアも。
国際線と国内線の規定には若干違いがあるが、ここに記載したのは国際線。

ANA

1、全荷物重量制限(チェックイン)
Yクラス最大46kg、ただし1個あたり23kgを2個まで
Cクラス最大62kg、ただし1個あたり32kgを2個まで

1個の総寸法(縦+横+高さ)が158cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、受託手荷物重量制限に含む。

3、自転車のサイズ制限
サイズ(3辺の和)が158cmを超えても292cm(115インチ)以内であれば、サイズ超過料金を適用ししない。

4、特別料金等
なし、ただし1または3の重量、サイズ範囲内であること。

5、その他条件等
(1)サイズ(3辺の和)が292cm(115インチ)超えはダメ
(2)重量が45kg(99ポンド)超えはダメ(自転車で45kg超えはないはず)。
(3)電動の乗り物(自転車等)は危険物に該当する。
(4)国内線の場合は同意書へのサインが必要の様だが、国際線にはそのような記載はない。

《所感》
なかなかゆるい制限。
海外へ自転車持って行くならANAがいいかも?

JAL

1、全荷物重量制限(チェックイン)
Yクラス最大46kg、ただし1個あたり23kgを2個まで
Cクラス最大96kg、ただし1個あたり32kgを3個まで

1個の総寸法(縦+横+高さ)が203cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、受託手荷物重量制限に含む。

3、自転車のサイズ制限
通常の荷物と同様。

4、特別料金等
なし、ただし1の重量、サイズ範囲内であること。

5、その他条件等
(1)分解式自転車(一人乗りのツーリング用あるいは競輪用自転車でモーターがついていないこと)を輪行袋(自転車専用収納袋)に入れていただいた状態でお預けいただく事が条件。

(2)1辺が120cmを超える(*)または3辺(縦・横・高さ)の和が203cm(80インチ)を超えるものは無料受託手荷物に含めず別料金。

《所感》
トータル制限重量はANA同様文句なし。

タイ航空

1、全荷物重量制限(チェックイン)
Yクラス30kg
Cクラス40kg
受託手荷物は個数に制限なし、ただし1個あたり最大32kg、および総寸法(縦+横+高さ)が158cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、受託手荷物重量制限に含む。

3、自転車のサイズ制限
サイズ制限は明記なし(普通の自転車なら分解せずに運べるかも?)。
今回オレが乗せた折りたたみ自転車の外寸(梱包済み)は微妙に158cmを超えていたが、チェックインの際には「自転車で〜す♪」と言うと何も言われなかった。

4、特別料金等
なし、ただし1の重量範囲内であること。

5、その他条件等
(1)モーターのついていない、ペダルの取り外せる、一人乗り用のもの。
(2)1台目のみ、受託手荷物許容量に含めることができる。
(3)お預けになる場合、航空輸送に適した梱包のうえ、重量が手荷物許容範囲以内であっても、ご搭乗の72時間前までにその大きさと重さをお知らせください。貨物室内のスペースのご予約を承ります。

上記赤字は日本語HPにのみでてくる文言。
英文およびタイ語のHP上ではでてこないので、日本ローカルルールだろう。

《所感》
日本以外からは分解せず簡易梱包(ブルーシート等で覆うだけ)でも受け付けてくれるかも?
ただし、破損は覚悟。

エアアジア

※以下の料金や規定は成田→バンコク・ドンムアンの場合。

1、全荷物重量制限(チェックイン)
20kgまでは3900円(予約時)

受託手荷物は個数に制限なし、ただし1個あたり最大32kg、および81x119x119cmまで。

2、自転車の受託手荷物
OK、ただしスポーツ機器料金が別途必要。

3、自転車のサイズ制限
サイズ制限は明記はないが「一般的で標準的な大きさの自転車」と記載あり。

4、特別料金等
スポーツ機器料金。
20kgまでは3000円(事前予約)。

5、その他条件等
自転車は受託手荷物として扱います。以下の点にご注意ください。
自転車用バッグ、保護ボックスか保護袋、またはプラスチックラップで適切に包まれた自転車のみお預かりします。それ以外の形状でのお預かりはできませんのでご了承ください。

一般的で標準的な大きさの自転車のみお預かりします。
下記取扱方法を遵守してください。
自転車の輸送方法。次の各要件を満たす自転車1台はスポーツ用品とみなします。
・ハンドル:ハンドルは車体に沿うよう倒してください。
・ペダル:他の自転車や受託手荷物を破損しないように、ペダルは取り外して機内に持ち込むか、受託手荷物としてお預けください。
・ギア:ギアは破損しないよう保護してください。
・タイヤ:空気を抜いてください。
・マッドガード(泥除け):マッドガードは取り外すか、破損しないよう保護してください。
・紛失しやすいアイテム:ポンプやライト、自転車用のウォーターボトルなど紛失しやすいアイテムは、しっかり自転車に・固定するか、取り外してまとめてから受託手荷物としてお預けください。
・取り外した自転車のパーツの大きさと重さが規定内であれば、手荷物として機内にお持ち込みいただけます。

《所感》
規定が細か〜い。
なんだかんだで追加料金がかかるのはLCCの宿命。

注意
1、常に最新の情報をエアライン各社から入手してください。ここに記載した内容に間違いがあっても責任は負いません。
2、特にコードシェア便等の場合は事前に要確認。
3、現地の交通規則、マナーを守って運転しましょう♪


***

【付録】

せっかく苦労して持って行った自転車。
現地で盗難や破損があってもクレカ付帯の海外旅行保険で補償もバッチリ?

イギリスでも自転車泥棒はいっぱいいるらしく、特に高価なロードバイクやクロスバイクは標的になりやすいとか。
そういえば「自転車泥棒」っていうイタリア映画があったね〜


現代の「自転車泥棒 in London」

下の動画の最初の泥棒は、なかなか風景に溶け込んでいてよっぽど注視していないと分からないよね〜

タイでは錆びたママチャリだって盗まれるらしく、「これって象でも繋げるの?」ってなくらいぶっといチェーンで繋がれているママチャリをよく見る。

なので、もし何かあったらクレカ付帯の海外旅行保険も使えるかも?と思い検索してみた。

《A社》(損害保険ジャパン日本興亜)
補償額:免責3000円、1旅行中最大30万円、年間限度額100万円

条件
最大90日間
現 金、小切手、クレジットカード 、コンタクトレンズ、各種書類稿本、設計書、図案、帳簿その他これに準ずる物、船舶・自動車などおよび自転車ならびにこれらの付属品、動植物、 商品もしくは製品または業務の目的のみに使用される設備・什器、データ、ソフトウェア、プログラムなどは対象となりません。

自転車はダメか〜、残念・・・

《R社》(三井住友海上)
補償額:免責3000円、1旅行中最大20万円(1個10万円)

条件
A社とほぼ同じ。ただし対象外には「自動車」の記載あるが自転車については記載なし。

注意
1、ご自分保有カードの規定を熟読のこと。ここに記載した内容に間違いがあっても責任は負いません。
2、補償対象外に自転車が含まれていなくても(記載なくても)、事前に直接カード会社または保険会社に要確認。
3、補償が受け取れる場合でも、現地の警察への盗難届等煩雑な手続きが待っている。
4、苦労した割に「補償額はわずかかもしれない(10万円で買った物の補償が10万円ってことではない)」。


***

さあ、自転車を持って海外へ行ってみよう♪
工具としっかりした鍵はお忘れなく。。。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| 飛行機で自転車を海外へ運ぶ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/980-c7b85197

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT