脱♪サラリーマン流浪記(バンコク留学編)

さて、乾季到来?サイクリストの季節だ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バンコク・トンローで”絶品”福建麺シンガポールスタイルを食う

3月、マレーシア・クアラルンプールへ福建麺を食べに行ったのだが、その時いろいろとググっていると、福建麺にはマレーシアスタイルとシンガポールスタイルがあることを知った。

マレーシアスタイルはここ↓を参照
福建麺(ホッケンミー)の元祖、金蓮記@クアラルンプール・チャイナタウン

じゃあしょうがない、シンガポールにでも行くか〜とは思ったのだが、シンガポールは物価が高いし二の足を踏んでいる時「バンコク 福建麺 シンガポール」でヒットしたこの店に行ってみることに。
これが激ウマだったら、シンガポール行きも考えなくては(笑)

***

4月3日

翌日からイギリス・ロンドン行きなのだが残された時間を有効に使おう♪

トンローからバスで数分のところで降りる。
向かい側に見えたのがこの店構え。
IMG_1106-0421.jpg
IMG_1107-0421.jpg
《店名》
漢字:文堂吉新加坡鶏飯
英語:Boon Tong Kiat Singapore Chicken Rice
タイ語:บุญตงเกียรติ ข้าวมันไก่สิงคโปร์
日本語:ブン・トン・キアット・カオマンカイ・シンガポール

店名からはシンガポールの海南鶏飯店のようだが、シンガポール華僑がやってる「中華料理兼タイ料理屋」といったところか?

場所と行き方は一番最後に。

一応昼時を外して14:00頃に行ったのだが、店内はオレで満席。
後から人民系観光客が入ってきたが座れなかったようだ。。。

さて、メニュー
IMG_1109-0422.jpg
IMG_1110-0422.jpg
IMG_1116-0422.jpg
基本的には海南鶏飯屋のようだが、シンガポール料理全般と中華系タイ料理ってところかな?

ここの売りは海南鶏飯シンガポールスタイル、要するにカオマンカイなのだが、オレの目的はあくまでも福建麺(ホッケンミー)。なので「その他の料理」の範疇にある。
IMG_1108-0422.jpg
これこれ、129バーツとちょっとお高いが注文して待つ。

待っている間も客がどんどん入ってくる。
人気店なんだろうね〜

***

そんな中、英語であれこれ注文している女一人客がいた。
料理が揃うと、スマホを自撮り棒に取り付けていきなり喋り出した。
大声で。。。
IMG_1111-0421.jpg
もちろん、言語は人民語系。
大陸か香港か台湾か知らないけど、店内に響き渡ってるよ君の声

撮影(リポート?)が終わったら、店員にほとんど口をつけていない料理を指差して「持ち帰り」にして去って行った。

なんだったんだろう?
ああやって人民系youtubeに投稿してるのかな???

***

さて、来ました〜♪
オレの福建麺シンガポールスタイル♪
IMG_1112-0423.jpg
テーブルに置いた瞬間からいい香りが漂ってきた〜
これは期待大!

ちなみにマレーシアスタイルはこれなんで、色が全然違うでしょ?
IMG_0642-0415.jpg
福建麺(ホッケンミー)の元祖、金蓮記@クアラルンプール・チャイナタウン

IMG_1113-0423.jpg
麺は中太中華麺とカノムジーン(そうめんみたいなやつ)がミックスされてる。
こういうのって珍しいね〜

IMG_1115-0423.jpg
お味はね〜、日本でいう塩焼きそばにオイスターソースをちょっと垂らしたようなウマウマ味♪
見た目通りの味、いや見た目以上に魚介系の旨味が濃縮されていてうまい♪

この右上にあるのがいわゆる「海老味噌」みたいなやつ。
IMG_1114-0423.jpg
これをマゼマゼすると、もう鼻腔から口の中まで海老の香りでいっぱいになる♪

文句無し!
おすすめです。
129バーツとちょっとお高いが、なんの不満もありませんでしたよ。

しょうがない、時間見つけてシンガポールに行くか〜

あぁ〜、迷うね〜「世界三大焼きそば」の選定
面倒だから「福建麺」で統一しちゃおうかな〜と迷わせてくれた、激ウマ福建麺。
中華(系)料理は奥が深い。。。

場所と行き方

場所


行き方

トンロー駅まで行きトンロー通り(soi55)に入る。
100mほど歩くと左手にグランドラーメンという怪しげなラーメン屋があり、その横にバス停がある。
IMG_1103-0420.jpg
ここからオレンジ色のミニバスに乗る(一律7バーツ)。
詳しく知らないが、このソイにはいわゆる通常の路線バスは走っていない(バスマップに載っていない)ようなので、このソイ内を循環するバスなのか。。。

乗ったらグーグルマップで確認しながら、またはsoi15の角で降りる。
ここはバス停がないのかな〜、おりたい場所でボタンを押せば停まってくれる。

帰りも適当な場所で合図して乗り込んだんで、多分バス停はないんだろう・・・

soi55の入り口からは1km以上の距離があるんで、暑い時には無理せずにバスかモーターサイに乗って行こう。

←左欄外に『Damascusが実際に泊まった”おすすめホテル』を設置してます☆
オレが実際に泊まった安宿〜中級レベルのホテルを中心に「もう一度泊まってもいいな〜♪」というホテルを厳選☆
ぜひ活用してください☆


なかなか面白かった、うん♪役に立った♪と思ったら♪
ぽちっとお願いします♪

皆様の応援ポチが、記事への励みになってます♪

↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

↓これもお願いします♪
タイ・ブログランキング

| バンコク食堂 | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シンガポールのホッケンミー

そうそう、これです!うまそうやな~!シンガポールのゲイランで(笑)探したんですが、見つける事ができなかったです。
大阪だと551の蓬莱の海鮮焼きそばが出汁たっぷりで、見た目は似てます。トンローなんですね今度行ってみよ!

| asian night`s | 2017/04/28 00:16 | URL |

Re: シンガポールのホッケンミー

asian night'sさん
そうそう、日本の塩焼きそばに似た味ですね〜
海鮮のいい香りで激ウマでした♪

| Damascus | 2017/04/28 12:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://damascus925.blog.fc2.com/tb.php/982-4482803d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT